I'm a Christian so I feel i have to tell the people I care about the way to get to heaven. Please read it and give it some thought.

この文章を書いて いるのは私が皆さんのことを心から気遣っているからであり、人々が死んだ後、どうなるのかを考えることは非常に重要なことだと思って いるからだということを分かってください。これは私たちが好んで考えようとすることではありませんし、居心地の悪い思いを することになるかもしれませんが、すべての人が死ぬという事実がある以上、これは考えなければならないことだと思うのです。

私 たちが問わなければならないのは、「もし聖書が語ることが真実であるならば、死んだとき私はどうなるのだろう?」という質問です。聖 書は私たちが地獄に行くか天国に行くのかのどちらかだと教えています。一体私たちはどちらに行くのでしょう。あなたは天国に行くこと ができるほど善良な人物でしょうか?これらの質問を私たちは自分自身に問いかけなければなりません。聖書はこの質問の回答に関して客 観的な基準を与えてくれています。それは十戒と呼ばれるものです。たとえば「殺してはいけない。盗んではいけない。偽りを言ってはい けない。姦淫を犯してはいけない。常に神を第一としなければならない。」などです。あなたは嘘をついたことがありますか?私はありま す。もしあなたが嘘をついたことがあるならば、それはあなたをどのような人物にさせるでしょう?あなたは嘘つきになるので す。あなたは盗んだことがありますか?もしあなたが盗んだことがあるなら、あなたは盗人です。人を殺したことがありますか?ほとんど の人が「そんなことはない」というかもしれませんが、神は人の心の動機を吟味すると聖書は教えています。つまり、あなたは 憎しみを持つなら、神はあなたが心で殺人を犯しているのを見ているのです。これは十戒のうちの3つです。あなたはこれらに どう答えることができましたか?聖書は、すべてを創造された神は正しい裁き主で、必ず罪を犯した者(神の律法を破った者)を罰する方 であることを教えています。ですから、もしこれが事実なら、神は罪を犯した者たちを地獄に送らなければなりません。悪い知 らせだと思いませんか?けれどもそこには良い知らせもあるのです。2000年ほど前、神はイエス・キリストとして人の姿を取ってこの 地上に来られ、あなたの罰を十字架上で死に、3日目に死に勝利してよみがえられたことによって取り除いてくださったので す。それはまるであなたが法律を破ったことによって100億円の罰金を科せられたようなものです。あなたには罰金を払うか、罰 金を払うことができないために刑務所に入るという2つの選択しかありませんでした。しかし、裁判長が宣告を下す前に、ひとりの人が やって来てあなたの代わりに100億円を支払い、法律の規定を満たすことによってあなたを自由にしたいと申し出たのです。聖書は、あ なたの罰金を払ったこの人物こそがイエスだと告げます。神に対して罪を犯し続けていたにもかかわらず、神はあなたを愛してくださり、ご 自身を十字架に付けてあなたの支払わなければならない罰を代わりに受けてくださったのです。そこであなたにとって最も重要な質問は、私 の罰のために支払われたイエスの死を私はどのように受けることができるのかということです。神は自分たちの罪を告白し、それを捨て、 イエス・キリストだけを信じる者に永遠のいのちを約束しています。あなたは悔い改めなければなりません。この悔い改めとは、神 に同意して私たちが全く良い者ではないことを認め、神に背くことであるあなたの罪から立ち返る(罪を行うことを憎む)ことです。そ してイエスに全信頼を置くのです。彼の身代わりの死があなたの罪の罰を支払うのに十分であることを信じるのです。これらのことを考え てみてください。どうかこのことを考えずに明日を迎えることがないようにしてください。なぜなら、明日があることは誰にも 約束されていないのですから。