虚偽表示、阪急阪神ホテルズなど3社に措置命令  
消費者庁






2013/12/19 15:06

----------------------------  記事引用

食材の虚偽表示問題で消費者庁は19日、メニューと異なる食材を使っていたのは景品表示法違反(優良誤認)にあたるとして、阪急阪神ホテルズ(大阪市)、ザ・リッツ・カールトン大阪を運営する阪神ホテルシステムズ(同)、近畿日本鉄道の3社に再発防止を命じる措置命令を出した。

 消費者庁によると、阪急阪神ホテルズは2007年1月から13年10月にかけ、運営するホテルで有機野菜を使用していると事実と異なった表示などがあった。ザ・リッツ・カールトン大阪では06年4月から13年10月、ルームサービスの料理「車海老のチリソース煮」にブラックタイガーを使うなどした。

----------------------------  引用終了

※ 法的に、阪急の嘘つき、が確定しましたね。
  背景には、長年お客様と、接する従業員の間に、嘘をつくというダブルスタンダードを設け、社会に対しては鉄道という人質、もとい足質(移動する自由を人質にする)にし、従業員には仮面を強制するビジネスモデルでしたね。
  一旦入社すると、全員にヒットマン(社畜)であることを強制します。優秀なヒット君はラインに昇格し、お客様や社会に向けての虚偽に満ちた秘密の共有を強制します。口先では、ビルとか夢とかのたまい、騙して安いエビを売り利益を確保する。嘘をつき続けることが給料の源泉なので、嘘をつきたくない、と内部通報すると、解雇されます。
  中川新社長もヒット上がりと考えられます。それ以外のスタッフは既に消されている。

 こういったビジネスモデルを、阪急カルト電鉄(不動産では、カルトタワー)、と呼びました。
 カルトのダブルスタンダードが支えた、ホテルだったのですね。

誤表示で騙すつもりはなかった、が社内の統一コンプライアンスであり、騙すつもりであろうがなかろうが、誤表記でお客様は得るべき対価が減らされていた。まして、一連のコストカットが関連しているのは明瞭である。長期間、騙して利益を得たのである。

 景品表示法違反(優良誤認)、と呼ぶ

  以上、騙すつもりのない、誤掲載(7年間、途中裁判官には、不適切と恫喝(この言葉が社会に与える影響と意味の深さは彼が一番よく知っている)され、当時は負けたくなかったので、悔しかったけど、ブログを非表示にしました)でした。

  今は、阪急が嘘つき集団だと分かっただけで、気持ちは晴れて穏やかです。

晴れた日の穏やかなエッフェル塔


















ペンギン事件:Feb 6,2013


私(原告)は直(じき)に定年を前にして、年下の部下に仕えることに相成りました、プロパーですのでグループの出向者優先の人事には抗う(あらがう)術はありません、生来感情の起伏が激しいきらいがあり、是々非々を表に打ち出す傾向があります。

そういった性質を見抜いたのか、これら年下の上司たちは何か事とか(私の声のトーンが上がる)があるとペンギンのように体を摺り寄せてきます、この瞬間、私が手を挙げて体罰を加えたら一巻の終わりです、傷害事件で告訴され、刑事罰を受け、懲戒解雇、退職金(諭旨解雇では有り)は無し、このような筋書きのようです、もちろん、刑事被告人になったら民事の訴訟は停止します、これをねらって4,5人でペンギンのように、叩いて、叩いてと体でプッシュしてきます、

電鉄出向者たちのグループ会社カースト制を守ろうとする執着には辟易しています、いやはや、会社内で金メダル主義(出世競争)が行き過ぎると全員ペンギン(皇帝ペンギンのページをアップしました)になるのでしょうか、


