Photo by Lotus Carroll – Butterfly Kisses For You(2012) / Adapted.

お知らせ
永井教員が2018年4月より東京工業大学に異動になりました。そのため、永井研究室としての活動は終了しました。ただし、元永井研究室の学生の多くは同一専攻内の山内研究室に移籍となり、永井による研究指導も引き続き行っています。本サイトでは、その「永井班」の情報発信を続けます。東工大の永井研究室のウェブサイトはこちらです。


皆さんが普段どういう世界を見ているか、しっかり意識したことはありますか?

皆さんが見ている世界は実は外界そのものではなく、脳や神経系による画像処理が施された世界です。この画像処理について少し調べてみると、人間にとって非常に理にかなった優れた処理であることがわかります。つまり、皆さんが見ている世界は知の宝庫なのです。

永井研究室では、そんな「視覚」の情報処理を研究しています。
関連研究会のお知らせ

「質感のつどい」ウェブサイトが開設されています


質感関連の科学技術に興味のある人が集まった団体である「質感のつどい」のウェブサイトが開設されています。「質感のつどい」の公開フォーラムや関連イベントの情報が掲載されていますので、ぜひご覧ください。
http://www.shitsukan.jp/tsudoi/

  

最新のお知らせ

  • 国際会議で学生さんが発表します
    8月、9月と連続で永井班の学生が国際会議で発表します。 まずは8月のECVP@Trieste, ItalyはM2清川くん。 
    • Hiroaki Kiyokawa, Tomonori Tashiro, Yasuki Yamauchi, Takehiro Nagai: Image cues for glossiness perception obtained from low luminance specular reflection components.
    9月のFVM@Nevada, USAはM1早坂さんです。なお、FVMでは永井も発表します。
    • Misaki Hayasaka, Takehiro Nagai, Tomoharu Sato, Tomonori Tashiro, Yasuki Yamauchi, Ichiro Kuriki: Contrast sensitivity functions measured on luminance-variegated background.
    • Takehiro Nagai, Tomokazu Ishikawa, Tomonori Tashiro, Yasuki Yamauchi: Effects of specular highlight on color constancy are not entirely caused by low-level image features..
    投稿: 2018/08/17 1:58、永井岳大
  • M2齋藤くんがAPCV2018で発表します
    M2齋藤くんが、6月の色彩学会に続き、7月のAPCV2018@Chinaでも発表します。今回はポスター発表です。
    • Ryusuke Saito, Takehiro Nagai, Tomonori Tashiro, Yasuki Yamauchi, Keiji Uchikawa: Influence of L/M cone ratio on luminance detection characteristics.
    投稿: 2018/07/10 14:29、永井岳大
  • M2齋藤くんが日本色彩学会で発表します
    6月2日、3日に大阪市立大学で開催される日本色彩学会全国大会で、M2齋藤くんが研究発表を行います。International Sessionで英語での口頭発表チャレンジです。頑張ってください!
    • 齋藤隆介,永井岳大,田代知範,山内泰樹,内川惠二:L/M錐体数比と輝度検出特性の関連性 -交照法による間接的検討-
    投稿: 2018/05/09 23:54、永井岳大
1 - 3 / 88 件の投稿を表示中 もっと見る »