java‎ > ‎

tomcat

    <Connector port="8009" proxyName="{ドメイン名}" proxyPort="443" scheme="https" secure="true" protocol="AJP/1.3" />
  • Executor
    • http://tomcat.apache.org/tomcat-6.0-doc/config/executor.html
    • スレッドプールの設定。Tomcat6から複数のコネクター感でスレッドを共有できるようになっている。
      • AJPで利用する場合、protocolを変更する必要があるので注意。
        • ドキュメントのprotocolのところに書いてある。でも、executorの所にも書いて欲しいよね。。
        • 設定例は以下のような感じ。ログにスレッド名(namePrefix属性の値)を出しておけば変わるので分かりやすい。
    <Executor name="tomcatThreadPool" namePrefix="catalina-exec-" 
        maxThreads="300" minSpareThreads="300"/>

    <Connector port="8009" proxyName="hogehoge.com" proxyPort="443" scheme="https" secure="true" protocol="org.apache.coyote.ajp.AjpProtocol" executor="tomcatThreadPool"  />
  • ログ
    • ホスト毎にログファイル名を変更したい場合、起動スクリプトでホスト名をシステム・プロパティに追加しておけば、log4j.properttiesで利用出来る。
[起動スクリプト]
CATALINA_OPTS=-"Dfile.encoding=UTF-8 -Dhostname=`hostname` "

[log4j.properties]
log4j.appender.A.File=/log/${hostname}.log

Comments