講演:自分で歴史を考え 平和を作るすゝめ 日本 - オランダ - アジア


オランダに住み着いて28年になる建築家ですが、15年前まではあの戦争について肝心のことは何も知らず まさかその歴史が私に直接影響を与えるなどとは想像すらしませんでした。しかしあの戦争中インドネシアで日本軍に強制され収容所に送られた人々に出会い、彼らの個人的な体験談を直接聞いて衝撃を受けました。彼らと友情を築きながら、人間の素晴らしさや愛の力を教わり奮い立たされ、遅ればせながらようやく他の人の痛みがわかる一人の人間になることができたようです。そんな二人の親友の遺志/ミッションを引き継ぎ、彼らのメッセージを伝える語り部となり、あの歴史と平和を考えるための講演を始めたのが5年前です。私たちの意気込みはロゴに表現しました。現在のインドネシアはもともとはオランダの植民地で、それを日本が占領した後でインドネシアが独立しました。この三つの文化が交差した歴史の中では、多すぎる人々が血を流し命を落とし苦しみました。それにもかかわらず、いやそれだからこそ私たちはこの三国が共有する歴史から素晴らしい真珠を創り出そうと考えています。

下のリストのようにもう何度もしてきましたが、日本とオランダに限らず様々な国の人々の評判は幸いとても良く、共感してくださった方も多く、話すたびにかけがえのない友人や仲間が増えていきます。

「過去のことをよく考えると片目を失う。過去を忘れると両目を失う。」 ロシアの諺

5年前に福島第一原発が爆発するまでは、原子力発電やエネルギー問題や生活の安全は専門家たちに任せておけばいいのだと勘違いしていました。事故が起きてから人任せにすることができないほど重要な問題だと気がついたのは私だけではないでしょう。戦争の歴史や平和の問題も、歴史家や政治家やその他の専門家たちに任せておくには重要すぎると考えるようになりました。実際に傷ついたのは彼らではなかったからです。彼らとも、医師や弁護士と同じように付き合うべきだと考えるようになりました。意見やアドバイスは聞くけれど、最終的な判断は自分でする。その勧めも講演の狙いで上のように題としました。歴史が専門の方や詳しい方も、そうでない方も(同じ話をオランダの小学生にもしますから安心してください)、老若男女を問わず歓迎します。

講演でお会いできることを楽しみにしています。



自分で歴史を考え 平和を作るすゝめ 日本-オランダ-アジア

  1. 私が個人的に直面した歴史
    • オランダ人の親友の家族の体験  旧蘭領東インド/現在のインドネシア
    • 父の体験
  2. 自分で歴史を考え 平和をつくる勧め
    • どの歴史を考えるか?: 1945年までのアジア
    • どこを目指すのか? : 平和
    • どう考えるのか?  : 何が正しい行いなのか? 複数の意見が対立するとき、どれが「真実」でどれが「偽り」なのか? どうすれば、特定の国/グループの利益に捉われずに、公平に正直に直視できるのか?
下に今までの講演の記録がありますが、小グループ(居間でも小部屋でも)から、中規模(大学、学校、小ホール)までやった経験があります。もし関心があれば、是非一度メールで連絡を下さい。

私は建築家でもあります。東京で数年働いた後1988年にオランダに移住して、例えば 在ヨルダンオランダ大使館クンストハル ロッテルダムの設計を手がけしました

星野 文則



講演
予定


記録
WAF36 + 37       16 dec. 2016    Amsterdam            At an elementary school (basisschool niveau 8)

WAF35    Nov. 13, 2016    Amstelveen                    For a group of Japanese living in Holland 

WAF34    Aug. 9 2016       den Haag                       For a friend whose mother came from Dutch Indies

WAF33    Dec. 15, 2015    Amsterdam                    At an elementary school (basisschool niveau 8)

WAF32    Dec. 09, 2015    Amsterdam                    For a friend whose grand parent came from Dutch Indies

WAF31    Dec. 09, 2015    Amsterdam                    At a preliminary school (basisschool niveau 8)

WAF30    Sep. 19, 2015    Ruinen, Drente                For 5 old friends in a bungalow 

WAF29    Sep. 06, 2015    Amsterdam                    At my friend's house-warming party with her 16 Japanese friends.

