スタッフ のブログ

2018/7/16 アジサイロード

こんにちは、スタッフMです。

現在、尾去沢鉱山までの道が「アジサイロード」になっております!

バックに煙突、とても絵になる様子です。今月いっぱいまで見ごろですので皆様ぜひ見に来てください!

2018/7/10 グランドマインキャニオン

こんにちは、自称「鉱山のファンタジスタ」スタッフKOです。

夏は涼しい鉱山へ、と言いたい所でしたが、最近の大雨で寒かったですね。

しかし、また暑くなるようですのでそんな時は気温13度の坑内へ涼みにきてください。

さて、今回ご紹介しますのは坑内の中でも一番すごい所といっていい所、

「グランドマインキャニオン」またの名を「鉱脈大規模採掘跡」です。

底が見えない~というくらい鉱脈を採掘しています。なんと高さ60Mの採掘跡なんです!

場所はコースマップでいうと下記、必見です!

2018/7/7 夏休み特別イベント開催

今月14日からイベントはじまりま~す

2018/6/18 水晶

みなさ~ん こんにちわ!!スタッフTです。

今日は坑内の一部をご紹介いたします。ご紹介したい場所は下記です。

分岐点過ぎのカーブを曲がった通路の上の方に・・・・・・

すごいでしょう!!これは水晶の結晶になります。

身長150cm以上の方でしたら触れることもできます。ご来場の際、坑内13℃ですので上着をお持ちください。待ってま~す。

2018/06/10 夏到来

夏が近づいて、蝉も鳴き始めました。暑くなってきましたね。

そーいえば坑道は涼しいぞ。年間を通じて13℃の天然クーラーとマスコットの鉱太君がまってるよ。

尾去沢鉱山限定の金粉を贅沢にふりかけた黄金稲庭ざるうどんです。冷たいスープでお召し上がり下さい。黄色うどんはここにしかないです!! 売店では"宝の山うどん"で販売してます。

レストハウス営業日 土、日、夏休み(詳しくはお問い合わせください)

スタッフM.T

2018/06/08 純金コーヒー

夏らしくなってきましたね。鉱山の山も緑がとても濃くなってきました。でも、暑くなるほど鉱山の坑内は“ひんやり”です。涼しい!

見学が終わったら熱い「純金コーヒー」で体をあたためてください!

スタッフN

2018/06/01 【純金砂金採り①】

こんにちは。スタッフMです。史跡尾去沢鉱山の体験人気№1砂金採り体験についてご紹介します。料金は中学生以上800円、小学生以下600円で30分採り放題です。

さて場内はこんな感じで広いです(100席 以上!)

さっそく始めましょう。まずは、お皿を持って砂をすくいます。

お皿を水の中に沈めたまま、左右に20回しっかりとゆすります。

これで金がお皿の底に沈むので上の砂を流していきます。

最後まで根気強く砂を流し、お皿の底が見えてきたら・・・

出ました!純金がお目見え~

てな具合で金を採りますが・・・ いやいやМさん!そんなに簡単に採れないでしょ。初心者には難しいんじゃないの?皆さんの心の声が聞こえてきましたよ。でも大丈夫!理由がわかれば誰でも簡単に採れます!理由はずばり、重さです。砂よりも小さい純金の粒が実は相当重いんです。水の重さを1とすると砂や石がだいたい8~10、金はなんと19です。

・・・分かりにくい説明ですみません。写真で見てしましょう。

こちら、5ℓのバケツです。中身が水でしたらおおよそ5キロです。中身が純金だったらどうでしょう? そうです、このバケツがなんと90キロ以上の重さになるんです!(私の体重とほぼ同じです・・)金=重い これさえ分かればあなたも砂金採り名人~♪

続きは次回・・・

スタッフМ

2018/05/26 新緑の五十枚山

(レストハウス側からみた五十枚山)

史跡尾去沢鉱山の施設の後方にそびえたつ三角の山、通称「五十枚山」の新緑が現在さわやかにきれいです。この山名のいわれは、尾去沢鉱山が月に50枚の大判に相当する金を、運上金として奉行所に収めたからと伝えられており、かつての金山の繁栄ぶりを今に伝えています。

(さらに駐車場側からみた五十枚山)

「三角形の山」であり「金」がこの中にあった、ということで古(いにしえ)のピラミッドでは!?と思うのは私だけではないはず。。尾去沢鉱山にご来場の際は、後方の山「五十枚山」もぜひご覧ください!

スタッフK.O

2018/05/19 珍客?

大雨が小降りになった午後、秋田犬の親子が訪れました。お母さん(3才、左)と娘さん(1才、右)だそうです。体重35kgオーバーの貫禄でした。

H.S

2018/05/17 霧に覆われて来ました。

昨日と違って本日は小雨模様の鉱山です。気温も19℃とヒンヤリ。霧が発生、坑口も見えなくなりそうです。

H.S

2018/05/16 今日の鉱山は初夏の気候でした。

鉱山にはさまざまな植物が育っております。現在見頃なのは、八重桜、チューリップ、クリスマスローズです。やはり海抜300mでは、街とは違う光景です。観光坑道も日増しに寒さが感じられるようになってきました。坑道の気温は年間通じて13℃で一定なのですが、外気が暖かくなってくると、温度差で寒さを感じてきます。見学には一枚、上着があったほうが良いかもしれません。

H.S