北朝鮮をめぐる情勢は全て嘘

※14年7月24日 お知らせ
サイトタイトルを「北朝鮮のミサイル発射の真実」から「北朝鮮の真実」に変更いたしました

新記事「ある拉致事件が捏造されている」を追加しました



ここ数年北朝鮮のミサイル発射予告や核実験でアジアやアメリカが大騒ぎになっています。
そしてここ数年北朝鮮によるミサイル発射や核実験に対して大批判報道が繰り返されています。

しかしこのサイトにたどり着いた方の中には今回の北朝鮮のミサイル発射に対してなにか不自然さを感じている方はいるのではないでしょうか。

北朝鮮は過去に大韓航空機爆破事件などのテロ事件、そして数年前には哨戒艇沈没事件や延坪島砲撃事件を起こし大勢の人々を殺害している大変危険な国です。

その危険な国がここにきてとうとうミサイル発射予告までしてきました。

本来なら今大変な
危機が迫っていて国民が怯えや怒りにとりつかれているはずです。

しかしなぜかそれに見合った緊張感や怒りがまったくと言っていいほど沸いてきません。

これだけの危険な国が現在ミサイル発射予告をしているというのにどこか他人事みたいな感じでその実感がわいてこないといった感じです。

さらにネットの掲示板などではほとんどのミサイル情報がジョークのネタにされている始末です。

また株価にもほとんど影響は出ていないそうです。

参考サイト

http://www.gci-klug.jp/fxnews/detail.php?id=169194

 

明らかに不自然な状況が生まれています。

このサイトを読み進めていっていただければなぜそのような不自然な状況になっているのかがお分かりいただけると思います。

細かい説明はとりあえず後回しにして、まずは北朝鮮をめぐる情勢が明らかに不自然な状況であることを説明します。



【韓国は国民を北に何回殺されても許してしまうという有り得ない状況】

皆さんもう忘れてしまったかたがいるかもしれませんが(皮肉)、2010年に韓国で哨戒艇沈没事件と延坪島砲撃事件が起きましたよね。そして沈没事件は北朝鮮による仕業、そして砲撃事件は北朝鮮からの攻撃と結論付けられました。

哨戒艇沈没事件

 延坪島砲撃事件 

 

そして北は上の事件以外にも、これまでにラングーン事件文世光事件などで韓国の政府高官や軍人、そして一般市民をたびたび殺害や拉致を繰り返してきています。

ここでみなさんに冷静になって考えていただきたいことがあります。

これらの事件がもし日本で起きていたら、ということを想像してみてください。


日本が北朝鮮というひとつの国家から何回にも渡って市民や要人、自衛隊員を殺し、拉致し続けたことを想像してみてください。

もう確実に戦争が始まっていることは容易に想像できますよね。

被害者は生存しているとしている拉致事件ですら厳しい経済制裁をしたくらいですから、何度も軍事攻撃やテロを仕掛けられ大勢の人々が殺されたら当然戦争が始まります。

しかし実際には韓国はここ数十年北朝鮮に対してなんの攻撃も行っていません。
そして戦争に発展しないどころか、北との融和政策や金賢姫の恩赦、さらに食糧支援などを行ってきているのです。

これはどう考えてもおかしいですよね。

韓国はなにをされても北を許してさらに支援までしてしまう国家ということになってしまいます。

これじゃまるで韓国は北朝鮮の奴隷国家じゃないですか。

現代においてこんな国と国との関係が存在するわけがない。
しかも韓国にはアメリカと常日頃から米韓合同軍事演習などを行っているためいつでも戦争は行える状態なのにです。


攻撃をする動機は今まで何度もあったのに攻撃しない。

さらに北は現在弾道ミサイルと核の準備がどんどん進んでいるという危機的状況です。
叩くなら今しかないはずです。
なのにそれでも攻撃をしないで、ただ北のミサイル実験と核実験を非難しているだけ。

完全に話がおかしい。

さらに下の記事によると韓国内では今回のミサイル予告に関して相当な楽観視をしているらしいです。
とても年前に2度に渡って軍事攻撃を受けた国の状況とは思えません。

http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/341315/

韓国、そしてアメリカは一体なにが起きたら北に対して攻撃を行うのか。
なんのために日ごろ合同軍事演習を行っているのか。

この時点でかなりの北朝鮮をめぐる情勢の不自然さに気づかれたのではないでしょうか。

 

ちなみに大韓航空機爆破事件や哨戒艇沈没事件には陰謀説が浮上していて、大韓機事件に関しては韓国の政治家の中にも陰謀であることを訴えている人もいます。

また北朝鮮もこれらの事件を自分たちの仕業でないと否定しています。




【マスコミの「北の挑発行為」という表現はごまかし】

そして次に日本のマスコミの不自然さに関してです。
上で書きましたが、哨戒艇沈没事件や延坪島砲撃事件のことをみなさんはすっかり忘れていませんでしか?
これだけ北を非難しているのにわずか2年前の大事件を忘れていること自体不自然だと思いませんか?
なぜそのようなことになるのか。

それは日本のマスコミが今回のミサイルや核報道の中で一切過去の事件に触れていないからです。

マスコミ自身がわずか数年前にあれだけ騒いでおきながら、今回また北朝鮮が問題を起こしたというのに過去の事件について触れないなんておかしいと思いませんか?

