柴田 理瑛(Michiaki Shibata)
東北福祉大学健康科学部 日本学術振興会(PD)
E-mail: michiaki.shibata[at]gmail.com

<研究内容>
運動誘発盲, 視覚的意識, 多感覚相互作用

<論文>
Kawachi, Y., Kawabata, H. Kitamura, S. M., Shibata, M., Imaizumi, O., & Gyoba, J. (in press). Topographic distribution of brain activities corresponding to psychological structures underlying affective meanings: An fMRI study. Japanese Psychological Research

・Shibata, M, Kawachi, Y, Yairi, S, Iwaya, Y, Gyoba, J, & Suzuki, Y. A short noise burst can recover visual awareness suppressed by motion-induced blindness. The Japanese Journal of Psychonomic Science, 2010, 29, 85-86.

・Shibata, M., Kawachi, Y., & Gyoba, J. (2010). “Combined effects of perceptual grouping cues on object representation: Evidence from motion-induced blindness” Attention, Perception & Psychophysics, 72, 387-397.

<国際発表>
Kawachi, Y., Matsue, Y., Shibata, M, Imaizumi., O, & Gyoba, J. Self-stimulated prepulse inhibition" 29th International Congress of Clinical Neurophysiology, (October, Japan), 2010.

Kawachi, Y., Shibata, M., Kawabata, H., Kitamura, M., & Gyoba, J. An fMRI study on temporal characteristics of crossmodal/unimodal bouncing effects 11th International Multisensory Research Forum, (June, United Kingdom), 2010..

 Shibata, M., Yousuke., K, Yairi, S., Iwaya, Y., Gyoba, J., & Suzuki, Y. Latencies for the crossmodal release of motion-induced blindness" 11th International Multisensory Research Forum, (June, United Kingdom), 2010.

 Sakurai, K, Shibata, M, Kubodera, T, & Ono, H. "Enhanced predominance of motion-parallax stimuli under binocular rivalry." 32th European Conference on Visal Perception, (Regensburg, Germany; August), 2009.

 Shibata, M, Kubodera, T, & Sakurai, K. "Binocular rivalry between motion parallax stimuli in depth and motion stimuli yoked to lateral head movements" Mini RIEC workshop on multimodal perception (Sendai, Japan; April 25), 2009.

 Shibata, M, Kawachi, Y, Yairi, S, Iwaya, Y, Gyoba, J, & Suzuki, Y, "Suppressed visual awareness can be recovered by sounds presented in the relevant locations" 31th European Conference on Visal Perception, (Utrecht, Netherlands; August 27), 2008.

 Shibata, M, Kawachi, Y, & Gyoba, J. "Effective spatial ranges for perceptual grouping cues in motion-induced blindness" Asia-Pacific Conference on Vision, (Brisbane, Australia; July 20), 2008.

 Shibata, M, Kawachi, Y, & Gyoba, J. "Combined effects of perceptual-grouping cues on object representations revealed by motion-induced blindness" 30th European Conference on Visal Perception, (Arezzo, Italy; August 29), 2007.


<国内発表>
・柴田理瑛, 行場次朗 断続的な聴覚刺激呈示が運動物体の速度知覚に及ぼす影響 日本感性福祉学会第10回大会  20101114 宮城

・河地庸介, 柴田理瑛, 行場次朗, 松江克彦            統合失調型パーソナリティと視覚意識の異方性 東北心理学会第64回大会2010912 宮城

・柴田理瑛、斉藤昂之、行場次朗、「断続音聴取時に生じる運動物体の速度知覚の遅延」、日本認知心学会第8回大会、福岡、20106

・竹島康博、行場次朗、柴田理瑛、「速度錯覚における視聴覚相互作用の検討」、日本認知心学会第8回大会、福岡、20106

・柴田理瑛、河地庸介、行場次朗、「視聴覚間相互作用による視覚的アウェアネスの回復と統合失調型パーソナリティ傾向との関連性」、第1回多感覚研究会、宮城、200912

 Sakurai, K., Shibata, M., Kubodera, T., & Ono, H. Enhanced predominance of motion-parallax stimuli in binocular rivalry?”第1回多感覚研究会、宮城、200912 

・柴田理瑛、河地庸介、矢入聡、岩谷幸雄、行場次朗、鈴木陽一、「運動誘発盲により主観的に消失した標的の知覚を即座に回復させる音の効果」、日本基礎心理学会第28回大会、東京、200912

