代謝ネットワーク科学 研究室


実用作物のオミックス解析による遺伝子・代謝物ネットワークの解明

生物の中でも植物は自分自身が動くことができないため、環境の変化に柔軟に対応することで自らの生存および次世代への生存戦略を展開します。この戦略を担うのが、植物体内でおこる代謝ネットワークの変化です。本研究室では、全生物共通の因子である有機化合物、すなわち「代謝物」に着目します。環境変化や育種、遺伝子変異等、ある要因をきっかけにして起こる代謝ネットワークの変化をオミックス解析により解明します。また、より包括的に代謝ネットワークを理解するための代謝物解析技術の確立も行います。 (草野 教授)


     To investigate a linkage of traits and metabolic networks, an integrative approach with large-scale experiments, so-called ‘omics’ data including genomics, transcriptomics, proteomics, and metabolomics, is required. Rapid technological advances in high-throughput experiment based on mass spectrometry (MS) have enabled us to simultaneously detect a wide range of small molecules, while the use of RNA Sequencing as well as microarray techniques provides comprehensive information at the transcript changes. We use these cutting-age techniques to address questions as follows.



<研究内容>

1.実用作物における重要農業形質の遺伝解析
Genetic analysis of important agronomic traits in crops and vegetables


2.代謝物の量的・質的変化を捉えるための測定法の開発
Development of analytical platforms to capture quantitative and qualitative changes of metabolite levels



3.オミックスデータを用いた代謝ネットワーク解析
Metabolic network biology using “omics” datasets