Home











数理的な手法を用いて保全生物学や水産資源管理の研究をしています
生態学・社会経済学的な視点を統合し,生態系管理における意思決定がどのような帰結を生むのか,また管理目標を効果的に達成するための枠組みを構築することを目指しています。最近は個体群動態やマクロ生態学などの分野にも興味を持っています。

Google Scolar Profile

職歴
2017年 4月 -     現在            日本学術振興会特別研究員 (PD)
                                          沖縄科学技術大学院大学
生物多様性・複雑性研究ユニット
2015年 3月 - 2017年 3月     琉球大学熱帯生物圏研究センター協力研究員
2012年 4月 - 2015年 3月  日本学術振興会特別研究員 (DC1)


学歴
2015年 博士(理学)  九州大学大学院システム生命科学府,
指導教官:巌佐庸
2012年 修士
(理学)  
九州大学大学院システム生命科学府,指導教官:巌佐庸
2010年 学士(理学)       立正大学地球環境科学部環境システム学科,指導教官:山下倫範



研究訪問

2015年  3月 - 2017年  3月   クイーンズランド大学 Hugh Possingham 研究室
                                           2016年9月-2016年12月シンガポール国立大学 Ryan Chisholm 研究室を訪問
2014年  9月 - 2014年10月   英国水産海洋科学センター (Cefas), Axel Rossberg 研究室
2013年10月 - 2014年  8月   カリフォルニア大学デイビス校, Marissa Baskett 研究室
2009年  4月 - 2010年  3月   横浜国立大学環境情報学府, 松田裕之 研究室


論文

英文 査読あり
  1. Takashina, N., B. Kusumoto, Y. Kubota & E.P. Economo, A geometric approach to scaling individual distributions to macroecological patterns, Accepted.
  2. Takashina, N., B. Kusumoto, M. Beger, S. Rathnayake & H.P. Possingham, Spatially explicit approach to population abundance estimation in field surveys, Journal of Theoretical Biology, 453:88-95 (2018), [PDF]
  3. Braczkowski, A., M.H. Holden, C. O'Bryan, C.Y. Choi, X. Gan, N. Beesley, Y. Gao, J. Allan, P. Tyrrell, D. Stiles, P. Brehony, R. Meney, H. Brink, N. Takashina, M.C. Lin, H.Y. Lin, N. Rust, S.G. Salmo III, J.E.M. Watson, P. Kahumbu, M. Maron, H.P. Possingham & D. Biggs, Reach and messages of the world's largest ivory burn. Conservation Biology, (2018)  (Abstract)
  4. Takashina, N., M. Beger, B. Kusumoto, S. Rathnayake & H.P. Possingham, A theory for ecological survey methods to map individual distributions, Theoretical Ecology, 11:213-223 (2018) [PDF]
  5. Takashina, N., J.H. Lee & H.P. Possingham, Effect of marine reserve establishment on non-cooperative fisheries management, Ecological Modelling, 360:336-342 (2017) [PDF]
  6. Takashina, N., Simple rules for establishment of effective marine protected areas in an age-structured metapopulation dynamics. Journal of Theoretical Biology, 391:88-94 (2016) (Abstract) [PDF]
  7. Takashina, N. & M.L. Baskett, Exploring the effect of the spatial scale of fishery management. Journal of Theoretical Biology, 390:14-22 (2016) (Abstract) [PDF]
  8. Takashina, N. & A. Mougi, Maximum sustainable yields from a spatially-explicit harvest model. Journal of Theoretical Biology, 383:87-92 (2015) (Abstract) [PDF]
  9. Takashina, N. & A. Mougi, Effects of marine protected areas on overfished fishing stocks with multiple stable states. Journal of Theoretical Biology, 341:64-70 (2014) (Abstract) [PDF]
  10. Takashina, N., A. Mougi & Y. Iwasa, Paradox of marine protected area: suppression of fishery may cause species loss. Population Ecology, 54:475-485 (2012) (Abstract) [PDF]
和文 査読あり
  1. 高科直, 山下倫範, 松田裕之, 漁業生態系管理の数理的解析. 立正大学地球環境研究, 12:115-119 (2010)
和文 査読なし
  1. 高科直 浅尾晃央, 中村直俊, 喫煙をめぐる人口動態の数理的解析:感染症モデルの応用. 京都大学数理解析研究所講究録, 1706:35-40 (2010)