→ 静かに折檻は相変わらず潜航中です







 2012年12月6日、公判が開かれ、次回証人尋問の日程が決まりました。一日で終わる予定のようです。

 被告:阪急阪神ビルマネジメント裁判

 来年の 2013年4月11日(木) 10:00~16:30 大阪地方裁判所 810号法廷

 どなたでも参加し、傍聴できるようです、ご都合がつくようでしたらご参加ください。






10月26日(2012年) 
「警告書」なるものが グル・タクラミック課長 によって社員の面前で読み上げられるという嫌がらせを受けました。

※ この課長は紛(まが)いもなくスナイプ用の特任出向社員でした。





追って、関連したテーマを大阪労働委員会へ提出した資料を掲載し、企業の恣意的運用の場面を描きたいと考えています、経営の自由権の保証と雇用面での恣意性は誰もが避けて通りたい問題でもあります、とてつもなく複雑で・・・

しばらくお待ちください、載せてみます。(2012年8月18日)






高齢者雇用安定 就業者を増やす視点必要 (琉球新報)

 60歳で定年に達した社員のうち希望者全員の65歳までの雇用確保を企業に義務付ける高年齢者雇用安定法改正案が、衆院本会議で可決、参院へ送付された。審議が順調に進めば今国会で成立する見通しだ。
  男性の厚生年金の受給開始年齢が、来年4月から段階的に引き上げられる。それによって離職者が無収入になるのを防ぐための措置だ。進展する高齢化を考えれ ば高齢者雇用の安定は必要不可欠であり、これを機に日本の雇用体制の在り方について国民全体で論議を深める必要があろう。
 現行法は労使が合意して基準を決めれば企業は継続雇用の対象者を選べるが、改正案ではこの規定を廃止する。継続雇用先の範囲も子会社から関連会社へ拡 大。対象者を選別できる基準の完全廃止を2025年まで猶予し、それまでは65歳より前に年金受給が始まった社員は選別対象とすることを認めた。
 年金の支給開始年齢までは、年齢を理由に解雇してはならないというのが先進国のルールになりつつある。日本国内でも企業の再雇用は一定程度進んでいるが、まだまだ不十分だ。再雇用されなかった退職者にとって、年金給付までの収入がない空白期間はまさに死活問題である。
 高齢化の進展で日本の60歳以上の人は約4100万人に上り、人口のほぼ3人に1人となっている。支給開始まで、希望者ほぼ全員が雇用を維持できる体制の整備は、いわば社会の要請でもある。
 一方で企業側からは「高年齢者を過剰に保護すると、若年者の雇用縮小につながる」との懸念も示されている。確かにその指摘は当てはまる部分もあるが、高齢者と若年者の雇用に偏りが生まれては元も子もない。両者の均衡をどう図っていくかは大きな課題だ。
 少子高齢化で労働人口は減少傾向にある。経済拡大を図るには、いかに就労者の増大を図るかが重要だ。それが給与所得者を増やすこと、ひいては消費の拡大にもつながる。
 定年した多くの高齢者は経験、技術を持つ。彼らを貴重な戦力と捉え、企業発展に生かしていく戦略も求められる。ワークシェアリングや賃金体系の在り方など、労使双方が就業者を増やすという長期的な視点に立って雇用問題を考えていくべきだろう。


私は昭和28年生まれで該当者です。無年金失業者への瀬戸際でした。
まだまだ油断はできません。 皮肉なもので、同世代の社長との椅子の奪い合いになっています、もちろん収入格差は比ではありませんが・・・、経団連も同じジレンマを抱えています、私レベル5人と社長一人との選択の問題です・・・・





ページのメインイベントである、「高齢者再雇用制度規程」(阪急阪神ビルマネジメント株式会社、2011年1月1日制定)、ようやくアップする精神的余裕ができました。
この案件につきましては筆鋒鋭く迫ってみます。(2012/03/10-16:16)

国の公務員に対する考え方も揺れているようで、なかなか、熱い栗を拾うような難しさがあるようです。

公務員の定年延長見送り=再任用を拡充-政府

(2012/02/28-18:17)
毎日新聞 2012年2月16日 2時31分


このように立て続けに報じられています。さて、話を元に戻しますが、阪急阪神グループでは原理的に出向者と子会社採用のプロパーでは扱いが違います。このことは「人事の公平」で扱っていますが、このことを念頭に置いて以下の文献をお読みください。また、恣意的にある部分をフォーカスし、拡大解釈しているというご批判があるとしても、それは出向協定を開示しない(常に評価、判定する側として登場)グループの監査システムに問題があるので、このことも含みおき下さい。

