ホーム

Short Introduction / 自己紹介

2000年3月東北大学理学部数学科卒業,2002年3月 東北大学大学院理学研究科数学専攻修士課程を修了(専門は作用素論; 修士論文).2002年4月より8年半の間,株式会社富士総合研究所(現在のみずほ情報総研株式会社)の研究員として,主に科学技術関連の情報システムの開発に携わる.当該会社在籍中に,NEDO「機能性RNAプロジェクト」に参画し,「バイオインフォマティクス」と初めて出会う.また,同プロジェクトにて,CentroidFoldに代表される数多くのRNA配列情報解析技術の開発を行う.2009年3月東京工業大学大学院総合理工学研究科知能システム科学専攻にて博士(理学)を取得.2010年10月1日より東京大学大学院 新領域創成科学研究科 情報生命科学専攻 特任准教授を経て,2014年4月1日より早稲田大学 理工学術院 准教授(2018年4月より教授)としてバイオインフォマティクス研究室を主宰する.2016年10月1日より産業技術総合研究所招聘研究員(産総研・早大生体システムビッグデータ解析オープンイノベーションラボラトリ班長,人工知能研究センター),および,2017年4月1日より日本医科大学大学院医学研究科客員教授を兼任する.また,2015年4月1日〜2017年3月31日間に日本バイオインフォマティクス学会理事.1998年に川合数学奨励賞, 1999年3月に青葉理学振興会奨励賞,2008年12月にOxford Journals JSBi Prize, 2010年3月に2008-2009 SIGBIO Best Paper Award,2017年に文部科学大臣表彰若手科学者賞をそれぞれ受賞.現在の専門はバイオインフォマティクス全般(特に、機能性RNA,エピジェネティクス,次世代シーケンサーに関わる情報技術の開発、バイオインフォマティクスにおけるPPDMの応用等),機械学習,人工知能等.今後長く利用されるキラーツールを作り上げ,ソフトウェア・情報技術の側面から生物分野にブレイクスルーを起こすことを目指している.

「先進トップランナー」の記事 もご覧ください.

News / ニュース (Twitter)

  • [NEW] 福永招聘研究員(東京大学・助教)の論文がJournal of Computational Biologyにアクセプトされました(2018/05/09)[⇒研究成果] 
  • [NEW] 曽研究助手の論文がBMC Genomicsにアクセプトされました(2018/05/04)[⇒研究成果]
  • 当研究室の修了生の西田新平さんの論文がIEEE/ACM TRANSACTIONS ON COMPUTATIONAL BIOLOGY AND BIOINFORMATICSにアクセプトされました(2018/03/04)
  • M2の千島君の原著論文がGenesにアクセプトされました!(2017/12/28)
  • 浜田研卒業生の武田大海くん(現:Indeed)の論文がBioinformatics誌に掲載されました(2017/10/10)
  • RNAアプタマーのin silicoデザインに関するレビュー論文がBiochimie誌に掲載されました(2017/10/10)