筆名:
有坂賢吾
 HN:Front@管理人
  Twitter: front_chiba

 一般人の共産趣味者です。

 冷戦を知らない平成の生まれ。
 ゆとり教育をもろに浴び、景気のよかった時期を知らず、金を使わない、“サトリ世代”と称せられる世代。

 中学高校時代、自由な校風にどっぷりと浸かって学んだ結果、07年高校1年生の時に共産趣味の世界へ。
 マル共連の更新も止まり、多くの趣味者サイトも消滅していた停滞期に参入し、マル共連のコンテンツ“ヘルメットで見るセクト”に衝撃を受け、ゲバスタイルを観察の主対象とし、“ヘルメットで見るセクト”を引継ぎ超えるコンテンツを構築することを目標に図書館を主戦場とする地下観察闘争に決起。
 09年3月にブログボリューム(E:)(本HP開設に伴い改称。現「ボリューム(E:)ブログ版」)を開設。共産趣味界隈への公然登場を果たす。

 趣味者を増やしていきたい今日この頃。

 思想的には共産主義者ではなく中道右派位の位置に居ます。
 正確に言えばリベラルなつもりで、実際一時期リベラルを自称していましたが、今の日本の自称“リベラル”とは思想的には遠いということと、様々な本を読んで行く内に思想的な立場をハッキリさせられる程勉強していないことを思い知ったので自称してはいません。

 ですので、私が主な研究対象としている人々について、その主張の大半は理解も賛同もしかねますが、三里塚闘争や労働組合運動、寄せ場・野宿者支援活動における各党派や団体の活動は一定の意義を持つものと考えています。

 また毎年元日と終戦記念日に靖国神社への定期参拝を行って居ます。2006年から始め、11年目も無事終えました。

 左右の区別や例外なく、特定の団体を応援することも、それらの団体に加入することもしないのが私のスタンスです。