・河地庸介、柴田理瑛、今泉修、行場次朗、松江克彦、「消失事象を主観的なものであると混同させる刺激要因の検討」、日本基礎心理学会第28回大会、東京、200912 

・河地庸介、柴田理瑛、今泉修、行場次朗、松江克彦、「知覚的消失現象を用いたawarenessに関する研究」、第39回日本臨床神経生理学会学術大会、福岡、200911

・柴田理瑛、河地庸介、行場次朗、「知覚的消失現象における群化要因の相互作用―統合失調型パーソナリティとの関連性―」、日本感性福祉学会第9回大会、山形、200911

 ・河地庸介、柴田理瑛、行場次朗、松江克彦、「観察者の意図が観察対象のアウェアネスに及ぼす影響―統合失調型パーソナリティとの関連性―」、日本感性福祉学会第9回大会、山形、200911

 ・河地 庸介・柴田 理瑛・今泉 修・行場 次朗・松江 克彦 「知覚的消失現象におけるセルフアウェアネス」東北心理学会 63回大会(弘前大学, 6月), 2009.

 ・柴田理瑛・行場次朗 「ターゲットの運動方向が運動誘発盲に及ぼす影響」 東北心理学会 63回大会(弘前大学, 6月), 2009.

 ・柴田理瑛・久保寺俊朗・櫻井研三 「側方頭部運動に連動した運動刺激と運動視差奥行刺激との視野闘争」第13VR心理学研究会(東北大学, 424日), 2009.

 ・河地庸介・柴田理瑛・川畑秀明・北村美穂・行場次朗 「通過・反発事象の知覚をもたらす視聴覚情報統合における事前的・事後的側面の心理脳科学的解明」 日本基礎心理学会第27回大会(東北大学, 127日), 2008.

 ・柴田理瑛・河地庸介・矢入 聡・行場次朗 「消失した視覚意識を回復させる聴覚情報の効果と視聴覚相互作用の水準」 日本基礎心理学会第27回大会(東北大学, 127日), 2008.

 ・川畑秀明・河地庸介・鈴木美穂・柴田理瑛・行場次朗 「俳句印象の心理的構造と脳活動の対応」 ニューロコンピューティング研究会(東北大学, 1023日), 2008.

 ・河地庸介・鈴木美穂・柴田理瑛・川畑秀明・行場次朗 「絵画印象の心理的構造と脳活動の対応」 ニューロコンピューティング研究会(東北大学, 1023日), 2008.

 ・柴田理瑛・河地庸介・矢入 聡・岩谷幸雄・行場次朗・鈴木陽一 「運動誘発盲により消失した視覚意識を復活させる短バースト音」 応用音響研究会(東北大学, 84日), 2008.

 ・柴田理瑛・河地庸介・行場次朗 「Motion-induced blindnessを用いた近接・閉合手がかりが物体表象に及ぼす 相互作用の定量的検討」 ヒューマン情報処理研究会(東北大学, 126日), 2007.

 ・柴田理瑛・河地庸介・行場次朗 「物体の知覚的消失に及ぼす近接・閉合の手がかりの実効範囲の検討」  日本基礎心理学会第26回大会(上智大学, 128日), 2007.

 ・柴田理瑛・河地庸介・行場次朗 「物体の知覚的消失に及ぼす知覚的群化要因の相互作用に関する定量的検討」  東北心理学会第61回大会(岩手大学, 97日), 2007.

 ・柴田理瑛・河地庸介・行場次朗 「物体の単一性に及ぼす知覚的群化の影響   motion-induced blindnessを指標として ~」 ヒューマン情報処理研究会(東北大学, 127日), 2006.

 ・柴田理瑛・河地庸介・行場次朗 「運動誘発盲(motion-induced blindness を指標とした物体単一性の検討空間範囲の限界測定」 東北心理学会 60回大会(東北福祉大学, 9月), 2006.


<受賞>

・柴田理瑛・河地庸介・矢入聡・岩谷幸雄・行場次朗・鈴木陽一 日本基礎心理学会第28回大会 優秀発表賞 (2009)


<経歴>

20113月 東北大学大学院文学研究科 後期3年の課程 修了・博士(文学)

・20084月 東北大学大学院文学研究科 後期3年の課程 進学

・20083月 東北大学大学院文学研究科 前期2年の課程 修了

・20064月 東北大学大学院文学研究科 前期2年の課程 入学

・20063月 山形大学 人文学部 人間文化学科 卒業

Copyright (C) shibatam All Rights Reserved.
design by. (C) WebDaisuki.com