Altium Workshop memo

1. ライブラリ作成

ピン配置(回路図ライブラリ)
    ・tabキーでプロパティ画面を開く
    ・デシグネータをPCBライブラリと合わせる
    負理論を書くときには\を使う

ライブラリのボディの配置(回路図ライブラリ)
    ・「四角形の配置」でボディを描画する
    ・そのままだと印刷した時にピン名が隠れてしまうので,ボディを最背面に移動することで防ぐ
        編集 -> 配置 -> 最背面へ

異形PADの作成方法(PCBライブラリ)
    フィルや,ラインで肉付けをしてパッドを作成
    レジストのレイヤーにも,同様の形状を作成する

    ボードデザイン画面で,デザイン -> ネットリスト -> 配線パターンネットリスト作成
    で,ショートしている部分が,同一のデシグネータに設定される(自動)

(補足:実際は,同一デシグネータであればすべて接続されるため,複数のPadを並べてもよい
 参考:この方法で作成した異形PADの画像)



2.回路図作成

Schema editor : 1グリッドは 1/10 inch
ドキュメント オプション -> パラメータ
で,各種パラメータを変更できる

配置 -> テキスト で,設定したパラメータを選択

コメントの部分に定数を表示するには,=valueを選択

部品の反転:x, yキーでできる
Ctrlドラッグで,配線が接続されたまま移動できる
ワイヤカットで,配線を切ることができる
(幅は,スペースで切り替え)

バス配線
連番は,バス配線A[1..4] のように名前を書く
連番でない場合はハーネス
他の回路図に線を移動するときには,ポート

プロジェクトオプションに,設定あり
 配線範囲の指定で,階層で引くのか

レイアウト情報を回路図上で指定することができる
イラスト埋め込み可

ペーストアレイ
エラー表示のときのズームサイズも,設定可能
ツール -> プリファレンス

変更前・変更後のタブが表示されている

Net
「プロジェクトのネットリスト」でネットリスト吐き出せる

BoM
「分類する列」に「すべての列」からドラッグすると,まとめられる

(保存されているフォルダが違うと,アイコンにフォルダの絵が出る)


3.ボード作成

PCB Editor
Shift+Sで,単一レイヤー表示か,マルチかを切り替えられる

テンキーの*でViaおける
TrueTypeFontで日本語

イラストのインポートをするスクリプトがある.


ルール,特定のネットのみクリアランスを変化させることができる
デザインルール,入出力できる

部品の配置レイヤー:Lキーで切り替え

Alt-E -> N で部品を選択できる(選択)

インタラクティブ配線時には
Shift-Rで,配線の押しのけが有効になる!

ポリゴン:
ソリッドが(今どきの)メインらしい...
@キーで,配線中に使用可能なコマンドが表示される

部品にフィデューシャルを置くことができる.



4.おまけ
昔作ったデータを添付しておきました(某ロボットのボールセンサ没ボード,Seeed の FusionPCB に発注実績あり).
簡単な回路ですが,デザインルール指定などの部分が,最初の導入で参考になるかも知れません.
(なお,ポリゴンはソリッドではなくトラック/アークで作成しています)


ċ
BallSensor.PcbDoc
(985k)
munefumi nakata,
2012/01/09 6:59
ċ
BallSensor.PrjPcb
(43k)
munefumi nakata,
2012/01/09 6:59
ċ
BallSensor.SchDoc
(179k)
munefumi nakata,
2012/01/09 6:59
Ċ
munefumi nakata,
2012/01/09 7:47
Comments