4杯閉会式場

2008年2月24日、衝撃的なソフトウェアであるMikuMikuDanceがニコニコ動画にて発表されました。
そのツールを使い動画制作を行い、それぞれの表現力・発想力を全力で出し、マイリスト数を競う大会、第4回MMD杯(MikuMikuDanceCup IV A NEW HOPE)。
参加者の知恵、努力、そして勇気と愛情が溢れた動画が、一斉に公開されました。
シンプルなソフトだからこそ成しえる発想の具現化、その祭典。
数多くの人を魅了した作品群とそのイベントを区切る、閉会式を行います。

一同、起立!(ぱんつは見せないように)
礼!(ぱんつは見せないように)
着席!(ぱんつは見せないように)


表彰 祝辞
  • ユーザー独自表彰について
  • 閉会の言葉

  • 表彰・閉会式動画


    大会データ

    テーマ 予選投稿数 予選投稿率 本選投稿数 本選投稿率
    1.「記念日」 22 15.82 % 47 22.27 %
    2.「世界」 55 39.56 % 69 32.70 %
    3.「M」 62 44.60 % 95 45.02 %
      総参加人数 205名
    エントリー総数 139 211
    総再生時間 1時間20分57秒 11時間42分29秒

    参考データ(毎杯集計締切時点)




    表彰

    (負荷軽減の為、ニコニコ動画サムネイルは表示しません。全作品一覧は第4回MMD杯予選集計結果一覧第4回MMD杯本選集計結果一覧からどうぞ)

    総合部門

    賞名 作品名 受賞者
    総合優勝 Chaining Intention【PV】 @まさたかP
    準優勝 ニコニコ天国と地獄 ポンポコP
    敢闘賞 ミクトラ ツブラヤP

    テーマ / 特別枠部門

    賞名 作品名 受賞者
    テーマ1
    「記念日」
    優秀賞 卓球 ネギ焼きP
    満員御礼賞 自作モデルで1万人ライブ 針金P
    ハートフル賞 恋練 in Xmas 山門P
    テーマ2
    「世界」
    優秀賞 春香さんにjubeat(天国と地獄)をやってもらった ああああ
    MMDxWORLD賞 すばらしき新-MMD-世界 riotmos-P
    無限連鎖賞 ドミノ 極北P
    テーマ3
    「M」
    優秀賞 東方でマイケル~Smooth Criminal~ danchoP
    ミニドラマ賞 休日のネルさん ドロヌマP
    モーション賞 ピアノ・レッスンで踊り あおれん
    特別枠 二重の喜劇賞 りんちゃんが独裁者 ハバネラP
    二重の喜劇賞 地球とダンス pepi
    春の新番組賞 コンペイトウ星【アニメOP風PV】 ショ大河P
    超効果賞 とある偶像の天海春香-HARUKA- 【デビュー2周年記念】 G様P

    選考委員部門

    賞名 作品名 受賞者
    ささくれ賞 papermoon 動画:koishi(wsP)
    絵師:アルカ
    セバスチャン賞 UTAU事件簿-All Starts are the "M"- inaphon(*二冠
    ノヤマコト賞
    Yumiko賞 ボーカロイドM-1ぐらんぷり ミクandハ ネコ耳P
    ニョホホ賞 にんぎょひめ【巡音ルカ】 ahiru
    ※ささくれ賞受賞のpapermoonについて、絵師のアルカ様のお名前が抜けておりました。訂正すると共にお詫び致します。
    受賞者の方へ
    各賞受賞の方は mmdcup@gmail.com (@を小文字に)までご連絡下さい。
    受賞記念の連絡事項がありますのでご協力お願いします。
    受賞なさった方には運営からメール送信またはにゃっぽんメッセを後日順次送信いたしますので、
    ご確認をお願いします。
    ※万が一不達の場合、迷惑メールで処理されている場合などが考えられます。
     ご迷惑をおかけしますが、その旨お知らせください(メール or にゃっぽん いずれでもかまいません)
     また作業を要するためにこちらからの返信に数日掛かる場合もありますので予めご了承下さい
    ユーザー独自表彰について
    第3回MMD杯でも紹介しました、ユーザーが独自に表彰動画を作るための静止画・動画セットを配布します。
    MMD杯公式とほぼ同じような形式で作れると思います。
    テキストの貼り付け、動画の縮小はめ込み、mp4の変換、動画編集などのスキルが必要ですが、是非ともチャレンジしてみて下さい。
    公式では表彰しきれなかった作品などをどんどん紹介してください。
    第4回MMD杯ユーザー表彰セット
    http://loda.jp/mmdfile/?id=13
    こちらから入手してください

