環境共生材料研究室(中山G)の最近のできごと



環境共生材料研究室 > 環境共生材料研究室(中山グループ) > 研究室情報/About


●(2016年4月4日)
タイのセラ協会長Dr. Somnuk Sirisoonthorn 先生が研究室を訪問されました



●(2016年1月)
中山先生のお誕生日をお祝いしました!
みんなでケーキを堪能しました.



●(2015年12月) 
橋本(M1)がドイツ・アーヘン工科大での三か月の留学から戻りました。



●(2015年12月) 
 近藤(M1)が,第10回 日本フラックス成長研究会で
 「優秀発表賞 」を受賞しました!



●(2015年12月) 
 秘書  村瀬さんの送別会を行いました.
 村瀬さん,おつかれさまでした!



●(2015年11月) 
 西井(M1)が,第56回 電池討論会 で口頭発表を行いました!


●(2015年11月) 
 近藤(M1)が,第28回 日本セラミックス協会 秋季シンポジウムで
 「 ベストプレゼンテーション賞 」を受賞しました!



●(2015年10月)
 同窓会を開きました!
 たくさんのOB・OGの方がいらっしゃっています.
 今年いっぱいで退職される秘書・村瀬さんに中山先生から,お礼の花束贈呈です.



●(2015年8,9月)
 M2西村,M1橋本,B4大竹・向井が化学電池材料研究会「夏の学校」に参加しました。
 西村が最優秀質問賞,橋本が優秀ポスター賞を受賞し,
 利き酒大会で向井が優勝しました!



●(2015年6月)
 中山研究室一同 ゼミ旅行で日間賀島に訪れました!



●(2015年6月) 東京電機大学 藪内先生 東京理科大学 駒場先生と行ったリチウムイオン電池の新材料に関する共同研究がプレスリリースされました。
LINK (東京電機大学のサイトに移動します)

●(2015年3月) 
 西井(B4)が,「 日本化学会東海支部長賞 」を受賞しました!



●(2015年3月) 
 研究補佐員 木村さんと大城(M1)が,日本セラミックス協会 2015年年会 @岡山大学で発表しました.



●(2015年1月) 
 中山将伸准教授と大城(M1),橋本(B4)が,ドイツ・アーヘン工科大でのシンポジウムおよび共同研究打ち合わせに参加しました.



●(2014年12月) 
 西井(B4)が 第9回日本フラックス成長研究会 @高知大学 でポスター発表しました.



●(2014年12月) 
 近藤,西井,橋本,山田(B4)が 日本セラミックス協会 東海支部学術研究発表会 @ 名工大 で口頭発表しました.


●(2014年11月) 
 研究補佐員  糸井さんのお別れ会を行いました.



●(2014年10月) 
 ドイツ・アーヘン工科大学Manfred Martin研究室から博士課程学生のSteffenさんが来研(2か月間滞在予定)


●(2014年9月)
 国際シンポジウムIWAC06(ドイツ・エルランゲン大学)に大城君が参加しました。


●(2014年8月)
 堀江君が化学電池材料研究会「夏の学校」にてポスター賞を受賞しました。



●(2014年8月)
 大城君が産業技術総合研究所(中部センター)へインターンシップ派遣  3か月間

●(2014年6月)
    ランディさんがイタリアで開催された国際学会CIMTEC2014で招待講演を、韓国で開催されたICMAPで基調講演をしました。


●(2014年4月)
本環境共生材料研究室・教授の春日敏宏先生が平成26年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)を
  中山将伸准教授が同、若手科学者賞を受賞しました。 LINK
  
    


●(2014年3月)
 イギリス・インペリアルカレッジのMurphy博士とRushton博士がISCeNT-3に参加のため名古屋工業大学に来校しました。
 Murphy 博士とRushton博士は、本研究室の椎葉君(D3) ランディさん(D3)がインペリアルカレッジに留学した時の知人になります。
 Rundyさんは、ISCeNT-3において、ポスター賞を受賞しました。




