Top 放送法第64条~まずは「曖昧な契約」の根拠を確認してみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加       

❏ 放送法第64条 一項(受信契約及び受信料)
協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。

ただし、放送の受信を目的としない受信設備
又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であって、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備を設置した者については、この限りではない。

 ⇒ 「ただし」以下の、ラジオ(受信料の対象外)と、今の時代に関係のない多重放送だとかに関する余計な文言を省略して読みやすくすると、こうなります。
                                                                  ⇓    
「ただし、放送の受信を目的としない受信設備のみを設置したものについては、この限りではない」
                                 
目次

 § 【 実践 編 】 
§ 【 背景事情 編   それでもあなたは受信料を払いますか?
19.「スクランブル」導入は今すぐにでも可能。(知られざる「BーCAS」の正体)

当サイトのコンセプト

通信費やコンテンツ関連費用の節約は今や必須の生活スキルです。普段、なにげなく払い続けいる月々の支払の積み重ねが大きく家計を圧迫して います。

本当に必要なのか?本当に払わなければいけないのか?  出費の見直し作業をする際、まずは、払う根拠が曖昧で、いまひとつ腑に落ちないものから検討してみるべきでしょう。

当サイトでは、そのような出費の筆頭格として「NHK受信料」に着目し、まだ契約していない人に対しては、堂々と契約を拒否するための、また、すでに契約してしまっていに対しては、なるべくスムーズに解約するための、実践的な方法、ノウハウを多数取り揃えています。

4年前、国民が望んでもいない「地デジ全面移行」が、膨大な国費を投入した上で強行されました。 しかし、「放送」よりはるかに低コストで多様な情報を送受信できるweb技術と、モバイル端末の急速な発達・普及により、国民の「放送離れ」いよいよ加速し、地デジは完成した途端に「オワコン」と化しつつあります。

この様なメディアを巡るグローバルな技術革新の大波を受け、テレビの位置づけが従来と大きく変化するのと比例してますます時代とのズレ、不条理さが浮き彫りになる「自称・公共料金」 NHK受信料。

この奇怪な契約の「正体」についても、様々な角度から考察を加えつつその上で、NHKという「前世紀の遺物」と賢く付き合い、そして上手に縁を切るための理論武装として、知っておいた方がいい背景事情についても可能な限り分かりやすく読みやすく、そして最新の情報取り入れて整理しました。

読めばあなたも「受信料ハッカー」あのウザい「訪問員」も「訴訟恫喝」 も、もう怖くありません。



【Hack ハック  意味   
 1.うまくやり抜く。    2.高い技術力を駆使してシステムを操ること。 作業をいかに簡便かつ効率
   良く行うかを主眼と した仕事術。     3.ぶった切る メッタ斬りにする


サブページ (21): すべて表示