    祝辞

    第4回MMD杯の選考委員および、MikuMikuDance製作者の2名の方から閉会式に向けていただいたコメントです。
    ※ 内容は基本的に原文ママです。

    選考委員


    ささくれUKさん からのコメント

    選考作品について 
    うおお1作品だけセレクションって難しい!!
    主催者さん、1 0 作 品 くらい選ばせてくれませんか…? ※帰れ

    素敵な作品ばかりで非常に悩みました…
    実は4作品ほど候補に挙げていたのですが、1つだけ挙げるとしたらとゆことで
    色々な意味で印象深かったこの作品をセレクションしました。

    というのも、昔MMDを弄っていた時に(途中で挫折しましたが…orz)、ペラペラ人形みたいなのを作って紙芝居みたいにくるくる動かしたら面白い動画が出来るんじゃないかしらーなんてひとり漠然と僕の中でくすぶっていたアイデアがあったんですよー!
    、、で、この作品…!
    もうジャストでそのイメージが素晴らしい感じにフィーチャーされていて、なんとゆかビックリというか不覚にも自分の事のようにドキドキしてしまいました。
    これって恋かしら。(笑

    それにしてもこの手法を本選にあえてぶつけてくる心意気。しゅてき。
    アイデアもさながら素材ひとつひとつに空間処理のセンスを感じます。
    作品の持つ独特の"世界"。
    映像作品としてもとてもレベルの高い作品ですね、、(*ノノ)
    楽曲の持つ空気を最大限にまで引き立てる素敵な"世界"だと思いました。

    素晴らしい作品をありがとうございましたー◎

    総評
    MMD杯も第4回ということもあり、以前から愛用されている演出やパターンなども少しずつ形を変え推敲され、かなり洗練されたものになっていたと思います。

    その一方で、新しい表現手法としてのアプローチや、アイデアも多く見受けられ、僕も作り手としてひじょーに良い刺激になりました。
    これは世界の終末など見届けている場合ではありませんね。※←
    参加者視聴者のミナサマ、どうもお疲れ様でしたー!|'ω`|ノシ
    僕もアルバム制作のかたわら(笑)、とても楽しい時間を過ごせました♪

    ノヤマコトさん からのコメント

    全体的に見てやっぱり音と同期した動き(踊り)系が多かったです(そりゃそうだ)。
    オレもPV系作ったりするんですけど音と動きを同期させるってのはホント楽しいです。
    音に合わせてこうカットインとか入れたりするとテンション上がります。見てる分にもテンション上がるよね!
    リズムゲーな気分!…リズムゲー苦手なんですけどねw
    2Dと3Dとの次元の違いはあるけど、その楽しいって気持ちは同じみたいなって良いこといってみるテスト。

    セバスチャンP からのコメント

    「何度見てもニコニコさせられる作品」「労力を想像するだけで気絶しちゃいそうな作品」「逆立ちしても真似できないセンスの作品」が予選の段階でもう目白押し状態で、一視聴者としてwktkせざるをえませんでした。
    その分選考は悩みぬくだろうなあ、という予感は早くからありました。
    投稿日順に作品をどんどん堪能していき、そして着々と候補作品が増えていくにつれ「うーん困った、ここからどうやって絞り込もう」と気が重くなってきました。

    「Chaining Intention」には圧倒的な衝撃を受けましたが、その他にも「春香さんにjubeat(天国と地獄)をやってもらった」、「KAITOとレンがエアボに挑戦したようです」、「つなわたリフティング」 、「ボーカロイドイメージシリーズ【Pure Smile - 初音ミク】」、「ノンブル」、「ドミノ」、「ニコニコ天国と地獄」、「ニラ-cream taste-」、「MUSCLE」、「お姫様【ほめ春香さん】」、「ミク軍曹の訓練学校」、「Miss you【巡音ルカ】」…と、印象に残った作品を挙げていけばきりがありません。
    総合優勝や優秀賞に間違いなく選ばれる作品は除くとしても、残った傑作の山から一つだけ選ぶのは…。

    しかし、ほぼ最後の最後に観た「UTAU事件簿-All Starts are the "M"-」が個人的に大ヒットであった為、すんなり選ぶことが出来ました。
    元々MMDのドラマ作品は大好きなので、今回も良作をたっぷり味あわせていただきました(オチがないこと自体がオチになっている作品は別として、未完の作品が多いのだけ少し気になりました)。
    それらの作品の中で、「UTAU~」は『視聴者のことをちゃんと考える』『自分が好きなものを作る』を高いレベルで両立していて、群を抜いていたように思います(…などど、僕なんかがコメントするのはおこがましいくらいの作品です)。
    これからもinaphonさんには自分の道を突き進んでもらいたいです。

