Photo Memo マニュアル

本ソフトはEverNoteよりも便利(!?)
 Gmail 手帳術 にも活用できます。

Gmail手帳術
   ・メモをメールで保存
   ・写真もメールで保存
   ・データもメールで保存
   ・どこからでもアクセス
   ・一括検索
   ・簡易タスクや簡易カレンダー
   ・外出先から確認
   ・とても便利な一元管理

   Gmail 手帳術 
     「スマートにビジネスをしよう」

ver0.9のマニュアルです。

動作確認機器

Windows Mobile 5.0 対応
T-01Aの縦使いで検証しました

ホーム画面

撮影ボタン

写真撮影に入ります
予め保存先、保存名、メール送信、すぐ送信、メール本文などの登録が必要です。
写真撮影後にこれらを変更してから登録やメール送信することはできませんので注意が必要です。
写真撮影後「撮影を終了しますか」とのメッセージが出ます。
続けて写真撮影をする場合は「いいえ」を選択してください。

保存先表示
保存先(保存パス)が表示されています。
保存先は設定画面で設定します

保存名選択

保存名が表示されます
保存名はコンボボックスから選択できます
直接入力することもできます
保存名を保存する場合は「保存名登録ボタン」を押してください
保存名の編集(登録削除)は「設定画面/保存名登録」でおこなってください

保存名登録ボタン

コンボボックスに記入した保存名を登録します

メール送信

チェックしていると撮影後にメール送信されます
撮影後に確認画面が出てきます
設定された送信メールアカウントの送信フォルダにメールとして投函されます
その後はメールアカウントの設定に応じて送信されます


すぐに送信

チェックしていると撮影後にすぐメール送信されます
設定された送信メールアカウントがシンクロ(送信)起動いたします
そのままメールソフトが開いたままになるので注意してください




設定画面

「戻る」ボタンで編集が保存されます。右上の「OK」では保存されずにホーム画面に戻ります

保存名登録

保存名登録テキストボック
テキストボックス内に記入すれば保存名登録ができます
登録するとホーム画面の保存名選択でコンボボックスから選択できるようになります
戻るで上書きされます

保存先設定

保存したいフォルダをタップします
タップしたフォルダ名は表示欄に表示されます。
保存先は「決定」ボタンを押さないと登録されませんので注意してください。


アドレス設定

送信アカウント

標準メールに登録されているメールアカウントから送信アカウントを選択してください

送り先アドレス

送り先アドレスは5つまで登録できます
アドレスのチェックは特に行っていませんので注意してください

リストからボタン

Contactに登録されているリストから選択することができます。
メール1に登録されている場合選択すると送り先アドレスに登録されます。
登録されない場合、メール1にアドレス登録がない時です。

直接ボタン

直接アドレスを入力する場合に使用してください

消去

録されたアドレスを消去する場合、アドレスを選択してからボタンを押してください

メール本文

メール送信する場合の本文を記入したい場合ここに記入してください
本文にはここに記入された文字以外に、PhotoMemoから送信したというメッセージが入ります

その他

初期パス設定
テキストボックスに初期パスを入れると保存先の基点パスとなります
基点パスより上位のパスは保存先で選択できませんので注意してください
下記の例はストレージカード直下にデフォルトフォルダを作り保存されます
 例 設定:¥Storage Card >>保存先:¥Storage Card¥100TSIMG

 (東芝T-01Aの場合/デフォルトフォルダ「100TSIMG」が作られる)








Comments