3月26日(土) EasterのEgg Hunt

Post date: 2016/04/02 7:15:41

Egg Hunt

この日はEasterのイベントとして,Egg Huntを行った.隠れた卵を探して,拾い集めるイベントである.プラスチックの卵にキャンディーが入っているというのが,相場である.

研究室のアメリカ人に聞くと,Egg Huntではプラスチックの卵を使う.実際の卵は使わないということだ.

2箇所のEgg Huntに参加した.1つ目はスーパーのVonsである.2つ目はWestwood Recreation Centerである.どちらも参加費は無料である.年齢別に分かれている.

VonsでのEgg Hunt

VonsのEgg Huntは,事細かに年齢が区分けされている.そのこともあってか,息子の対象年齢の時間帯には3家族しかいなかった.

業務用冷凍庫の下側に人口の草をつめて,植木鉢を置いたりした.草や植木鉢の所に,卵が隠してある.子供しか入れないようなルール設定にしてある.

卵を入れる袋も店が用意してくれてある.その袋の中には,シールやらお菓子やら文房具が入っている.

うさぎのきぐるみを来た人(バニー)も歩いている.この辺りは,割と本格的なのかもしれない.

収穫した卵を開けてみると,やはりキャンディーが入っている.

Westwood Recreation CenterでのEgg Hunt

ホームページを見ると,時間の範囲は10:00〜13:00までと書いてあった.実際にはどのタイミングでやるのか分からなかった.12時頃に到着すると,まさに今から始めるという所だった.

ここのEgg Huntは100人規模で,かなり大規模である.こんなに人が集まるとは思わなかった.

ここでは芝生の中にプラスチックの卵が置いてある.その卵が置いてある領域は,ロープで仕切られている.この領域には,合図があるまで入れないようになっている.

合図があった後に入って,息子が卵を回収する.ところで卵の中身は空であった.説明が十分に聞けずに参加したので,この後どうするのか不明であった.

しばらく立つと行列ができていた.何かと思うと,空の卵とお菓子の交換場であった.Egg Huntは,変なものを食べなくても済むように,安全面でも結構管理されている.

アメリカならではのイベントであり,自分は初参加だった.このような文化を持って,運営しているということが,とても面白かった.