わらしべ長者




わらしべ長者



むかしむかし、ある若者が、お寺で観音様(かんのんさま)にお願いをしました。
「どうか、お金持ちになれますように」
 すると、観音様が言いました。

「ここを出て、始めにつかんだ物が、お前を金持ちにしてくれるだろう」
 喜んだ若者は、お寺を出た途端、石につまずいてスッテンと転びました。

 そしてそのひょうしに、一本のわらしべをつかみました。

「観音様がおっしゃった、始めにつかんだ物って、
 これの事かなあ? とても、これで金持ちになるとは思えないが」
 若者が首をひねりながら歩いていると、プーンと一匹のアブが飛んできました。
 若者はそのアブを捕まえると、持っていたわらしべに結んで遊んでいました。
 すると向こうから立派な牛車(ぎっしゃ)がやって来て、
 中に乗っている子どもが言いました。

「あのアブが、欲しいよう」
「ああ、いいとも」
 若者が子どもにアブを結んだわらしべをあげると、
 家来の者がお礼にミカンを三つくれました。

「わらしべが、ミカンになったな」

 また歩いていると、道ばたで女の人が、喉が渇いたと言って苦しんでいます。
「さあ、水の代わりに、このミカンをどうぞ」
 女の人はミカンを食べて、元気になりました。
 そしてお礼にと、美しい布をくれました。

「今度は、ミカンが布になったな」

 若者がその布を持って歩いていると、ウマが倒れて困っている男の人がいました。
「どうしました?」
「ウマが病気で倒れてしまったのです。町に行って布と
 交換(こうかん)する予定だったのに。
 今日中に布を手に入れないと、困るのです」
「では、この布とウマを交換してあげましょうか?」
 若者が言うと、男の人は大喜びで布を持って帰りました。
 若者がウマに水をやったり体をさすったりすると、ウマはたちまち元気になりました。
 よく見ると、大変立派なウマです。

「今度は布が、ウマになったな」

 そのウマを連れて、また若者が歩いていると、
 今度は引っ越しをしている家がありました。
 そしてそこの主人が、若者の立派なウマを見て言いました。
「急に旅に出る事になってウマが必要なのじゃが、
 そのウマをわしの家や畑と交換してもらえないかね」
若者は立派な家と広い畑をもらって、大金持ちになりました。
一本のわらしべから大金持ちになったので、
みんなはこの若者を『わらしべ長者(ちょうじゃ)』と呼びました。


わらしべ長者のストーリー、あらすじ、伝説・諸説を紹介しています。

●わらしべ長者にまつわる その他の伝説・諸説