第九回多感覚研究会




今年度の研究会では、特別企画として錯覚の大展覧会を開催します。
多数のデモ展示や竹内龍人先生(日本女子大学)による特別講演を予定しています。
皆様の参加をお待ちしております。



共催・併催

熊本大学人文社会科学系国際共同研究拠点
URCF クロスモーダルWG
 



・一般発表(ポスター・デモ)の申し込みは11月24日(金)17日(金)(※延長しました)までに参加・発表申し込みにてお願いします。
・懇親会に参加される場合には12月15日までに参加・発表申し込みにて登録をお願いします。
・発表をせずに参加のみされる場合には、参加登録は不要です。

錯覚の大展覧会での出展を広く募集しております。11月17日(金)までに申し込みフォームにてお申し込み下さい。

多感覚研究会とは?

異なる学会に分散しがちな多感覚研究に携わる人々が集まる機会をつくることで,知見の共有,議論と連携の促進,多感覚研究全体の活性化を目指します.心理学,生理学,神経科学,工学,発達などの様々な研究分野から,多くの方々の参加をお待ちしております.

日時

2017年12月17日(日)〜18日(月)

プログラム暫定版

            ---------------------------------------

12月17日(日)
11:40-             受付開始
12:00-15:00 錯覚の大展覧会(五感の錯覚からわかる心のしくみ)
13:00-13:30 錯覚についての招待講演:竹内龍人先生
15:30-16:30 チュートリアル講演(積山先生)
16:30-18:30 ポスター&デモ発表
19:30-21:30 懇親会(trattoria COCO 上乃裏通)

      ---------------------------------------

12月18日(月)

09:00-             受付開始
09:30-11:00 クロスモーダルデザインワークショップ
11:15-12:15 チュートリアル講演2(鳴海先生)
12:15-13:15 昼食
13:15-15:15 ポスター&デモ発表
15:15-             閉会挨拶
            ---------------------------------------

場所

熊本大学 くすの木会館(黒髪北キャンパス)

>> マップ・交通アクセス: http://www.kumamoto-u.ac.jp/campusjouhou/access
  • 熊本市内中心部「通町筋(とおりちょうすじ)」からバスで約10分
  • JR熊本駅よりバスで約25分

研究会としての宿の斡旋等は行いませんので、宿泊される場合は各自にて手配をお願いいたします。

発表申し込み

  • 参加費は無料です。
  • 一般発表(ポスター・デモ)の申し込みは11月24日(金)17日(金)(※延長しました)までに参加・発表申し込みにてお願いします。
  • 懇親会に参加される場合には12月15日までに参加・発表申し込みにて登録をお願いします。
  • 発表をせずに参加のみされる場合には、参加登録は不要です。

チュートリアル講演

積山薫先生(京都大学)

「逆さの視野への知覚的順応:視覚運動学習を超えて」

鳴海拓志先生(東京大学

多感覚知覚が作り出すリアリティ」

クロスモーダルデザインワークショップ

URCFクロスモーダルWGとの共催でクロスモーダルデザインワークショップを開催します。

テーマ:「多感覚知覚と機械学習」

講演者:嵯峨智先生(熊本大)
講演者:澤山正貴先生(NTT CS研)

>> URCFクロスモーダルWG ウェブサイト

錯覚の大展覧会

特別企画として、錯覚の大展覧会を開催します。多数のデモ、錯視研究の第一人者による招待講演など、イベント盛りだくさんです。

日時:2017年12月17(日) 12:00~15:00(予定)

招待講演

竹内龍人先生(日本女子大学)


一般発表

発表形式

ポスター発表及びデモ展示

(1) ポスター発表のみ、(2)デモ展示のみ、(3)ポスター発表とデモ展示両方、のいずれか選んでください。

※少しでも議論の時間を長くとるために、原則、2日間両日での発表をお願い致します。

発表申込方法

  • 一般発表(ポスター・デモ)の申し込みは11月24日(金)17日(金)(※延長しました)までに参加・発表申し込みにてお願いします。

発表申込締切

11月24日(金)17日(金)(※延長しました)

発表内容

ポスター発表 既に発表されたもので構いません。印刷してあるポスターを持ち寄って、つっこんだ議論をする機会にしたいと思います。複数の発表も歓迎します。視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚などの組合せに関するもの、感覚と運動の組合せ、様々な共感覚、視覚/聴覚障害者の感覚特性や感覚代行など幅広い分野からの発表をお待ちしております。なお、今回の多感覚研究会ではポスター発表に併せて現象のデモンストレーションを推奨します。

デモ展示 今回の多感覚研究会では多感覚統合や異種感覚相互作用に関連するデモンストレーションを募集します。有名な現象でも、実際には経験したことがないことはよくあります。特に多感覚の現象を再現するには手間がかかることもありますので、みなさんが持っている現象を持ち寄って体験する機会を作りたいと思います。ラバーハンドや腹話術効果、マガーク効果など古典的なものから、あまり知られていない多感覚現象まで、ご自身の発見したものでなくても構いません。実際にいろいろな現象を体験することは、研究の進展につながることでしょう。デモ用機材の持ち込みなどに関してはお申し込み時に、要旨等と一緒にご相談ください。


懇親会

  • 12月17日(日)研究会終了後に懇親会を行います.ぜひご参加ください。
  • 懇親会に参加される場合には12月15日までに参加・発表申し込みにて登録をお願いします。

会費 未定


お問い合わせ

multisense.japan(at)gmail.com / (at)を@に変更して送信してください

過去の研究会

第一回多感覚研究会
第二回多感覚研究会
第三回多感覚研究会
第四回多感覚研究会
第五回多感覚研究会
第六回多感覚研究会
第七回多感覚研究会
第八回多感覚研究会

日本基礎心理学会研究活動助成

第九回多感覚研究会世話人会

世話人(五十音順)
金山範明 (広島大学)
北川智利 
杉田陽一 (早稲田大学)
高木幸子 (常磐大学)
高橋康介 (中京大学)
田中章浩 (東京女子大学)
寺本渉 (熊本大学)
藤崎和香 (産業技術総合研究所)
和田有史 (立命館大学)

Comments