筑司連邦‎ > ‎

連邦公安局

*筑司連邦公安局

連邦軍がコロニーの外からの脅威(安全保障)を担うのに対して、公安局は邦内のための治安部隊である。
正式名称は、筑司連邦テノン公安局(以下テノン)と言う。
テノンの組織中枢はリルショーカ峡谷生存圏のサイトВトリグラフに設置されている。
テノンは略称であるが、それが何の略称であるかは公開されていない。
テノンはその名の通り政府機関とはほとんど接合点を有さないが、その代わりに実質的な長を政府機関によりシビリアンコントロールされている。
テノンの組織は、複数の機関を保有している。

・テナース(Тенас)
全ての傘下組織の指揮を行う。各組織の長がそれぞれ所属。

・尋常公安部(М.О.Б.,モープ)
筑司連邦に日本で言う警察はおらず、この組織が唯一の警察権を行使している。人員数ではショープの次に大きな組織である。

機動治安部(Ш.О.Б.,ショープ)
機動火力を保有した組織。火星暦68年度末に火星暦69年祭に備え後述のС.О.Б.と統合再編された。

特殊治安部(С.О.Б.,ソープ)
大型火力を保有した組織。火星暦68年にショープへと解体され統合した。

・機動部(С.С.О.Б.,エスソープ)
先述のショープとソープが火星暦68年に統合再編された組織。

・諜報部(Э.О.Б.,エォープ)
情報戦に対して機能を発揮する部隊で、対象は国内外を問わない。諜報機関としての機能も有する。



Comments