荘子:逍遥遊第一(5) 朝菌不知晦朔

荘子:逍遥遊第一(5) 朝菌不知晦朔(朝菌は晦朔を知らず)

2008年09月07日 15時51分52秒 | 漢籍
荘子:逍遥遊第一(5)

  奚 以 知 其 然 也 ? 朝 菌 不 知 晦 朔 , 蟪 蛄 不 知 春 秋 , 此 小 年 也 。 楚 之 南 有 冥 靈 者 , 以 五 百 歳 為 春 , 五 百 歳 為 秋 ; 上 古 有 大 椿 者 , 以 八 千 歳 為 春 , 八 千 歳 為 秋 。 而 彭 祖 乃 今 以 久 特 聞 , 衆 人 匹 之 , 不 亦 悲 乎 !

   奚(なに)を以て其の然(しか)るを知るや。朝菌(チョウキン)は晦朔(カイサク)を知らず、蟪蛄(ケイコ)は春 秋を知らず。此れ小年なり。楚(ソ)の南に、冥霊(メイレイ)なる者あり、五百歳を以て春と為し、五百歳を秋となす。上古に大椿(タイチン)なる者あり、 八千歳を以て春と為し、八千歳を秋と為す。而るに彭祖(ホウソ)は乃(すなわ)ち今、久(キュウ・いのちながき)を以て特(ひと)り聞こえ、衆人これに匹 (たぐ)わんとする、亦(ま)た悲しからずや。

 どうしてそのことが分かるか。朝菌は朝から暮れまでのいのちで、夜と明け方を知らず、蟪蛄(夏ぜみ)は夏だけの命で、春と秋を知らない。これが短い寿命 である。楚の国の南方には冥霊(メイレイ)という木があって、五百年のあいだが生長繁茂する春で、また五百年のあいだが落葉の秋である。大昔には大椿(タ イチン)という木があって、八千年のあいだが生長繁茂の春で、また八千年のあいだが落葉の秋であった。
 ところが、彭祖(ホウソ)は、わずかに八百年を生きたというだけで、長寿者として大いに有名であり、世間の人々は、長寿のことを話題にする場合は必ず彭祖をひきあいに出す。何と悲しいことではないか。

line


朝菌(チョウキン)
 朝生えて晩には枯れるというきのこ。
一説に、朝生まれて晩には死ぬ虫。


晦朔(カイサク)
 (1)みそかと、ついたち。 (2)朝と晩。


■音
【漢音】カイ 【呉音】
■解字
  形声。「日+音符毎(マイ)・(カイ)」。
「晦とは冥(くらい)なり」『爾雅』
■意味
  (1)みそか。つごもり。
  (2)くらい(くらし)。よくわからない。
■単語家族
  海(くらいうみ)・悔(心がくらい気持ちになる)などと同系。また、黒(くろい、くらい)はその入声(ニッショウ・つまり音)に当たることば。
墨・黒・海・悔・夢 ─ くろい、くらい
朔(字形)


■音
【呉音・漢音】サク
■解字
  会意。右側は、逆の原字で、さかさまにもりを打ちこんださま。また大の字(人間が立った姿)をさかさにしたものともいう。朔はそれと月を合わせた字で、月が一周してもとの位置に戻ったことを示す。
「月の一日(ついたち)に始めて蘇(よみがえる)なり」『説文』
■意味
  (1)ついたち。ひと月が終わって、暦の最初にもどった日。陰暦で月の第一日のこと。「朔日(サクジツ)」
  (2)こよみのこと。
朔(ついたち)を基準にして陰暦のこよみを作ることから。
    「正朔(セイサク)(天子が年末に天下に頒布するこよみ)」
  (3)北のこと。
十二支を方角に当てると、子(ね)の方角(北)はその最初に位するから。
    「朔北(サクホク)」
■単語家族
  遡(ソ)(流れと逆に動いてもとにもどる)・泝(ソ)(流れと逆に動いて源のほうにもどる)と同系。


蟪蛄(ケイコ)
 にいにいぜみ。せみの一種。小形で、からだは、黒色。羽がすきとおっている。夏の末、秋のはじめに鳴く。


■音
【漢音】ケイ 【呉音】
■解字
  形声。「虫+(音符)惠」。


■音
【漢音】コ 【呉音】
■解字
  会意兼形声。「虫+音符古(=固。かたい)」。からだのかたい虫のこと。
  「螻蛄(ロウコ)」とは、虫の名。けら。


冥霊(メイレイ)
 木の名とも、亀の名ともいう。


大椿(ダイチン・タイチン)
 伝説上の大木。


彭祖(ホウソ)
 古代、伝説上の仙人(センニン)。帝尭(ギョウ)の臣。殷(イン)の末までおよそ八百年生きたという。長寿の代表とされた。


Comments