また、くどいようですが、本再雇用制度規定はプロパー側から読み直すと、「はやく辞めてくれ」、の一語につきます。この部分を改善できないかが本ページの論調です。


「高齢者再雇用制度規程」---------部分引用

(採用手続き)
第 5 条
 再雇用者の採用手続きは、次の各号の順序を経て行う。
   (1)満58歳を迎えた年度末までに、本人の意思を書面で確認する。
(先日2012年3月7日にグループから講師が来て、ライフプランセミナーが開かれまた。  約30人ほどが参加し、対象は昭和27,28年生まれの方々のようでした)
(2)定年退職の6ヶ月前に、第6条の要件基準により審査する。
(3)審査後、速やかに審査結果を本人に通知し、採用の場合は面談により条件等     を通知し、最終判断および確認をする
  2.前項の最終意思決定後、再雇用(定年退職)までに本人から辞退する場合、退職   する最低3ヶ月前までに書面により意思表示を必ず行うこと。

(採用基準)
第 6 条
 再雇用対象者の選定については、次の各号の要件基準を総合的に勘案して決定する。
   (1)意思・意欲
     ① 労働する意思ならびに意欲があること
   (2)能力
     ① 担当する業務に必要な能力を発揮できること
   (3)勤務態度・評価
     ① 再雇用時に自己都合休職、傷病休職、起訴休職に該当しないこと
     ② 再雇用時の直近10年間に減給以上の懲戒処分がないこと(ただし、管      理監督責任は除く)
     ③ 再雇用時の直近5年間に遅刻、早退、無断欠勤が5回以上ないこと
     ④ 再雇用時の直近5年間の出勤率が90%以上あること
⑤ 再雇用時の直近5年間の評価がC以上で、かつB以上が2回あること
   (4)健康状態
     ① 体力面・健康面で支障のない状態であること
     ② 再雇用時の直近3年間の健康診断を全て受診し、いずれも就業に支障が      ない旨の産業医の診断を受けていること
  2.前項第3号⑤について、現行評価制度における評価が5年間に満たない場合、    「直近5年間の評価」には、旧制度による評価も含める。

---------引用終了


い字の部分は筆者が意図的に記載しました。の項目は、論理的にBの平均レベル以上は出向者へのお土産(出向元へ無事帰還、悪くても片道様、武者修業の実績を証明するような配慮、そうしないとグループ本体の人事を維持できない)となっていて、プロパーはいかに正社員であっても出向者以下が既定の評価になります。残り僅かなC、D(上からS A B C D)を分け合うことになります。

辛辣な表現をお赦(ゆる)しいただくとして、愚(おろ)かなシステムです。武者修行を装い、ローカルなプロパーを叱咤激励し実績を上げる、時には掠(かす)め取る、その技に長けた人物が電鉄の本体に戻り、また搾取を繰り返す。プロパーは赤土(あかつち、関東ローム層、痩せた土地だそうですが、それでも痩せた土地(雇用)にしがみつきたいのが心情)ですか。


昨年、筆者はDを頂きました。もうすぐ、書面で正式に再雇用の意思を確認する時期が近づいています。意味があるのか疑問に感じながら、申請してみます。





「同僚のいじめ」も…職場のパワハラ6類型 厚労省 

2012/1/30 20:10
 日本経済新聞


部分引用----------------------------------------------------

職場のパワーハラスメントに当たりうる行為 

身体的な攻撃暴行、傷害
精神的な攻撃脅迫、名誉毀損、侮辱、ひどい暴言
人間関係からの切り離し隔離、仲間外し、無視
過大な要求業務上不要なことや遂行不可能なことの強制、仕事の妨害
過小な要求能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じる、仕事を与えない
個の侵害私的なことに過度に立ち入る

 パワハラに当たる行為を整理したのは初めて。報告書を受け、同省の専門家でつくる会議は3月をめどに、予防や解決に向けた提言をまとめる。

 報告書では、職場のパワハラに当たりうる行為について、(1)暴行などの「身体的な攻撃」(2)侮辱や暴言などの「精神的な攻撃」(3)無視などの「人間関係からの切り離し」(4)不要な仕事の強制などの「過大な要求」――など6つに分類した。