●(2014年2月)
 本研究室のRandyさん(D3)と椎葉さん(D3)が名古屋工業大学の学長表彰を受けました(学術活動部門) LINK

●(2014年2月)
 名古屋工業大学学長 髙橋先生と H24年度名古屋工業大学国際化推進事業に採択されたRandyさん (D3) (報告会後の懇親会にて)
●(2014年1月)
  中山と大城(B4)がドイツ・アーヘン工科大でのシンポジウムおよび共同研究打ち合わせに参加しました



●(2013年12月)
  東大のシンポジウム終了後 還暦のManfred Martin教授(アーヘン工科大)と日本人留学組で記念撮影をしました。


●(2013年9月)
 研究生の謝君が中国に帰国。壮行会を開催しました。



●(2013年9月2日)
  中山将伸准教授がカザフスタン ナザルバイエフ大学を訪問しました。(INESS-2013)

 ナザルバイエフ大学 学長とProf. Z. Bakenov他参加者一同との集合写真

●(2013年7月25日)

●(2013年8月2日)
  ランディ・ハレム君(D3)がイギリス・インペリアルカレッジのProf. Kilner, Prof. Grimes研に2か月間滞在して共同研究開始。 → 10/2に帰国しました。



●(2013年7月)
  化学電池材料研究会 講演会・夏の学校に参加しました。椎葉寛将君(D3)がポスター賞を獲得しました。

  




●(2013年6月)
   フランス・リモージュで開催された欧州セラミックス学会に参加しました。(中山・椎葉)
   京都で開催された国際学会 Solid State Ionicsに参加しました。(椎葉・ランディ)


●(2013年3月11日)
  中山将伸准教授が永井科学技術財団・学術賞を受賞しました。


●(2013年3月5日)
 韓国DGISTのByungchan Han先生が本研究室に来研しました。


●(2013年1月25日)

●(2013年1月16日)

●(2012年12月末日)
   2012年の学生による研究業績をまとめました。お疲れ様でした。(←クリックすると学生の業績一覧を表示)

●(2012年12月)
カザフスタン ナザルバイエフ大学よりProf. Z. Bakenov博士が来研。

●(2012年11月)
AGCセイミ化学の伊藤孝憲博士による講演会を開催しました。
「放射光、中性子を用いた.固体酸化物型燃料電池材料の構造解析 」
主催:名古屋工業大学 セラミックス科学研究教育院

●(2012年11月)
産総研の安藤康伸博士による講演会を開催しました。
「固液界面に生じる電気二重層の第一原理分子動力学による解析̶蓄電デバイスの基礎科学構築に向けて」
主催:名古屋工業大学

●(2012年10月31日)

オーストラリア ANSTO より Dr. Simon Middleburg 博士が来研。
「Atomic scale modeling for real nuclear engineering problems and applications」というタイトルで講演していただきました。
博士2年 椎葉寛将君がインペリアルカレッジに留学中、お世話になった研究者です。

●(2012年10月25日)
産総研の安藤康伸博士が研究室に3週間滞在することになりました。計算科学の専門家です。

●(2012年10月23,24日)
飛騨にゼミ旅行に行ってきました。初日はあいにくの雨でしたが、いい感じに紅葉してました。





●(2012年10月)
1) 京都大学 触媒・電池元素戦略研究拠点のPJがスタートしました。(文部科学省リンク) 本研究室も参加します。(京都大学拠点准教授 中山将伸)
2) JST さきがけ研究がスタートしました。(「エネルギー高効率利用と相界面」 さきがけ研究員(2期生) 中山将伸)

●(2012年9月)
Imperial College Londonで行われた「Fifth International Workshop on Advanced Ceramics」にてD2のRandy Jalem君、椎葉寛将君が発表しました。

      

                                                                                                                                                                                                                            共同研究を行なっているImperial College LondonのProf. Grimesと。



●(2012年8月)
椎葉寛将君が日本化学会・電気化学ディビジョン・化学電池材料研究会にてポスター賞を受賞しました。
また、同日行われたソフトボール大会に大阪府立大学との共同チームで出場し、優勝しました。

   


●2012年度より環境共生材料研究室として、春日敏宏教授と共同して研究室を運営することになりました。