会報2017-07

①  Cherry blossom viewing at Shibata

A.L    

On April 9, 2017 MGGC group visited Funaoka for cherry blossom viewing. This is called sakura no nagame. I happen to be one of the invited guests who enjoyed the sakura viewing.  I was invited by my host family S.N.

We arrived at Funaoka Station in the morning. As we got off the train, we were welcomed by beautiful posts stating “welcome to Shibata sakura festival”. People were amazingly happy and friendly. I was given tour guide materials in English at the station. I really appreciated because I learnt a lot about the place in details.

We started by viewing trees along the Shiroishi river. The river side walk gave us a grip view of mount Zao covered in snow, the well lined sakura trees and the clear view of the stream river. The sight of the trees was so beautiful.  Using the slope car gave us another beautiful viewing experience. We enjoyed the gaze of the cherry blossom and passing trains from above. As if the cherry blossom trees were not enough there are also different kinds of beautiful garden flowers. The view from the top of the mountain was amazing.

One of the things that I also enjoyed was eating oysters. They are oishii. At the end of the flower viewing we went to the traditional restaurant near the station. It was so amazing and breath taking how the owners keep the Japanese tradition in terms of the food and decoration. From them I learn a lot about Japanese culture and food. The handmade cakes and the tea were just so good. I felt like I’m in another world.  I realized Japan is so rich in culture.

Altogether the places we viewed were: Shibata Senoukyo bridge, Funaoka castle ruins park, Souvenirs shop, view using slope car, river side park, Heiwa Kannon statue and the observation deck.

Finally, the flower viewing helped me to refresh and have a better understanding of Japanese seasons. Being my first time I enjoyed every moment of it. Cherry blossom viewing gave me the chance to experience what cannot be gained during lectures or tutorials during my stay in Japan.  MGGC members kept on explaining significant sites throughout the sakura viewing.

Once again thank you MGGC for the great opportunity that you allowed me to be part of the event. Looking forward to meeting them all again. Words cannot express how grateful I am

 

② 閖上、仙台市内 ガイド報告

H.C 

カリフォルニアのMr. Dの「被災地と歴史的な所」を尋ねたいというリクエストに応じて、5月28日に、Dさんと息子のN君を、下記の場所にご案内いたしました。

 9:30分に、南仙台駅で待ち合わせ、被災地の閖上に向かいました。名取市観光局から、「日和山神社に地元の人がいる場合がある」と2日前に聞いていましたので。運良く、若い男性がいて、写真を見せながら、当時の凄まじさを話してくれました。Dさんは、彼の家族のことが気がかりで、安否を尋ねました。幸いにも家族は近くの中学校に避難して無事だったが、「親戚は20名ほど亡くなっている。閖上地区は親戚が固まって住んでいた所だったので」と、いうことでした。当日、津波警報は作動せず、また、警告が発せられても「避難してもすぐ戻るんだから」と、家に留まっていた人たちの多数が波に飲み込まれたと残念そうに話しておりました

そこから、朝市に行きました。住民が少しでも地域を活性化させたくて開いている魚市場です。Dさん親子は気さくな方で、あちこち見ながら、商いしている方たちに、「こんにちは」と声をかけたり、焼きホタテやイカを食べて舌鼓を打っていました。去り際にDさんは、お花を購入しました。なんのため? 訝っていると、 N君は、「亡くなった人たちへの献花でしょう」と。彼らの、このふるまいは、とても自然でした。その後の彼らと共にいる時間は、ますますとても心地よいものになりました。

続いて荒浜小学校に向かいました。4月30日から公開を始めており、瓦礫が学校に飛び込んできた様子や、避難した人達や救助の様子を写真や記録ビデオで見ることができました。ありがたいことには、そのビデオは、英語の字幕があったので、とてもよく津波災害の実態を知ってもらえたと思います。

次に鐘崎笹かま館を訪ねました。何品かを試食した後、2階の「藤城清治メルヘンサロン」で、光と影の世界を楽しんでもらいました。また、井村隆氏のユニークな造形の魚や鳥が、ハンドルを回すと羽や尾びれがパタパタ動くのを、N君は、興味深く見ていました。彼はデザイン技師なので。そこで昼食をとり、その後、七夕ミュージアムに行き、七夕飾りを見てもらいました。次に、瑞宝殿にご案内しました。昼食時に、伊達政宗の事を説明すると、eye patch の武将だね、と嬉しそうでした。でも、瑞宝殿の政宗像は、「彼の遺言に従って」、両目が空いています、と言うと、彼は、思わずニヤ。殉死の供養塔を興味深げに眺めておりました。瑞宝殿そのものの豪華絢爛さからも、伊達政宗がいかに偉大で崇められていた人物かを理解してもらえたと思います。最後に訪ねたのは、青葉城址です。車で石壁の脇を通り抜ける時、その巨大さに強く印象付けられたようでした。 時間の関係もあり、館内には入らずに、政宗騎馬像付近から仙台市内を一望していると、伊達武将隊が「観光客と一緒の写真」のサービスを始めました。ラッキーでした。勿論、N君のスマホでも、「はい、ズンダモチ」、パシャ。17時の新幹線に乗る為、そこを16:00に去りました。天候にも恵まれ、夫の協力もあって、スムーズにご案内できたことに、感謝しております。

(*)6月4日、彼から次のメールを受け取りました。

 

H (Name)

We made it home, I have just now adjusted and somewhat caught up on my work.   I want to thank you personally for the time and effort you and your husband provided us in our trip to Japan.  I am grateful to have met some wonderful and patient people who were willing to share Japan with us. 

Please call on us any time you come to the US.  I would be happy to share some of our country with you here.

N. D

Comments