2016シャンバラまつり後記


シャンバラ後記

僕らは無事、第7回目の祭りを成就させることが出来た。これもひとえに天の神々様、タイ国の国津神様、ドイルアンのお山の精霊様方の目に見えない大きな慈愛の贈りもののお陰です。心より、ありがとうございます。
今回、入場した約2000人もの人が、最初の予定地の会場に来たとしたら大混乱のまま大失敗に終わってたかもしれないと思っている。トイレ一つない場所で、よくやろうとしたもんだ! あの時は必死だったけど、今思うと無謀の一言ですな。

しかし、天の神々様は僕らのやる気を見ていたのだ。
そして、「よし、この者たちは、本気で挑戦するつもりでいるな。相分かった。
だったら、元の場所に戻してやろう」天は、いつもその人の真剣さしかチェックしないのだ。何度も、本気度を調べるのだ。
経験上、このことは、いやっていうほど知っている。
第七回目の七という数字はひとつの区切り、完成を意味している。
太陽の光も七色。一週間も七日間。肉体のチャクラも七つ。
第七回目を終えたことにより、波動が上昇した。つまり、大雑把ながら祭りチームの基礎は今回でかなりしっかりとしてきた。特にタイ国のスタッフの人達が目をみはるほど、頑張ってくれた。ハート君は謙虚で、前夜のものすごいゴミを早朝からまとめて片づけてくれていたのが、当然のことのようにように動いている姿を目撃した。

トア君は、我々の一番の悩みを一気に解決してくれた。こういうことだ。この祭りは、実際にマネーが動いていて、外国人の主催者となると万が一、国からのチェックが入った時に、その外国人(つまり私、南正人)は法律上罰せられ、5年間もタイに入国できなってしまうので、長いことピックさんに頼んでいたのだけど、なかなか返事をもらえず、ウラさんと頭を抱えていたら、トアが、ニコニコ顔で「私が、全部やります。タイ側の主催者(オーガナイザー)は私でOKです。ノープロブレン!」と、さらっと言ってくれたのだ。目の前で。
ウラさんと俺は顔を近づけ「よかった〜ね〜。も〜大丈夫だね〜」来年に向かってタイ側も少しづつスタッフを充実させてくれるでしょう。

以前からシャンバラに行ってみたいと言っていた岡山のRYOJI&HIROMIのふぁみりーが初参加。
会場の脇を流れる小川では、子供達が楽しそうに遊んでいて、お母さんもズボンをまくり上げハダシで気持ちよさげに水につかり、夢のようなひと時に全てを委ねきっている様子、今もまぶたに浮かんでくる。RYOJIの息子のミガクはヨースケの娘のハズキに気に入られ、腕を組まされ、ひっぱりまわされ、当惑と嬉しさを交互に顔を出し、思わず吹き出してしまった。子供達は全員、地球の未来です。
安全に、のんびりと羽をのばせるこのシャンバラ祭りは、一人一人の子供達に未来の素晴らしさを手渡すことが、きっと出来たでしょう。

来年からも同じ会場でやり続けます。
川向こうの利用方法も考えてます。

最後にスタッフ全員に心から感謝です。
本当にありがとう。
これからも出来るだけ応援してください。
そして、これから参加してくるスタッフをたくましく育て上げてください。

ちなみに今年のヘポパ賞は、ステージを作り上げたユージンとトアのチームに決定しました!
来年もあのステージがいいと思いまーす。

それじゃ、またねー。ヘポパ!    南正人 2016.3.10  暑い暑いパイにて

2017年のシャンバラ祭りは 2月9日(木)〜18日(土)に決まりです。


THE BELLOW 2016

We achieved our 7th festival successfully. I am extremely thanksful to the gods of heaven, the god of Thailand, and the holy spirits of Mt.
Doi Luang for unvisible great gift of love. If 2000 people who
actually entered the fes had come to the first planned site, it
might've ended in great failure with great confusion.

How could I try to hold the fes in the site without any toilet? I was in desperation that time, but now I know I was simply reckless.

However, the gods of heaven were observing our passion.
"Oh, they are seriously trying to do something, OK,let them    use the intended place."
Heaven only checks our seriousness. He checks the degree of
seriousness again and again.
I learned it too much by experience.

The number 7---now we has accomplished 7th fes--- means an end or completion.
Sunlight consists of 7 colors. A week has 7 days. The body has 7 chakras.
The vibration has been raised after 7th accomplishment. To say,foundation of our team of the fes has become (rough cutting but)rather firm. 
Especially Thai staffs worked with remarkable assiduity.
Mr.Heart is a modest person---early morning I saw him managing tremendous
amonts of yesterday's garbage as a matter of course.

Tua brilliantly settled the most annoying matter:
Actually money changes hands in this festival, but it is not allowed for foreign organizers.
So if the authorities check us, the foreign organizer (me,
Minami Masato) will be legally punished and refused entry to Thailand
for five years!
 I have been sounding Ms. Pik out, but it did not succeed. When I am tearing my hair out with Ura-san,
Tua said ``Leave it all to me. I will be the organizer of Thai side. No problem!"smiling before my very eyes.
Ura-san and me jumped for joy ``It's good to hear, it's all right now".
Step by step, Thai side will enlarge the staff for the next year's fes.

Ryoji and Hiromi family who used to say that they want to go to Shambhara take part in the fes for the first time.
In the brook streaming along the fes place, children have a joy and their mother has a bathe comfortably rolling up her trousers with barefoot as though she entrust the dreamscape with everyting---the scene recurs to my mind.
Migaku (a son of Ryoji) is liked by Hazuki (a daughter of
Yosuke): He's taken around with arm in arm embarrassedly or happily by turns---I laugh at him in spite of myself.
All children are future of the earth.
In Shambhara Festival which is safe and relaxed, I am convinced that we handed the splendor of the future to every child.

We keep on in the same place.
We are thinking how to use the place over the river.
Finally, I thank all the staff members from the bottom of my heart.
I really thank you.
I hope you will support us as possible.
And, please bring the future staff up robustly.

By the way, the winner of the HEPOPA prize is the team of Yujin and Tua for builudng the stage.
Hope to be on the same stage next year!

Alright then, later. HEPOPA!
Minami Masato, 2016.3.10, at hot hot Pi.

Shambhara Festival 2017 is decided to be held from February 9 (Thu) to February 18 (Sat).


.