    手間のかかる洗練された作品がどんどん出てくる一方で、ニコニコ動画の初期に多かった『圧倒的なカオス感』を持つ作品も共存しているのがMMDの魅力だと思います。目を離せない状況はずっと続きそうだな、と思いました。

    最後に、第4回MMD杯に関わったすべての方へ、本当におつかれさまでした。

    Yumikoさん からのコメント

    心の底から感嘆する作品ばかりで一つを選ぶことが困難でした。
    技術の進歩とともに表現の可能性は広がって、MMDというソフトでこんなにも自由にイメージを具現化できるものなのかと驚いています。
    今後MMDに求める「リアリティ」はどこへ向かうのか。
    動きは動から静へ、フォームから意義へ、アクションからその前後のつなぎへ。
    見落としていた穴を埋めるかのように新たな可能性を見つけていくのだと思います。

    参加者の皆さま、視聴者の皆さま、そして運営の皆さま、本当にお疲れ様でした。
    常に発展を続けるひたむきなエネルギーとたくさんの感動をいただきました。

    選考委員として今大会に参加できたことを大変光栄に思います。
    本当に本当にありがとうございました。

    ニョホホさん からのコメント

    選考結果として一作品を推させて頂きましたが、映像として面白い作品も多く見ていてかなり焦りました。冷や汗かく力量をもった作品がたくさんありました。
    MMDヤバイですね。刺激になりました。僕もがんばります。

    MikuMikuDance開発者



    あにまささん(モデリング) からのコメント

    初めに、運営の皆さんMMD杯を開催してくれてありがとうございます
    眠る暇が無くなってしまうほどの作品の数々で、観る人も審査する人も大変だったと思います
    みなさん本当にお疲れ様でした!僕も今回のMMD杯に参加したかったですが、結局出来ず悔いが残りますが、次回があるなら必ず僕も参加しようと思っています

    無駄に縦読みにチャレンジしてみたら本当に無駄でした

    でわでわ、改めて・・・毎回高すぎるハードルをたてる運営の皆様お疲れ様でした
    僕はくぐる予定です
    MMD杯の規模も段々大きくなり、僕が誰だか謎な人も多いと思いますが単なる通りすがりの紳士です

    今回動画を全部観るだけでも相当に大変ですが、全部見終わった後は何かトキメキみたいなものを感じる事が出来るお祭り 
    それがMMD杯です!皆さんはお楽しみいただけたでしょうか?
    僕は全部の動画を見なきゃいけないのに、お気に入りの無限ループから抜け出せませんでした
    おかげで徹夜二日目になってしまい、少し変なコメントになっているかもしれませんがご了承ください

    さて、今回あまりにも沢山の素敵動画があったのですが多すぎて、ここでコメントするわけにもいきません
    べ・・べつにここに書くコメントに困ってるわけじゃないんだから!!
    ごめんなさい本当は困ってますm(_ _)m
    印象としては、キュンキュンメガネ!オサレPV!おっほい!納得の感動!ハートマン!ダンス!またあんたか!
    そして・・・・・(-人-)
    まだまだありますが、キリが無いので・・・

    「色んなジャンルがあってみんないい!」 あにまさ

    困った時のうろ覚えパクリコメントです なんか毎回こんなこと書いてる気がしますが お察しください
    さて前置きが微妙に長くなってしまいましたが感想です

    みんな凄すぎワラタ!

    以上!(・人-)チラッ

    前回少し長すぎたと反省したので今回は短めですが参加してくださった全ての人への感謝はいつもより大きいのです!(キリッ!

    最後になりましたが、参加されたすべての皆様へありがとう!

    樋口M(プログラム開発) からのコメント

    まずはMMD杯を開催して下さった運営の方々、選考委員の皆様、そしてコメントやマイリスで大会を盛り上げて下さった方々、本当にありがとうございます。

    MMDは公開してからちょうど2年になります。
    製作していた時は公開できないだろうと思っていた為、まさかこのような大会が開かれて、これだけ大勢の人に参加してもらえるような事になるとは夢にも思いませんでした。
    おまけに、それぞれの作品レベルが洒落にならないくらい凄いものばかりで、驚きと感動の連続でした。決して簡単に動画を作れるツールでは無いのに、素晴らしい作品を投稿して下さった動画製作者の皆様、本当にありがとうございました。

    飽きっぽい性格の私がMMD製作を続けられたのは、大勢の動画を作ってくれる人達や、モデル・アクセサリを製作して公開してくれる方々、生放送やブログでMMD動画を紹介してくれる人や、素晴らしいツールを製作してくれる人達がいたからです。
    『MMDはみんなで作ったものだ』なぁとつくづく思います。

    最後にMMDに関わってくれている方々に、本当に本当にありがとうございます!!