 職場のパワハラは「業務上の指導と線引きが難しい」との声があり、報告書は(1)~(3)以外のケースでは「業務上の適正な範囲」であれば本人が不満に感じてもパワハラには当たらないと指摘。企業や職場ごとに範囲を明確にすることが望ましいとしている。

 また、上下関係を示す職務上の地位だけでなく、人間関係や専門知識などを背景にした嫌がらせなどもあることから、同僚同士や部下から上司に対する行為も「パワハラ」とするよう提案した。

 対応策としては、まず企業がパワハラをなくす方針を明確に打ち出すことを求めた。具体的には企業トップが従業員へメッセージを出したり、労使協定を結んだりすることなどを挙げている。

 厚労省によると、全国の労働局に寄せられた職場のいじめや嫌がらせに関する相談件数は2002年度は約6600件だったが、10年度は6倍の約3万9400件に急増している。


引用終----------------------------------------------------


ようやく職場でのパワハラの存在に指針が出されました。
今後はどう対策するのか、被害者への救済などするべきことが山ほどあります。
中でも目を引くのは「過大な要求」、「過小な要求」でしょうか、モノサシ議論が沸騰しそうです。

私としては、7番目に加えて頂きたいのが「共謀は無かったか」(背後に共謀があると、人事異動の後でも姿形を変え無限にパワハラが続くことがある)、通常、組織対個人のケース(人間関係からの切り離し)が多いように見受けられるので、見過ごせないポイントかと。




2011年12月26日

答弁書を掲載しました。
パワハラ阪急 裁判 阪急>阪神 

阪急阪神グループのパワハラ裁判のブログ

の第一章の 「訴状」 と対比して頂くと、訴訟の姿が浮かび上がると思います。




急阪神ビルマネジメント 再雇用規程 の問題となる評価フィルターの原文を掲載しようと思います。今、不手際から手元に用意し忘れたので、しばらくお待ちください。



それまでは、ゼンセン同盟の記事を引用させて頂きます。

繊維や化学、流通、食品などの労働組合で構成する「UIゼンセン同盟」は19日、2012年春闘の要求方針案に、定年を満65歳とする制度の導入を盛り込むと発表した。厚生年金の支給開始年齢の引き上げを踏まえ、遅くとも25年度までに全加盟組合で実現するよう求める。

 賃上げ要求については、年齢や勤続年数別の賃金目標に達していない組合は、定期昇給の確保に加え1人平均1%基準、少なくとも1500円以上を要求する。また一時金は、正社員組合員で年間4.8カ月基準を求める。


働組合のこのような要求に対して、国側、厚労省、経営側、日経連などが組んずほぐれつバトルが開始されるのでしょう。一方、グループでは、国の要請をうけ、経営側の意見を斟酌(しんしゃく)し、阪急、阪神双方の組合(大本営直下の両電鉄組合)が落とし所を模索するのでしょう。

子会社の阪急阪神ビルマネジメントには旧阪急ファシ(約200名)、旧阪神エンジ(約300名)の両組合併立し、親会社の持株比率も50%の対等な関係の下(もと)、組合統合協議会を結成したようです。これまでの経緯では阪急サイドが阪神サイドを吸収合併したこともあり、組合を吸収合併するとどうなるのか、興味津々で観察してゆきます。 人事の公平(平等) サイトでの記事も参考にして下さい。






















































記例証とは別に、再登場願うのですが、「私設警察」を示す良い例がこのイメージです。これも奇跡と名付けた理由のひとつです。

奇跡のスーパーショットパワハラ阪急 裁判 新阪急ビル前での抗議行動 管理職ユニオン・関西 2011年12月9日 写真3

パワハラ阪急 抗議行動の記録 阪急阪神ビルマネジメント のページでいきさつや詳細を説明しました。



う一つ、この「私設警察」、すなわち監査システムが担う役割に、上記規程に書かれた(合法的と思われる懲罰)、注意、厳重注意、訓告、戒告、・・・たくさんあります。そしてさらに、始末書に至らない軽微な懲罰の道具として、イジメ・パワハラ・モラハラ等どちらかと言えば非合法(長期に渡る場合精神的ダメージが大きい)に近い嫌がらせがメニュー(因習となり習慣化された闇のメニュー、別名ナアナア人事とその評価)に登場します。こういった背景のもと、今回阪急阪神グループのパワハラ裁判が提起されたことにも関連があります。

