Conductor








山田 桂三


 1937年京都出身。京都市交響楽団・ABC交響楽団・NHK交響楽団にホルン奏者として35年間在籍。その間アウロス木管五重奏団をはじめ、室内楽、ソロプレイヤーとして活動する。近藤秀麿氏、斉藤秀雄氏をはじめカール・チェリウ氏ウィルヘルム・シュヒター氏から習い修めた指揮法・室内楽演奏法及びオーケストラ育成のノウハウを元に、オーケストラや吹奏楽団の育成に励み、卓越した音楽性と指導力に、各方面から注目を集め、その活躍に大きな期待を寄せられている。