                        樋口優(M)

    p.s. おまくるさkなせぢえむこたひあきj\(^o^)/ (暗号)




    閉会の言葉


    以上で閉会となります。
    皆様、最後までお付き合い頂き、本当にありがとうございます。 参加者の皆様、視聴者の皆様、選考委員をはじめご協力頂いた方々に深く感謝致します。
    ~・~・~・~

    早いものでMMDが発表されてからもう2周年。MMD杯は1年半。
    ニコニコ動画に投稿した事のあるユーザーが二千人を超え、作品数も1万を超え… コミュニティ形成や共有可能なデータが増加するなど、面白い形でMMDの世界は広まっていきました。 樋口さんが仰っているように「みんなでつくった」というのが一番しっくりくる表現かと思います。 作品も人も増えましたし、技術交流なども盛んになっています。 第3回開催の時には正直、これがピークかなとも思いましたが、全然そんな事はなく、人の持っている力というのを甘く見積もっていたと今回強く反省させられました。
    人が増えると様々な問題も浮き彫りになってきます。
    データを公開し共有しているが故にある問題、ニコニコ動画などにおける問題、法的な問題…etc これらは一朝一夕で解決できるものでもなく、また誤解のない明文化されたルールでもなく、最終的にはそれぞれの良心・気持ちの持ち方によって変わってくるものかもしれません。 もちろん現在あるルールが全てではなく、よくする方へ変えていこうというものではないかとも考えます。
    MMDを取り巻く環境なども、2年前とは随分と変わってきました。
    MMD杯も少しでも多くの人にMMDの楽しさを知ってもらおうという試みからスタートし、今や僅か1週間で400万再生するような、いわゆる名の知れた一つのツールとなりました。 細かい所ではありますが、MMD杯のレギュレーションも変化に伴って毎回変更点が出ています。 そういった意味では、MMD杯もMMD2周年を期に、変わっていくのではないか、と。 副題の「A NEW HOPE」は希望を持てる未来、人、コミュニケーション…そういう意味でつけました。 (もちろん、映画のぱく…インスパイアも含まれてます) 今後の予定は未定ですが、きっとMMD杯も流れに沿って変わっていかざる得ないでしょう。
    「MMDは一体どこへ向かってるんだ?」

    未来は暗闇です。明瞭なものなどありません。だからこそ必死に手探りしつつでも前に進んでいくからこそ、見え始めた光に安堵を覚え、またその試行錯誤の過程が知恵となるのではないかと考えます。
    向かう先のゴールはそれぞれ自身が決めるもの。 今ここがゴールかもしれませんし、命尽き果てる時までゴールがないかもしれません。 そんな暗闇の中に聞こえる音と、そして光が、足を前へと進めています。
    まぁ今回は眩し過ぎてハゲるかと思ったけどなっ!!

    皆様本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございます。
    とりあえず私はネギ焼きミクの胸に顔を埋めて爆睡するので暫く起こさないように。
    2010/02/23 かんな

    ~・~・~・~

    まず一言

    みんな運営泣かせだろ!!

    今回は予選139作、本選211作品の参加がありました。そのおかげで運営は死にかけました。
    でも、ドMの集まりの運営はニヤニヤ。 しかし、MMD杯がこんなにも大きくなるとは・・・ これもMMDと同じく「誰かが作った」わけではなく「みんなが作りあげた」物なのです。 そういう観点から見ればみんなの運営といえるのです。 あくまで、運営は少しのことしかしていないのです。そして、皆様の協力があってこそMMD杯は成功させることができたのです。 皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。 しかし、MMDを使ったいろいろな方向の動画があります。かんなさんの言葉を借りると
    「MMDは一体どこへ向かってるんだ?」

    でも、方向性が決まってないからこそいろいろな発想が出てくると思っています。
    最後となりましたが、MMD作成者の樋口様、モデリングのあにまさ様、選考委員の皆様、参加者の皆様 ご協力ありがとうございました。皆様とMMDおよびMMDを取り巻く環境のますますのご発展を願っております。 皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。大切なことなので2度(ry そして、少しでも杯をよくするために東奔西走した運営のみんな お疲れ様です。 以上で閉会の言葉とさせていただきます。
    ネギ焼きミクの胸に顔を埋めて爆睡するのは俺が先だ
    俺より先にしたければ俺を倒すんだな、かんなさん
    2010/02/24 kame826(MMD杯運営)