研究発表 (P:ポスター)
  1. Takashina, N., A geometric model to explore multiple macroecological patterns across scales, JSMB & SMB, 2018年7月9日, Sydney (P)
  2. Takashina, N., B. Kusumoto, Y. Kubota, E.P. Economo, A geometric approach to understanding macroecological patterns across scales, International Biogeographical Society meeting: 23 March 2018, Évora, Portugal.
  3. Takashina, N.Geometric approach to understand macroecological patterns in ecosystems, シンポジウム "Biodiversity: linking biogeographic pattern and process"(企画者:N.R. Friedman, N. Takashina, F.H. Garcia)第65回日本生態学会,札幌,2018年3月16日
  4. Takashina, N., Modeling biological survey to effectively obtain habitat map, MODSIM 2017, オーストラリア,ホバート,2017年12月8日
  5. Takashina, N.Spatially explicit approach to derive various macroecological patterns of ecosystem. 第27回日本数理生物学会,北海道大学,2017年10月6日
  6. Takashina, N., Developing systematic methods for ecological assessment for mapping habitats. The International Society for Ecological Modelling, 韓国,済州,2017年9月21日
  7. Takashina, N., Developing biological survey design for systematically obtaining habitat map, INTECOL 2017,北京,2017年8月24日
  8. Takashina, N.Population estimation using a spatially-explicit model. 自由集会 "Marrying a broad view of conservation biology to holistically manage ecosystems"(企画者:高科直第64回日本生態学会,早稲田大学,2017年3月15日
  9. Takashina, N., Simple rules to introduce effective marine reserves, Conservation Asia 2016, シンガポール, 2016年6月30日
  10. Takashina, N., Simple rules for establishment of effective marine reserves, 13th International Coral Reef Symposium, ハワイ, 2016年6月21日 (P)
  11. 高科直ゲーム的状況における海洋保護区の導入. 第63回日本生態学会,仙台2016年3月24日
  12. 自由集会企画「海の保全生態学・資源管理」(企画者:高科直,古市生). 第63回日本生態学会,仙台,2016年3月22日
  13. Takashina, N., M.L. Baskett, Determining the appropriate spatial unit scale of fisheries management, Ecological Society of Australia 2015, オーストラリア,アデレード, 2015年12月2日
  14. Takashina, N., A. Mougi, Y. Iwasa, Effect of marine reserve on the prey-predator dynamics, the Society for Coastal Ecosystems Studies - Asia Pacific: Biodiversity in Asian Coastal Waters: Looking Towards the Future, バンコク,2015年7月5日
  15. 高科直舞木昭彦空間構造はMSY(最大持続生産量)にどう影響するか. 第62回日本生態学会,鹿児島, 2015年3月19日 (P)
  16. 高科直,生態系管理における管理単位スケールの効果. 自由集会「生態系管理におけるモデリングの有用性を考える」 (企画者:高科直,横溝裕行),第62回日本生態学会,鹿児島,2015年3月18日
  17. 高科直,沿岸水産資源管理における管理ユニットスケール選択の影響. 東京大学大気海洋研究所共同利用研究集会「海洋生態系モデリングの最前線:成果、連携、次世代への展開」,東京大学,2015年3月4日 (P)
  18. Takashina, N., M.L. Baskett, Effects of management spatial scale in fisheries outcomes, 99th Annual Meeting of the Ecological Society of America, アメリカ, サクラメント, 2014年8月12日 (P)
  19. Takashina, N., M.L. Baskett, Effects of management scale in spatially explicit fishery planning, Joint Annual Meeting of the Japanese Society for Mathematical Biology and the Society for Mathematical Biology, 大阪, 2014年8月1日
  20. Takashina, N.,Importance of management unit scale in ecosystem management: an example in fisheries. 2014年日本生態学会関東地区シンポジウム "Theoretical approaches for the effective environmental management under uncertainty",首都大学東京,2014年7月25日
  21. Takashina, N., M.L. Baskett, Determining the appropriate spatial scale of management for fisheries, Joint Aquatic Sciences Meeting 2014, アメリカ, ポートランド, 2014年5月20日 (P)
  22. 高科直舞木昭彦,巌佐庸,海洋保護区のインパクト:保護区はいつでも有効か?2013年度日本応用経済学会,立命館大学,2013年6月15日(招待講演)
  23. 高科直舞木昭彦,巌佐庸,Effects of marine protected areas: do the whole species recover? 第60回日本生態学会,静岡,20133 (P)
  24. Takashina, N.舞木昭彦Effects of marine protected areas on overfished fishing stocks. 第60回日本生態学会,静岡,2013年3月
  25. 高科直舞木昭彦海洋保護区の効果に関する数理的研究. 水産海洋学会創立50周年記念大会,東京大学,201211
  26. Takashina, N., A. Mougi, Y. Iwasa, Effects of marine protected areas: A theoretical approach, BIT's 1st Annual World Congress of Mariculture and Fisheries, 中国, 大連, 2012年9月
  27. Takashina, N., A. Mougi, Y. Iwasa, Mathematical analysis for an establishment of Marine Protected Areas: are the MPAs always effective?, 2012 Aquatic Sciences Meeting, 大津, 2012年7月 (P)
  28. 高科直舞木昭彦巌佐庸海洋保護区導入の理論的研究:保護区はいつでも有効か?平成24年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学,20123 (P)
  29. Takashina, N., A. Mougi, Y. Iwasa, A negative impact of an introducing Marine Protected Areas, International Forum for Ecosystem Adaptability Science III, Adaptability of Human Societies to Perturbation, Socio-Economic Challenges, 仙台, 2011年11月 (P)
  30. 高科直舞木昭彦巌佐庸海洋保護区導入がもたらす負の影響. 企画集会 「生態系管理のモデリング -基礎理論から応用への展望-」(企画者:高科直),第21回日本数理生物学会,明治大学,2011年9月
  31. 高科直舞木昭彦巌佐庸海洋保護区設置のパラドックス:効果的な保護区と危険な保護区. 平成23年度日本水産学会春季大会,東京海洋大学,20113
  32. 高科直,舞木昭彦,巌佐庸海洋保護区設置のパラドックス:禁漁区をもうけると種が絶滅するか.第26回個体群生態学会,横浜国立大学,20109 (P)
  33. 高科直舞木昭彦巌佐庸海洋保護区設置のパラドックス:禁漁区をもけると種が絶滅するか.第20回日本数理生物学会,北海道大学,20109
  34. 高科直,山下倫範,松田裕之,フィードバックコントロールによる漁業生態系管理の数理的解析,第57回日本生態学会,東京大学,2010年3月

学術雑誌の査読
Applied Mathematical Modelling, Bulletin of Mathematical Biology, Conservation Biology, Ecology Letters, Journal of Theoretical Biology, Marine Policy, Mathematical Biosciences, PLOS ONE, Population Ecology, Theoretical Ecology, Theoretical Population Biology, 日本生態学会誌


 連絡先: nao.takashina at gmail.com