運動を
始める前に




おすすめの
運動方法


運動記録を
つけよう

ウォーキング





チューブ
トレーニング

トレーニングの
準備

レベル1

レベル2

レベル3




  • 脈拍の測定は慣れていないと初めは難しいかもしれませんが,慣れてくると簡単に測れるようになります。 
  • 脈拍数を知ることは,自分の体調を知る上でとても役に立ちます。また自分にとっての適切な運動量(運動の強さや運動時間の長さなど)を知るための重要な指標にもなります。 
  • 一般に成人(18歳以上の方)の安静時の脈拍数は1分あたり60~80回です。 
  • 運動前(安静時)の脈拍は,楽な姿勢で2-3分座ってから脈拍を測ってみましょう。それが,あなたの安静時の脈拍です。 
  • 運動中の脈拍:運動の強さの目安になります。運動しながら(歩きながら)測ることは難しいので,少し立ち止まって測ってみましょう。 
  • 腕時計の秒針を見ながら脈を計るので,腕時計をつけている手で反対側の手の脈を測るようにします。 
  • 手首の関節の少し下(肘より)の親指側に脈を触れます。脈をとるには,人差し指,中指,の2本(又は薬指を加えて3本)でこの脈を触れます。この時に2本(3本)の指を揃えるのがコツです。
  • 15秒間,腕時計で時間を測ってみましょう。その15秒間の値を4倍すれば,それがあなたの1分間の脈拍数です。慣れてきたら,10秒間計って6倍しても結構です。 
  • 運動を始める前,運動中,運動を終了して呼吸が安定した頃の最低3回は脈拍を測定し,記録する習慣をつけましょう。