    ~・~・~・~

    今回運営初参加のKID(仮)ですが、改めて人の想いの強さというものを実感しました。

     動画制作者の想い、動画を見る方々の想い、勿論、杯運営の他の方やMMD生みの親の樋口さん、あにまささん、モデル・アクセサリの制作者の想い。
     動画へのコメントも含め、「何かを形にする」というのはとてもエネルギーのいる事で、またそれを受け止めるという事も同じくらいエネルギーのいる事で、それは色々な化学反応・出会いを起こしながら拡がっていきます。MikuMikuDanceの世界もそういう風に拡がっていき(自分自身は前回の第3回MMD杯でその拡がりに加わった新参者ですが)、これからも更に拡がっていくことでしょう。どうかその出会いが幸せなものでありつづけるよう、願って止みません。
     どこで聞いたのだったか、本当の民主主義は、国民が進んで選挙に投票に行く事ではなく、意志を立候補によって表わすことだ、という話があります。ますます拡がり続けるMMDの世界で、風を待って帆を上げるのもいいですが、もっと自分からムーブメントを興すのもこれから重要になってくるかもしれません。例えば、大会後に公開される「第4回MMD杯ユーザー表彰セット」で自分のお気に入りを表彰するとか、動画を作ることが難しくても、PV部門やドラマ部門など自分でテーマを決めてマイリス・コメントし、それをニコニコ動画のMMD杯掲示板に貼り付けるなど、工夫次第でできることは拡がっていくでしょう。「こうしたらいいのに」と思うことは、やってみるのもいいかもしれませんよ?
     あくまで運営は、場を提供しているに過ぎません。運営での評価も、その他大勢の中の一つの選出でしかありません。「運営=MMD界のスタンダード」でもありません。たかだか4人のニコ厨が、わいのわいの言ってるだけです。見る専の方も、新しいMMD杯の楽しみ方を探ってみるのはいかがでしょうか?
     さて、動画の選考に当たって 自分が選出候補とする際には、「新人だから」という先入観は捨てました。確かに「初めてにしては良い出来だ」というのはあるかもしれませんが、同じMMDerとしては そこはライバル 厳しく行きますw
     でもね、そうやってこっちが評価のハードルを下げなくても、きっと直ぐに素晴らしい作品が作れるようになると思います。  最初のうちは、ランキング上位陣の作品に圧倒されるかもしれませんが、再生やマイリスの「数」ではなく、それを評価してくれた人の事を考えて、「神動画を作ろう!」ではなく「見てくれた人が楽しめる作品を作ろう!」と頑張っていくうちに、結果は付いてくるものです。  山は高い方が、登ったときに見える景色は綺麗だと思います。登り切るまであきらめなければ登れます!もちろん、登る手助けはこれからもどんどんしていくつもりです。今回が初作品の方は、色んな作品を見て、どんどん技術を盗んでいって下さい。それと同時に自分の「色」も探していって下さい。
     さて、そうこう言っているウチに、ずいぶんと頂上が遠くなったものだ…。それだけ裾野も拡がって、楽しみ方も増えたって事だから、さらに寄り道が増えそうだなぁ。てっぺんに旗を立てるのは他の人に任せて、ボチボチ行こうかいのぅ、ホメ春香さんや…。

     あ、個人的に選考前にマイリスしたもの貼っておきます。後で選考した理由コメントも書きますが、かなり偏ってますw「修正してやるぜ!」という方は、是非に公開マイリストをニコニコ大百科の掲示板やMMD鑑賞スレに貼って下さい。あなたの意見が明日のMMDを変える!

    2010/02/23 KID(仮)(MMD杯運営初参加)

    ~・~・~・~

    ひとまず、皆さんお疲れ様でした。
    参加することに異議があるよ派の人、ガチで賞を狙ったよ派の人、全部見たよ派、無限ループって怖いよ派、etc…。 多くの人の協力で、今回も大成功を納めました。 第4回MMD杯はこれで一区切り付ますが、MMDはまだまだ終わりません。まだ始まってもいないのかも…? 思いつきを即動画に出来るのがMMDの最大の強みだと思います。 もし、なにかネタを思いついたら、ぜひ出し惜しみをせずにどんどんニコニコ動画やyoutubeに投稿して下さい。 例えそれが一部の人にしか受けなくても、それを見た人がまた何か新しいネタを思いつくかもしれません。 そして、創作のドミノは無限連鎖していくのだと思います。 いい意味で。
    ○チじゃないよ。

    2010/02/24 kerorin(MMD杯運営)

    ~・~・~・~