WAF28    June 26, 2015    The Hague                   For new friends

WAF27    Dec. 27, 2014    Rotterdam                    With old friends from Belgium

WAF26    Oct. 05, 2013    Amsterdam                   The first public lecture in the Netherlands was combined with a music concert performed by Utako Arakawa and Ayumi Matsuda, who hosted WAF 22 and 23.

WAF25    Sep. 17, 2013    Amsterdam                  with new friends/architects from Fukushima

WAF24    Sep. 03, 2013    the Hague                    during a pause of a symposium on Peace at the Peace Palace

WAF23    July 27, 2013    Amsterdam                   友人たちと with friends

WAF22    May 19, 2013    Haarlem                        with good friends

WAF21    April 17, 2013    Rotterdam

WAF20    May 04, 2012    東京 / Tokyo                 新しい友人と、with new Korean friends

WAF19    May 01, 2012    東京 / Tokyo                 友人たちと、with friends

WAF18    April 28, 2012    東京 / Tokyo                 平和教育地球キャンペーン for Earth Peace Education Campagne

WAF17    April 26, 2012    横浜 / Yokohama           Meiji-gakuin university:  Peace study class with students from 10 countries.    

WAF16    April 24, 2012    東京 / Tokyo                  at Dutch embassy              

WAF15    April 22, 2012    釜石 / Kamaishi             7年前に伝説のミュージカルを作った先生と、with a teacher who in 2005(?) initiated the legendary musical at his school, based on the diary written by a Dutch POW at the POW camp near Kamaishi.

WAF14    April 19, 2012    釜石 / Kamaishi              天神町仮設住宅団地ほかに住む老人達をサポートする人々と, with social workers to support aged evacuees living in the temporary housings, after they lost their home by the tsunami in 2011.

WAF13    April 17, 2012    仙台 / Sendai                  伯母 (93才)と、 with my aunt (93)

WAF12    April 16, 2012    京都 / Kyoto                   Ritsumeikan university:   at Peace study class with students from 16 countries all over the world.

WAF11    April 15, 2012    京都 / Kyoto                   立命館大の友人たちと、 with friends at Ritsumeikan univ.

WAF10    April 12, 2012    水巻 / Mizumaki              Wimの旧友の夫妻と, with old soul-mates of Wim

WAF9      April 12, 2012    水巻 / Mizumaki             水巻町 厚志の人々と, People who maintain the Cross monuments, on which all the name of Dutch POWs died during in Japanese camps during the war were engraved, and their friends in Mizumaki


WAF8      April 12, 2012    水巻 / Mizumaki, Japan      水巻の朳小には、写真のように毎年旧蘭領東インド出身のオランダ人元被害者やその家族が訪れる。4年生の教室で。
Every year a group of Dutch people, mostly old POWs and internees from the former Dutch Indies and their families, visit this elementary school (the picture on the right) and the monument nearby where all the names of Dutch POW's died during in all Japanese camps were engraved. I explained to children of 8-9 years old about what they went through when old Dutch visitors were as old as they were a long time ago, and suggested them what they can ask to their next visitors, what did they eat, what was hard, what did they missed, etc. 

WAF7      April 12, 2012    水巻 / Mizumaki             水巻南中 校長室, at the school principal's office in Mizumaki South junior-high school.

WAF6      April 11, 2012    Shinkansen between Osaka and Hiroshima    A chinese traveler, who lives in Australia, and whose mother remembers the Japanese invasion to Singapole as she lived there 

WAF5      April 02, 2012    デルフト / Delft               met goede vrienden

WAF4      March 20+25, 2012   オランダ / Soest+Dordrecht     met goede vrienden

WAF3      Oct. 31, 2011    アムステルダム / Amsterdam          友人たちと

WAF2      Sep. 23, 2011    アムステルダム / Amsterdam          met vrienden

WAF1      April 16, 2011    ユトレヒト / Utrecht                       with friends
Comments