顕微鏡写真‎ > ‎野菜‎ > ‎

モヤシ

概要

  • モヤシの根の道管を観察し、バネのようならせん状のパターンを調べる。
  • モヤシの根の細胞を観察する。
  • モヤシの葉を観察し、端っこのへげへげを観察する。

材料

スーパーで買ってきた普通のモヤシです。もやしはいくつか種類がありますが、これは「緑豆もやし」。

モヤシをよく観察してみると、一般に「根」と言われている(B)の部分よりさらに下部に、ほんとうの根(A)があります。食感を良くするために、この根(A)とマメの部分を一本一本取り除く……という話がマンガ「美味しんぼ」にありましたね。

では、まずは根と思われる(A)の部分を顕微鏡で覗いてみましょう。

根と道管

細い根(A)をそのままプレパラートに乗せて、軽く押しつぶして観察したのが下図です。縦断面ということになります。

中央に、らせん状というかバネ状というか、ぐるぐる巻いている管のようなものが見えます。これが水を運ぶ道管です。

中学校の理科で、茎では外部に師管・内部に道管ということを習ったかと思いますが、根では道管と師管は互いに放射状に並び、どちらが外でどちらが内とならないのが普通です(あるいは、水を求めて道管が外に染み出している……みたいなイメージ)。その形態を放射中心柱と呼びます。

道管の中の巻き数を測ってみました。だいたい、50μmで12巻きしていました。ということは、1cmの根ならば、だいたいこの200倍の2400巻きしているという計算になります。

胚軸

もやしの食べる部分(可食部)は、根ではなく茎です。もう少し細かく言うと、胚軸です。さっきの写真で言うと(B)の部分ですね。

ここを、カミソリの刃で薄く削り取って細胞を観察してみましょう。

タマネギの皮の細胞とよく似た、細長い角張った細胞が見えました。

葉の観察

次に、葉を観察します。モヤシには"ふたば"が付いていますね。

この双葉の先端部分を見てみましょう。


おっと、ちょっと泡が入ってしまったけど……。葉の端、エッジ部分はこの写真ですと右側と左側で大きく違います。左側には、なにやらふさふさした毛のようなものが生えています。

モヤシの双葉は、ちょっとマンガ的に描くとこのようになっています。

外側の縁には葉脈が通っており、その反対側、図の矢印で示したところにこの毛のようなものがあります。

Comments