日程管理って難しいですよね。


日程管理というと日程表作成と管理がメインとなります。


当サイトでは日程管理から業務の考え方からエクセルを利用した

オリジナルの日程管理術を紹介します。

実際の業務において10年以上改善を繰り返し実践した方法なので
何かしらのヒントになると思います。













管理人雑記

  • 仕事人のマインド 私の持論です。仕事を行う上で、必ずしも正しくまっすぐに仕事ができるわけではありません。会社の方針、組織の方針、個人の気持ちにより寄り道、無駄仕事をしながら仕事は進むものです。そんな仕事ですが、たとえ寄り道でも、一見無駄仕事でも気持ちに芯が通っていれば私は”善し”としてます。その芯とは・会社にとって善き事か・組織にとって善き事か・自分にとって善き事かです。行っている仕事が必ずしも会社の為にならない事もあります。会社の観点は、採算など経営観点です。では、組織でその仕事は為にならないのか?組織の観点は、組織力、人材育成などです。ではでは、自分・個人での観点は、自己啓発によるスキルアップ ...
    投稿: 2013/06/03 4:00、Kuma Rin
  • 部下の実績を上司に開示できますか? 上役になればなるほど現場を遠ざかり末端の人間の正当評価が出来なくなります。自分の部下の実績を正確に把握し上役に進言するのもプロジェクトマネージャーの務めです。他の項でも書きましたが、上司は部下の仕事の細かな内容まで把握してません。ですので誰かが伝えなければ正当な評価が困難になります。部下と言っても他人のことだし、個人の頑張りが足りないだけではないかと思う方もいるかも知れません。それでも、部下への評価は自分への評価なのです。自分が仕向けた部下の仕事が評価されないことは仕向けた人間の評価が悪いことなのです。見方を変えれば、部下の実績を正確に把握しアピールすることもプロジェクトマネージャーの必要な仕事なのです ...
    投稿: 2013/06/03 4:02、Kuma Rin
  • パレートの2と8 パレートの法則というのをご存知でしょか?2・8の法則とも言われてます。例)現代でよくパレートの法則が用いられる事象ビジネスにおいて、売上の8割は全顧客の2割が生み出している。よって売上を伸ばすには顧客全員を対象としたサービスを行うよりも、2割の顧客に的を絞ったサービスを行う方が効率的である。商品の売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している。→ロングテール売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している。仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している。故障の8割は、全部品のうち2割に原因がある。所得税の8割は、課税対象者の2割が担っている。プログラムの処理にかかる時間の80 ...
    投稿: 2013/06/03 3:58、Kuma Rin
1 - 3 / 10 件の投稿を表示中 もっと見る »


こんな場合のQ&A

  • リスケジュールが激しい Q:  リスケジュールばかりで日程表がごちゃごちゃになる。  どうにかならないか?A:  リスケジュールはそれ自体に業務上の問題点が含まれます。  その問題点とは、・日程の見通しの甘さ・飛び込み業務の想定・余裕の見方  などが考えれます。  解決方法のヒントとしては、以下の考え方がキーとなります。・日程の見通しの甘さ業務遂行者の実力の見通しの甘さ実際にかかる工数見積もりの甘さ・飛び込み業務の想定飛び込み業務が想定できるものだったか?想定できるのであればリスケしないで飛び込み業務を行う方法があったか?・余裕の見方余裕をもった日程を立ててますか?上記2項目を想定した上で精度のよい日程を立てます。リスケ=業務遅延ばかり目立ちますが ...
    投稿: 2013/06/03 3:54、Kuma Rin
  • 日程に無い終わった業務は? Q:日程管理表に記載なくすでに終わった業務はどうする?A:基本的に事後でもアウトプットがある業務は日程管理表に記入します。仕事の履歴として終わった業務履歴も活用できます。また、個人の実績評価などにも使用できますので終わった仕事も漏れなく記入しましょう。
    投稿: 2013/06/03 3:55、Kuma Rin
  • 書面の成果物というが面倒ばかり Q:成果物として書面などを残すというが面倒なことばかり。A:エビデンス(証拠)は業務を推進する上で重要なことです。しかしながら、承認が必要な書面でなければメモ程度でも後々十分な利用価値があります。あまり堅苦しく考えず重要な書類以外はメールやメモでエビデンスを気軽に残す習慣を身につければ面倒なことも少なくなります。普通、業務を行っていればメモを残すでしょう。それに日付と記入者を記載し、複合機でPDFなどにして日付と内容要点をファイル名にすれば済むことです。記録がパソコンデータに残ればあとはパソコンの検索機能にて情報を共有し探すことができます。まず、全体の効果(業務改善の)をイメージし良い習慣を身に着けるようにしましょう
    投稿: 2013/06/03 3:55、Kuma Rin
1 - 3 / 9 件の投稿を表示中 もっと見る »