第10回多感覚研究会


本年度の第10回多感覚研究会は東北大学にて開催されるTohoku Universal Acoustical Communication Month 2018内のサテライトイベントMultisensory Seminarとの共催です。 

Tohoku Universal Acoustical Communication Month 2018の詳細は公式ウェブサイトを御覧ください。


共催・併催

URCF クロスモーダルWG
 



  • 研究会ポスター
  • 研究会プログラム

多感覚研究会とは?

異なる学会に分散しがちな多感覚研究に携わる人々が集まる機会をつくることで,知見の共有,議論と連携の促進,多感覚研究全体の活性化を目指します.心理学,生理学,神経科学,工学,発達などの様々な研究分野から,多くの方々の参加をお待ちしております.

日時

2018年10月20日(土)〜 22日(月)

場所

東北大学片平キャンパス

研究会としての宿の斡旋等は行いませんので、宿泊される場合は各自にて手配をお願いいたします。




ポスター発表

今年のポスター発表は、 Mind Seminarポスターセッションとジョイントセッションとなります。

Mind Seminarポスターセッションにご応募される方で、 7/16までにCV,アブスト,予稿等を出してもらった若手研究者は旅費,参加費をMind Seminar事務局が支給するアワードの選考対象になります。また上記の対象者ではない場合でも、7/31までに登録された方はMind Seminarでのシンポジウムにおいても発表の機会が得られます。

Mind Seminarでのポスターセッションに応募をご希望の方は以下のUACのURLからご応募ください。

一方で多感覚研究会内のポスターセッションの応募は例年通り約一ヶ月前を締切とする予定です。

Mind Seminarとの共催につき、外国人の研究者の方が見に来られる場合もありますので、英語のポスターを推奨していますが、英語・日本語どちらのポスターも受け付けています。英語で発表がまだできない学生でもご応募ください。



Tohoku Universal Acoustical Communication Month 2018 関連情報

主催者からの案内文

東北大学では本年10月に,東北大学知の創出センター,NICT等の支援により,Universal Acoustical Communicationに関する行事を連続開催いたします。

中核は10月22~24日開催の国際シンポジウムです。こちらでは基調講演およびポスター発表セッションを開催します。また,その前後に多感覚知覚(多感覚研究会と共催),音声・音楽情報処理,聴覚音声知覚情報処理,音空間知覚と応用に関する4つのセミナーを開催します。

これらのイベントでは,John Culling,Craig Jin,Fred Juang,Birger Kollmeier,Charles Liberman,Brian Moore,Charles Spence,William Yostら,国外の先端研究者20名以上と,ほぼ同数の国内研究者による講演を予定しています。

セミナーの参加は無料ですが,事前登録が必要です。またセミナーへの参加者はシンポジウムの参加登録費が減額になります。

ポスター発表をお考えの皆様におかれましては,7月31日までに,200語以下の要約をUAC2018ウェブサイト(http://www.tfc.tohoku.ac.jp/program/2153.html)よりご登録ください。その後,8月17日に審査結果をお知らせいたします。

お申し込み手続きの詳細に関しましては,下記リンクよりご確認ください。


更に,国内外から24名の若手招待講演者を公募によりご招待する仕組みも設けました(応募〆切7月16日)。


ご不明な点につきましては,UAC2018組織委員会 uac2018@riec.tohoku.ac.jp までお問い合わせください。多くの方の発表と参加をお待ちいたします。

オーガナイザ代表 鈴木陽一(東北大学)
プログラム委員長 赤木正人(JAIST)


お問い合わせ

multisense.japan(at)gmail.com / (at)を@に変更して送信してください

過去の研究会

第一回多感覚研究会
第二回多感覚研究会
第三回多感覚研究会
第四回多感覚研究会
第五回多感覚研究会
第六回多感覚研究会
第七回多感覚研究会
第八回多感覚研究会
第九回多感覚研究会

多感覚研究会のあゆみ

日本基礎心理学会研究活動助成

第10回多感覚研究会世話人会

世話人(五十音順)
金山範明 (産業技術総合研究所)
北川智利 (立命館大学,吉賀心理学研究所)
坂本修一 (東北大学)
高木幸子 (常磐大学)
高橋康介 (中京大学)
田中章浩 (東京女子大学)
寺本渉 (熊本大学)
藤崎和香 (日本女子大学)
和田有史 (立命館大学)

Comments