マニュアル‎ > ‎

08.エフェクト






 8.1 エフェクトの選択


エフェクトは、タイムラインの名前、もしくは右下のエフェクト一覧から選択することができます。




 

 8.2 エフェクトの割り当て



モデルやアクセサリ、材質に割り当てるエフェクトは、上部リボンのファイルタブ、「エフェクト割り当て」から対象に割り当てることができます。



表示されたダイアログで、対象のモデルやアクセサリ、材質の行でエフェクトを選択し、OKを押すとエフェクトを割り当てることができます。
このダイアログ上でも、エフェクトを新規に追加することができます。




 8.3 エフェクト全体のON/OFF




エフェクト全体をON/OFFさせることができます。
表示が重くなった場合に、モーション確認などで軽くしたい場合に使用してください。


 

 8.4 エフェクトプロパティの設定


エフェクトは、アクセサリと同じ下記デフォルトのプロパティの他に、エフェクトファイル内にUIとして設定されたパラメータもキーフレームに登録することができます。
キーフレーム間は線形に補間されます。

 表示 アクセサリの表示/非表示
 影 モデルの影(セルフルシャドウ)のON/OFFです
 加算合成 加算合成してモデルを表示します
 関連モデル・ボーン
 アクセサリの位置・回転を、モデルのボーンに紐付けることができます。ここで設定すると、アクセサリがボーンに追従するようになります。
 拡大 アクセサリの拡大率です。
 アルファ アクセサリのアルファ値(透明度)です。


なお、エフェクトパラメータとして利用するためのfx内のアノテーションは以下の通りです。

  • UIアノテーション: UIName/UIHelp/UIMax/UIMin/UIVisible/UIWidget
  • UIWidget: Slider/Spinner/Numeric/Color
  • 型: bool/int/float/float2/float3/float4


 8.5 エフェクトの位置・回転


何かしらオブジェクトを描画するエフェクト(雨、水面、桜吹雪など)には、位置や回転を設定することができます。
エフェクトもアクセサリと同じくボーンが1つつきますので、これで位置や回転を指定します。

また、アクセサリと同じようにボーンプロパティタブでも指定が可能です。




 8.6 オフスクリーン割り当て


オフスクリーンに描画する対象を指定することができます。
オフスクリーンタブから、対象のオフスクリーンを選択し、表示されたダイアログにて「8.2エフェクトの割り当て」と同じように描画対象を選択します。