パワハラ裁判のブログでも取り上げたのですが、これら闇のメニューは多くの困難が伴いますが、共謀を暴く以外に改善の方法がありません。あまりにも深く広く長期にわたり、空気のようにイジメ空間が存在したので、それ用に特化、進化あるいは適応したアラフォー世代が散見されます。これら想像を絶する組織への忠誠ぶりには驚かされます。社長がこのときの共謀に加わっている場合(ヒットマンの構造から実証は普通では不可能、また大王製紙に近い現象)、彼ら、適応したアラフォーは鬼の首でも取ったみたいに白を黒と言い張ります。まさに、業(ごう)のなせる技としか言いようがありません。
アラフォーをことさらあげつらうつもりはありません。団塊世代の後を、日本を支える主力世代なので取り上げただけです。団塊世代にもそれはそれで光と影がありましたし。


関連のある報道記事です。


37歳父「仕事に悩んで」1歳長男10階から落とす


37歳父「仕事に悩んで」1歳長男10階から落とす

10階から1歳男児落とす 現場マンション
 男児が地上に転落したマンション 
Photo By 共同 

 東京都江東区木場2丁目の12階建てマンションで15日、10階の部屋から男児(1)が地上に転落した。警視庁深川署は、窓から男児を落とし、殺害しようとしたとして、父親で大手ゼネコン鹿島社員の橋本真吾容疑者(37)を殺人未遂の疑いで逮捕。男児は約30メートル落下したが、植え込みがクッションとなり、擦り傷を負った程度で命に別条はなかった。 

 橋本容疑者の逮捕容疑は自宅寝室の窓から長男を落とし、殺害しようとした疑い。深川署によると「殺そうとして両手で長男の首を絞め、窓から落としたのは間違いない」と容疑を認めている。

 落下地点には高さ約50センチの植え込みが広がっており、長男は顔に擦り傷を負った程度。目撃者は「血を流してるようにも見えないくらいだった」と証言した。同署によると骨折なども見られず、検査入院した病院では、元気よく泣いているという。

 ただ、落下地点から約30センチ先は通路。ずれていたら大事に至る可能性があった。また、約1メートル離れた地点には、枝が上に向いた枯れ木が立っている。木は、犯行現場の窓に向かって右側に設置されているベランダの真下にあり、ベランダから落とされていたら、深い傷を負った可能性もある。

 橋本容疑者は妻(38)と長女(4)、長男の4人暮らし。家族は「仕事上の悩みを抱えていたようだ」と話している。

 最近は様子を心配した橋本容疑者の母親と、妻の母親が交互で泊まっていた。犯行時刻の午前9時ごろは、妻は長女を幼稚園に送りに行き、前日から泊まりに来ていた妻の母親はコンビニに買い物に出ていたため、家には橋本容疑者と長男の2人だけだった。

 橋本容疑者は長男を落とした直後に「子供を殺した」と自ら110番。取り調べには淡々と応じているものの、深川署は精神鑑定をして刑事責任能力の有無を調べる方針。

 マンションはゼネコン大手の鹿島の社宅で、東京メトロ木場駅から北西約300メートルのビルが立ち並ぶ一角にある。

    [ 2011年12月16日 06:00 ]

    本事件の捜査には橋本容疑者の職場の人間関係も重点的に証拠調べ(イジメに共謀がなかったか、グルミかどうか)をお願いします。深刻なパワハラが無ければ一人の人間がここまで崩れません。それにしても、長男は強運です。大人になってからのケアも心から希望します。


    悍(おぞま)しくも衝撃的だったのは、語弊があるのを覚悟して、あえて例えると、幸い死者は出なかったのですが、「自殺よりも重い罪」だったからです。いったい世の中にこんな悲劇があるものでしょうか。