イベント お知らせ

世界初 シャレコーベ ミュージアム

Twitter
Facebook


第75回 ミニ講演

2017年6月10日 日曜 午後2時から

古代「死者の書」       

 シャレコーベというと、どうしても“死”というイメージにとらえられていますが、それでは死というものについて、人間はどのように表現しているのでしょうか。形として残るシャレコーベは、文書あるいは絵画としてどのように表現されているのでしょうか。
歴史的にみれば、死や臨終の問題について「死者の書」として、古代から残された書物があります。古くは、紀元前にエジプト、8世紀にチベット、10〜15世紀にマヤ文明、中世のキリスト教の世界に、生活上あるいは宗教上から「死者の書」として現代まで受け継がれています。そして、その書物に付随して、シャレコーベも描かれています。

1. エジプトの死者の書「ペル・エム・フル」
2. チベットの死者の書「バルド・トエドル」

          曼陀羅とシャレコーベ
3. マヤの死者の書
         ナワの死者の書
4. キリスト教の死者の書「往生術
   



10月28日 “死者の日”祭り予定

日本最大級の巨大祭壇 制作準備につき 

制作ボランテイア 募集

  • メキシコ 死者の日 を理解している

  • 5月、6月、7月: 月一回() 打ち合わせ会 夕食あり

  • 10月27日土曜日 午後3時ごろから準備

  • 10月28日 日曜 午前9時から10時半 作成完了

  • 5月末まで メールで応募して下さい

  • シャレコーベ ミュージアム館長 河本圭司
    Mail:skull-museum@m9.dion.ne.jp


  •     


    ミニ講演 (フリーダ/カルロ、リメンバーミー)5/6済み

  • ミニ講演
    5月6日 日曜日 午後2時から

    タイトル;骸骨の国メキシコ
    女流画家フリーダ/カルロ

    映画 リメンバーミー

    女流画家 フリーダ・カーロ
    メキシコは骸骨の宝庫です。アステカ文明、クリスタル・スカル、死者の日など、骸骨が主役になっている国です。国民的な英雄である骸骨画家としてポサダがいます。また、忘れてはならない女流画家、フリーダ・カーロがいます。

    映画:リメンバー ミー
    最近のアカデミー賞 アニメ 死者の国の骸骨のお話




    7月22日 日曜日 
    第6回    スカル ファッション コンテスト     
                               
     以前の” スカルT シャツコンテス”から Tシャツ以外に、ドレス、ネックレス、リング、ハットなど
    なんどもありのファッション コンテストです 奮って参加してください

         
    2017入賞者         2016優勝者                   2015年  優勝者 


    japanvisitor.comにて当館が英語で紹介されています。ありがとうございます。