気になる書き込みスクラップ


2012/09/03 
【NHK受信料・受信契約総合スレッド159 より抜粋】

288 自分:名無しさんといっしょ[sage] 投稿日:2012/09/04(火) 18:28:08.10 ID:5EsYMhBw [1/3]
930 返信:名無しさんといっしょ[] 投稿日:2012/09/02(日) 22:14:46.17 ID:5ly7O+m3

新潮の記事で書かれてるのは、古典的な成功報酬の取り方。契約名義人が死去し、家族が契約を引き継ぎ、名義変更手続きにするのだが、それをやらずに一旦、契約廃止処理をし、その後、翌月に引き継いだ家族の名義で新規契約としてしまう。
名義変更では地域スタッフには、なんら手数料は入らないが、新規契約扱いならば、手数料(成功報酬)が1件当たり1500円入る。地域スタッフの収入を上げる手法として、NHK営業職員はこのような指導を
日常的に行い、盆暮れには、地域スタッフからお届きものを受けています。


931 返信:名無しさんといっしょ[] 投稿日:2012/09/02(日) 22:31:24.14 ID:5ly7O+m3

NHKには営業支援をする受信技術なる組織があります。ここは、テレビ電波の届かない僻地に存在する
NHKのテレビ共同受信設備を管理していますが、この共同受信設備に衛星放送(BS)を受信して
空きチャンネルへ変換、送り込み、戸別にパラボラアンテナが無くとも、共同受信設備に加入している全
世帯の全てのテレビでBSが視られる仕組みを強制的に行います。

まずは組合長や組合幹部を説得し、組合組織の会計口座へ協力金を入金する約束をします。そして決議総会を開き、強制的に決めた約款である70%以上の世帯で賛成が得られれば、BS導入をしてしまい、垂れ流し手法で全世帯からBS契約を得る手法です。僻地のド田舎ならではの右ならえ社会で、反対したくてもできない事を利用した契約拡大方法です。

なお、BS受信装置や工事代は受信料によりNHKが購入、負担します。そして工事は、NHK-OBが存在するNHKアイテック・協業チームへ随意契約で発注し、OBを食わせています。BS契約取次は団体一括契約制度があるにも関わらず、それを適用せずに地域スタッフへ1件ごとに契約手続きをさせて、成功報酬を支払っています。


289 自分:名無しさんといっしょ[sage] 投稿日:2012/09/04(火) 18:33:28.86 ID:5EsYMhBw [2/3]
932 名前:名無しさんといっしょ[] 投稿日:2012/09/02(日) 22:36:46.90 ID:5ly7O+m3 [3/3]

組合組織の会計口座に入金した協力金の支払い理由は、BS受信導入の「契約団体一括契約協力手数料」です。これは1件あたり5000円になります。
実際には団体一括契約などしていません。設備の工事が完了しますと、組合はこの金で打ち上げを行いますが、そこにはNHKから営業職員、受信技術職員、そしてNHKアイテック社員(本体OB)が出席します。


933 名前:名無しさんといっしょ[] 投稿日:2012/09/03(月) 04:14:56.07 ID:ua9vclMw [1/3]

NHKで衛星契約の取次方法は大きく2つある。ひとつは地域スタッフ、もうひとつは街の電気屋か家電量販店。受信技術は日常的に電気屋、家電量販店を個別に訪問して、テレビを設置場合にはBSアンテナを付けるようしつこく指導します。

電気屋はB-CASカードの登録説明の際に「黙っていてもB-CASカードを通じてNHKには受信している事がわかる」との話術で衛星契約を取次ぎ2500円/件の手数料をいただきます。それ以外にも10件単位で件数に応じた特別報奨金も貰える。(これをBS取次キャンペーンという。)

しかし、その後、地域スタッフが新たに取付けられたBSアンテナを見つけ、衛星契約をくれと訪問します。当然、その家人はすでに電気屋で契約をしたと言っても、「その確認のためにお伺いした。今日はこの書類にハンコを押してくれ」と、認印だけを求める。実はこれは新規の衛星契約取次書類で、これで新規取り次いだと成功報酬をいただいています。

このような事務処理を行うNHK営業サービスでは電気屋と地域スタッフで重複した契約取次を確認しているが、それぞれやる気を失っては困るとの理由でそれぞれ手数料、成功報酬は支払っている、いわゆる2重払いは当然のごとく行われている。


290 自分:名無しさんといっしょ[] 投稿日:2012/09/04(火) 18:40:34.24 ID:5EsYMhBw [3/3]
934 名前:名無しさんといっしょ[] 投稿日:2012/09/03(月) 04:23:42.94 ID:ua9vclMw [2/3]

BSパラボラアンテナが付いていなくてもリモコンを見せてくれと言って、BSボタンがあることを理由に衛星契約をさせます。
その後、BSボタンを見ても視られないとの苦情があると、受信技術へ転送され、受信技術では受信料で購入したBSアンテナを持って、訪問し、「BSお試しキャンペーン中です」と、BSアンテナを取り付け(受信技術職員が行うが、件数が多い場合は委託契約している街の電気屋にアンテナ現物支給で手数料1万5千円を支払って依頼しています)、そのまま放置(すなわち無償提供)して契約を続行させる手だてを行っています。


935 名前:名無しさんといっしょ[] 投稿日:2012/09/03(月) 04:30:09.54 ID:ua9vclMw [3/3]

NHKでは家族ぐるみで街中のBSアンテナを見張っています。新たにBSアンテナを設置した家を営業センターに報告する書類もあり、報告をした職員は評価が上がり、賞与査定にも大きく影響します。(これをBSウオッチング活動と言います)
さらには近所の引っ越し状況や建売住宅への入居確認についても営業センターに報告する仕組みを作りあげています。