雑記帳‎ > ‎

枚方 - ひらかた - HIRAKATA

「枚方」と書いてなぜ[ひらかた]と読めるのか?

2015-08-29

はじめに

私たちの団体の名称は「枚方市民メサイア」なわけですが,これまで「ふりがな」をふることなどあまり考えていませんでした. ですので,関西のかたならともかく,[まいかたしみんメサイア]と読んでしまわれたかたも,結構いらっしゃるのではないかと思います. 「枚方」は[ひらかた]ですのでお間違えのありませんように. 今回は「音楽」の話題からははずれますが,「枚」をどうして[ひら]と読めるの? という話から入っていきます.
Google Earth で見た枚方市

日本書紀

「ひらかた」という地名は,日本書紀(720年)や播磨国風土記(715年頃)などの古い書物にすでに登場しています.
「ひらかた」という地名の由来はわかりませんが、奈良時代に成立した『日本書紀』には、「ひらかたゆ笛吹き上る近江のや毛野の稚子い笛吹き上る」という歌がみえます。同じく奈良時代成立の『播磨国風土記』にも、「河内国茨田郡枚方里」という地名が記されています。 <枚方市のウェブページより.>
つまり非常に歴史ある地名なわけです.

訓読み

歴史の話はさておいて,本題の「枚方」の読みの話をします.

「枚」を[ひら]と読ませることが,「非常に『特殊』である」と「勘違い」されているかたが,(枚方市民の中にも)多いのではないでしょうか? しかし,特殊でもなんでもないです. 「枚方」という地名をご存じないかたは,[まいかた]と読んでしまいがちですが,それだと「重箱読み」になっています. 普通に「訓読み」してください. 「『枚』の訓読みは『ひら』なの?」 と疑問に思われるかたがいらっしゃるかもしれません. でも,実例をあげるとすんなりとご理解いただけるはずです.

「一枚」は音読みすると[いちまい]です. では,訓読みするとどうなるでしょうか? 正解は[ひとひら]です. 「ひとひらのゆき」とか「ひとひらのはなびら」という言い方を,お聞きになったかたは多いと思います. ということで,「枚方」を訓読みすれば[ひらかた]となるわけです.

HIRAKATA

CompleteBox.jpg
ここからは,音楽にからめて書いてゆきます.

枚方市で結成されたロックバンド Janne Da Arc(ジャンヌダルク)<オフィシャル・サイト>を取り上げたセミドキュメンタリー風の映画「HIRAKATA」<AVEX - HIRAKATA><YouTube - HIRAKATA>が公開されたとき(2004年),[ひらかた]と読めるかたが多少は増えたかな? と思ったのですがさてどうでしょうか? 「雑記帳」ウェブページをお読みになっているかたがたはクラシック音楽ファンが多いでしょうから,この映画や Janne Da Arc には関心をお持ちではないでしょうが,少なくとも Janne Da Arc ファンのかたは,ちゃんと[ひらかた]と読めるようになったかな?

なお,このロックバンドの名前の由来は,かの有名なオルレアンの少女「ジャンヌ・ダルク / Jeanne d'Arc」ではなく(綴りが違う!), 漫画「新デビルマン」に登場したジャンヌ・ダルクだそうです&ltウィキペディア - Janne Da Arcより>(まぁ,Jeanne d'Arc とも多少関係はあるわけですが…). それはともかく,せっかく「音楽」の話になったので,もう少しこの映画について書いておきます.

1976年に開校した大阪府立枚方西高等学校という高校があり「ました」. Janne Da Arc のメンバー5人のうち4人はこの高校出身です. ところが2004年,この高校と大阪府立磯島高等学校とが統合され,大阪府立枚方なぎさ高等学校が開校しました(場所は磯島高校の場所). そして統合にともない,枚方西と磯島の両高校の新規募集は終了しました. その後,枚方西高校と磯島高校は,最後の在校生が卒業した2006年3月に閉校しています.

磯島高校の場合は,学校の名前が変わっても同じ場所に高校が存続し続けますが゜,枚方西高校の場合は,学校があった場所から学校がなくなってしまいます. 母校が消えてしまうわけで,それだけに寂しい思いがあったと想像します. (実は,筆者も出身中学校が統合されてなくなってしまい,少し離れた場所に別の新しい名前の中学校が誕生する,ということを経験しています.)  で,学校がなくなってしまう前の2004年,3学年がそろってイベントが出来る最後の年に,枚方西高校卒業生を中心に構成された Janne Da Arc のシークレット・コンサートが,母校で開かれたのです. 映画はこのコンサートを題材にしています.

一応私も,この映画をDVDで見ました. 当初,高校でのロックコンサート実現へ向けての活動をドキュメンタリー風にまとめているのかと思ったら,そうではなくて,高校のアマチュアロックバンドの話(これは完全な創作物語ではないかと思うのですが違っていたら教えてください)に,高校での Janne Da Aarc のコンサートとをからめたストーリーでした. ストーリーにちょっと物足りなさを感じたのが正直な感想です, ま,枚方市民としては,枚方の見慣れた風景がいろいろ登場するので,それはそれでよかったけれど……. Amazon のユーザ評価風に言えば「星3つ」くらいかな? 実際の Amazon でのこの映画の DVD の平均評価は,「星3.8」でした. まぁ,私が Janne Da Arc のファンだったら,かれらの映像をたっぷりと見ることができたわけで「星4つ」くらいにはするでしょうから,妥当な評価結果,といえるでしょうか…. (すみません.私はこの映画が公開されるときまで,Janne Da Arc というグループは知りませんでした.m(._.)m)  というわけで,クラシック音楽ファンのかたにまで「ぜひお勧めします」とは言いませんが,「関心をもたれたかたは一度ごらんになっては?」と思います.


Signature of Grotle