お知らせ

学会発表

2018/03/14 22:40 に Tomo Nabeta が投稿

2018年3月3日からサテライトキャンパスひろしまで開催された第28回日本医学看護学教育学会学術学会で,新人看護師のロールモデルの活用プロセス,というタイトルで学会発表しました。

論文採録決定

2018/03/14 3:30 に Tomo Nabeta が投稿

審査中だった論文の採録が決定しました [非流暢性効果の実験室実験における再現性の検討ー学習材料の非流暢性が符号化方略に及ぼす影響ー,東亜大学紀要]

論文採録・掲載

2017/12/22 0:22 に Tomo Nabeta が投稿

審査中だった論文の採録が決定し・掲載されました 群論モデルにもとづく正方行列枠中の要素パターンに対する良さと複雑さ.基礎心理学研究]

学会発表

2017/11/12 22:57 に Tomo Nabeta が投稿

2017年11月11日から徳島大学で開催された中国四国心理学会第73回大会で,特性的楽観主義が符号化処理に与える影響,というタイトルで学会発表しました。

学会発表

2017/09/24 23:43 に Tomo Nabeta が投稿   [ 2017/09/24 23:44 に更新しました ]

2017年9月20日から久留米シティプラザで開催された日本心理学会第81回大会で,文字の読みづらさは記憶成績を高めるのか?ー文字の非流暢性が成績の予測に与える影響の検討ー,というタイトルで学会発表しました。

学会発表

2017/03/27 21:52 に Tomo Nabeta が投稿

2017年3月25日から広島国際会議場・JMSアステールプラザ・広島文化交流会館で開催された日本発達心理学第28回大会で,母親への自己呈示の目標が大学生の学業に関する課題の遂行に及ぼす影響,というタイトルで学会発表しました。

平成29年度公益財団法人たばこ総合研究センター助成研究に採択

2017/03/09 4:42 に Tomo Nabeta が投稿   [ 2017/03/09 4:42 に更新しました ]

以下の研究が採択されました。
助成研究名:嗜好品の抑制が大学生の自己調整学習に与える影響
研究者氏名:鍋田智広
助成金額:400,000円

平成28年度の科学研究費助成事業(科研費)に採択

2016/04/17 1:12 に Tomo Nabeta が投稿   [ 2017/05/16 2:00 に更新しました ]

以下の研究課題が採択されました。

研究課題:楽観主義が符号化処理に与える影響―虚偽記憶と自己選択効果による検討 (16K04440)
研究代表者:鍋田智広
研究種目:基盤研究 (C)
交付額:4,550,000円
研究期間:平成28年4月1日~平成32年3月31日

学会発表

2016/03/30 0:32 に Tomo Nabeta が投稿

2016年3月12日から島根県立大学で開催された第26回日本医学看護学教育学会学術学会で,看護学生のロールモデル形成におけるメタ認知に関する研究,というタイトルで学会発表しました。

学会発表

2015/11/09 22:29 に Tomo Nabeta が投稿   [ 2015/11/09 22:30 に更新しました ]

2015年11月7日から広島修道大学で開催された中国四国心理学会で「楽観性・悲観性と虚偽記憶」というタイトルで発表しました。

1-10 of 14