説明書‎ > ‎

仕様について

※本節の内容はサポート外です。ご質問については、サポート登録されている場合でも、お返事できない場合があります。

ここでは、Excel および VBA(Excelのマクロ言語) になじみのある方を対象に、「ナルドの壺」のデータの所在、および、データの仕様について解説します。データのインポート、エクスポート、あるいは独自改良にお役立てください。

データの所在

インポート/エクスポートの主要な対象になると思われるシートは次のとおりです。
  • DB:すべての仕訳データが保存されています。
  • 名簿:名簿データが保存されています。
  • 科目明細:会計・科目・明細のリストです。
その他、下記のシートにユーザのデータがあります。レジストリや外部ファイル等は利用していません。
  • C表:新しく追加した科目など
  • 財産台帳:基本財産など
  • 受領書設定:受領書に記載する住所など
  • その他の設定:各種のこまかな設定

DB

「ナルドの壺」では仕訳データを[DB](データベース)シートで管理しています。仕訳帳・元帳・献金元帳・各種の会計書類は、表示するたびにDBから生成されます。 DBシートを表示するには、メインメニュー[設定をする]→[高度な設定]で[保護解除してすべてのシートを表示]ボタンを押します。
  • 仕訳帳シートの保護を解除してセルを修正しても、仕訳データには反映されません。
  • DBシートを直接編集すれば、メニューやフォームを介することなく、直接データを編集したりコピーしたりできます。 書式が異なると動作しなくなりますので、必ずバックアップを取ってから行ってください。

名簿

名簿のデータは、名簿シートで直接管理しています。 大量の名簿データを編集するとき、他のソフトやエクセルシートからデータを移行する場合は、名簿のシートの保護を解除して、直接編集すると便利です。 下記の点にご留意ください。
  • 列の位置、開始行(6行目~)は変更できません。
  • 空行があると、それより下は認識されません。
  • 項目を追加することはできません。
  • 書式には依存しませんが、型には依存します。たとえば、数値欄に数値でないデータを入力すると、動作しない可能性が高いです。

科目明細

初期設定などで大量の設定変更を行うとき、インタフェースからの修正が煩わしいと思われる場合には、シートの保護を解除して入力するのが便利です。ただし、科目設定シートはソフト全体の動作に大きく影響するため、書式を厳密に守らないとソフトが正しく動作しません。シートの書式を把握されるまでは、「追加」「修正」「削除」「移動」ボタンから設定を行うことをおすすめします。罫線等の書式は自動的に設定されるため、設定する必要はありません。

  • 会計:(A列)「会計」、(B列)特別会計の正式名称、(C列)特別会計の略称
  • 科目:(A列)科目の分類、(B列)科目名、(C列)(空白)
  • 明細:(A列)(空白)、(B列)属する科目名、(C列)明細名
  • セルの空白で科目/明細を判別しているため、上記で(空白)となっている所は必ず空白にする必要があります。また上記で(空白)となっている所以外を空白にすると正しく動作しません。
  • 【 □□ 】(すみつき括弧)は特別会計を表す特別な文字です。その特別会計に属する科目の先頭には、必ずつけなければいけません。またそれ以外のところで【】を用いることはできません。
  • 同一分類内の科目の順序は自由です。
  • 同一科目内の明細の順序は自由です。
  • 分類「月定献金」の科目については、「1月分」~「12月分」および「過年度分」「次年度分」という明細が自動的に追加されます。これらは科目・明細シートには表示されません。
  • 「分類」として入力可能なのは次の通りで、これ以外の値が入っていると正しく動作しません。:「現金預金」「資産」「負債」「収入」「支出」「献金」「月定献金」
  • 分類は、現金預金→資産→負債、収入(献金,月定献金をふくむ)→支出のの順に表示されます。
  • 会計上は「現金預金」は資産として、「献金」「月定献金」は収入として扱われます。
  • 「C表」欄に入力可能なのはC表に記載されている科目名のみです。これ以外の値が入っていると正しく動作しません。
  • 経常/経常外は、C表科目を設定していると、そこから自動的に判定されます。(例:「委員会支出」→C表科目「各部支出」→「経常外支出」と判定)
  • 「シート保護&自動書式」にチェックを入れると、シートを保護し、自動的にセルの体裁を設定します。自動的に設定されるのは、科目・明細・会計の順序(同一科目[会計]の明細[科目]は続けて並べる)、セルのロック、罫線、網掛け、一部のコメントです。科目・明細・会計の入力形式が正しくないと、正しく書式が設定されません。