統計物理の新展開2015

目的:   統計力学を基礎とする最近の研究成果を概観しつつ、今後の展望を探る議論を行う

日時: 2015年6月19日(金)ー21日(日)

場所:  ラフォーレ伊東 マップ

参加者(敬称略50音順): 
    尾関之康(電通大院情報理工)
    藤堂眞治(東大理)
    佐々木志剛(神奈川大)
    富田裕介(芝浦工大)
    中村統太(芝浦工大)
    能川知昭(東邦大医)
    根本幸児(北大理)
    松川宏(青山学院大)
    松下勝義(理研)
    安田千寿(琉球大理)
    吉野元(大阪大サイバー)
    

プログラム:
                6月19日                                            
19:30--    統計物理の新展開の今後に関する総合討論
                6月20日                    
8:30    福島孝治    データ駆動科学の展開
9:30    松川        摩擦の物理の基礎
10:30  吉野元        ガラスの統計力学の基礎
11:30  松下勝義    細胞の統計力学の基礎
 
13:30  松川宏        摩擦の物理の最近の発展
14:20  吉野元        ジャミング系におけるシア応答の履歴依存性と非線形性
15:10  松下勝義    集団運動をする細胞の統計物理学
16:00  中村統太    ハイゼンベルグスピングラスの相転移
16:50  能川知昭    過渡状態に等重率を仮定した粗視化緩和ダイナミクス
17:40  安田千寿    近接・次近接スピン-フォノン間相互作用のある系における量子相転移 
18:30  富田裕介    秩序形成の構造を見抜く方法
 
                6月21日                    
8:30    藤堂眞治    Tensor Network Algorithm for 2D Frustrated Magnets
9:20    佐々木志剛    温度により早期パターンが異なるニューラルネットワークの構成
10:10    
福島孝治    最適化問題とレプリカ対称性の破れ
11:00    
尾関之康    カーネル法による非平衡緩和解析の改良:その後
11:50    
根本幸児    複数の感染源を持つSIRモデルが起こすパーコレーション転移 with 長谷川雄央(茨城大理)
12:40    高山一        総括


世話人: 福島孝治(東京大学総合文化)