普通ならこれだけ卑劣なことを繰り返しているのだから過去の事件も取り上げて北を絶対に許してはいけない、という具合になるはずです。
しかしそうはせずにミサイルと核実験の情報ばかり。

不自然ですよね。


そしてさらにおかしいのが北朝鮮がミサイルや核実験を行うと必ず日本のマスコミは「北の挑発的行為」と言って非難していますがこれ完全にインチキ表現ですよね。

過去に

文世光事件
ラングーン事件
大韓航空機爆破事件
哨戒艇沈没事件
延坪島砲撃事件

という具合に何度もテロ行為を起こして韓国民を殺害してきて、さらにこれらの事件の合間合間には暗殺スパイ事件などを起こしてきている北朝鮮に対して「挑発行為」という表現を使っている。

「挑発行為」とは「何かをやるぞ」と見せかける行為のことを意味するわけですが、北朝鮮の場合は挑発ではなく実際に何度も事件を起こして人々を殺害してきているわけです。その北に向かって今更「挑発行為を繰り返す」などという表現はまったく現実を無視した表現になっているわけです。

これも不自然極まりないですよね。

マスコミがおかしな報道をしていることがお分かりいただけましたか?

ちなみになぜマスコミがこのような報道をしているのか。
これは上の項目で説明した韓国やアメリカが北になにをされても攻撃しないという不自然な状況に気づかせないためのごまかし行為だとは考えられないでしょうか。
過去の事件を蒸し返せば日本国民が「なぜこれだけのことをされて韓米は北に対してなにもしないのだ」という疑問を抱いて、そしてその結果過去の事件に対しても疑いを持ち出すようになるわけです。

それを避けるために意図的に過去の事件に触れないようにして、北の過去の行為がなかったかのような状況を造り、そして「挑発行為」という表現を使うことによってごまかしていると考えられないでしょうか。

 



【アメリカがここ数年で10回以上も核実験を繰り返しているという事実が隠蔽されている】

またさらにマスコミの報道の不自然な点です。

北朝鮮の核実験の動きの中で明らかにおかしいことがあるのです。

みなさんは核実験を行っているのが世界中で北朝鮮だけかのような思い込みをしていないでしょうか?
当然そんなことはあり得ず、アメリカ、ロシア、過去には中国、フランスなども核実験を行っています。

そしてアメリカに関して言えば、北朝鮮と同時期に、さらに北朝鮮より数十年も前から核実験を繰り返しているのです。

北朝鮮の核実験は06年から始まりこれまで3回行ったことになっていますが、アメリカは06年からという期間で言えば12回以上もの核実験を行っているのです。

参考サイト
http://www.nucfreejapan.com/kaku_1.htm

http://www.mayorsforpeace.org/jp/activites/statement/protest/index.html

 

皆さんはこの事実も知らなかったですよね。
それはなぜか。
やはりここでもマスコミがこの事実に触れていないから、国民が知らないという状況が生まれているのです。

アメリカは北朝鮮の何倍もの核実験を繰り返してきているのです。
そしてそのアメリカが先頭に立って北朝鮮の核実験を非難して制裁を行っているのです。
アメリカは一体どの立場で北を非難、制裁しているのでしょうか。
そしてマスコミもアメリカと一緒になって北朝鮮を非難しているのです。

またさらにいうと弾道ミサイルを持っているのも北朝鮮だけではありません。
アメリカは当然、韓国ですら保持しているのです。
これらの国々は一体どの立場で北朝鮮を非難しているのかがまったくわからない状況なのです。

そしてやはりこのとこにも日本のマスコミは一切触れない。

そりゃ北朝鮮だって核や弾道ミサイルを持ちたがるのは当然ですよね。
しかしなぜか「北朝鮮だけが悪」ということにされてしまっているのです。

北朝鮮をめぐる状況の不自然さがお分かりいただけたでしょうか。
しかしこれらの北朝鮮に関する不自然な状況は極一部に過ぎません。
サイトの記事を読み進めていっていただければ自分たちが今までだまされてきたのではないかと思えるはずです。

 

 

                 次ページ→ある拉致事件が捏造されている