ホーム

利用してこそ「資源」

人類が快適に生活するためには「原・材料」は不可欠です。

地球環境の劣化と資源の枯渇の両問題に直面している今、生命力によって持続的・省エネルギー的・環境保全的に生産される生物資源を利用・廃棄・再生するシステムの確立が強く望まれています。

言うまでもなく、その生物資源の主役は森林がもたらす恵みである「木質資源」です。

そこで、木材の持つ強靱さや和やかさなど多用な材料機能を研究するだけでなく、樹木の成長にまでさかのぼり、形成層活動のしくみや形成された木部の組織構造、さらには最終用途に適した高品質の材を生産するために、遺伝や環境要因と木材性質を関連づけて科学しています。


内容 (Contents)

2020.2.13,14 平成31年度修士・卒業論文発表会が行われました。

2019.7.31 Jerryの修士論文発表会が行われました。

2019.2.14,15 平成30年度修士・卒業論文発表会が行われました。

2018.10.1 九州大学農学部開校@伊都キャンパス

2018.8.4 九州大学オープンキャンパスが行われました。

2018.7.31 研究室伊都キャンパス移転完了

2018.7.20 Doanの学位請求論文公聴会が行われました。

2018.2.14,15 平成29年度修士・卒業論文発表会が行われました。

2017.9.4 Doanの博士論文中間報告会が行われました。

2017.8.6 九州大学オープンキャンパスが行われました。

2017.7.21 Edwardの学位請求論文公聴会が行われました。

2017.5.19 福岡演習林早生樹試験地にて下草刈り&芽かきが行われました。

2017.4.22 樹木利用学実験の実習が行われました。

2017.3.19 木材学会(福岡)が九州大学で開催されました。 松永さんがポスター発表をしました。

2017.3.24 卒業式と祝賀謝恩会が行われました。

2017.2.14 平成28年度卒業論文発表会が行われました。 松永さんと松本さんが発表しました。