クリスティーナ&クリストフ・マイネッケ両氏 来日講演
 
 
10/5 ペアレンツ・トレーニング    ☆10/11~13 小児科学講座     ☆10/15 養護を必要とする子どもたちのためにできること
 
 
 

 
 
 

シュタイナー教育に基づく

ペアレンツ・トレーニング

 

2014年10月5日(日)9:30~16:30

東京・水道橋 LMJ研修センター(JR水道橋駅東口より徒歩6分)

 
 

講師

クリストフ・マイネッケ(小児科医師、心理療法士)

クリスティーナ・マイネッケ(治癒教育家)

 

 

シュタイナー教育に基づくペアレンツ・トレーニングは、子どもたち・家族の健康のために設立されたベルリンのファミーリエン・フォールムで始まり、現在はドイツ各地で実施されています。

今回は、全14回に渡るシュタイナー教育に基づくペアレンツ・トレーニングの一部を通して、その特徴を体験して頂くことができます。

講師であるマイネッケ両氏は、子どもの成長する場である「家族」の重要性を特に感じていて、子どもたちの遊び場であり、大人たちの学びの場であるファミーリエン・フォールムを立ち上げて、発達・食事・家族などについての相談、治癒教育的働きかけ、ペアレンツトレーニングなど、家庭が健康であれるための支えとなる活動に力を入れています。

また、両氏は、ベルリンにトラウマを抱える子どもたちのための乳児院を立ち上げました。そこでは、シュタイナー教育とハンガリーの小児科医であるエミ・ピクラーによる教育に基づく働きかけが取り入れられ、両氏は一人一人の子どもが守られて育つ ことができる環境を整えることに尽力しています。

子どもたちと関わる大人は、日々の関わりの中で、 その場その場で、判断や決断を迫られることがたくさんあり、「なぜ?こんな時、どうしたら?」などの問いや迷いが日々湧いてくるものです。シュタイナー教育に基づくペアレンツ・トレーニングでは、講義や体験を通して、参加者は「本当に子どもの発達に即した環境や働きかけは何か」を感じる体験ができます。

自分の持つ問いへのそれぞれの答えを見つけて、目の前の子どもにとって、何をすることがベストで あるか決断するためのヒントとなることでしょう!

今回の来日では、ペアレンツ・トレーニングに加え、 予防医学や社会的養護の子どもの育ちに関する講演 (東京10/1113、大阪10/15)も予定されています。詳細はホームページをご覧下さい。

 

【主催】マイネッケ両氏来日講演実行委員会

【共催団体】日本アントロポゾフィー医学のための医師会 

 
 

 
 
 
 
 

 

クリストフ・マイネッケ(小児科医師、小児・青少年心理療法士、元校医)

ハーヴェルヘーエ共同体病院の社会小児科医長を経て、現在はクリニックで診療。家族のための場 ファミーリエン・フォールム(治療教育、発達相談、食事相談、大人の自己教育、ペアレンツ・トレーニングなどを実施)の共同 創設者・代表。エミ・ピクラー・ハウス代表(エミ・ピクラー医師とシュタイナー教育に基づく乳児院)。関心事は「『家族』が安全な場所であれるように、 子どもの 本質への理解と愛を伝えること。」

 

クリスティーナ・マイネッケ(治癒教育家)

フィルダークリニックにて、母子病棟に勤務。親になろうとしている人たちの支援。ファミーリエン・フォールム共同創設者。エミ・ピクラー・ハウス教育  管理者。関心事は「(一般的または特別な生活状況にいる)小さな子どもに、その子だけの本質に応じた雰囲気と環境を整えること。」

 

 

参加費

一般:一日通し6000円 / 午前4000円 / 午後3000円

学生:一日通し3000円 / 午前2000円 / 午後2000円

申し込み8月1日より開始(定員になり次第締切)

問い合わせマイネッケ両氏来日講演実行委員会

【メール】meinecke2014japan@gmail.com

詳しくはhttps://sites.google.com/site/meinecke2014japan/

会場案内

LMJ研修センター4階大会議室

〒113-0033 東京都文京区本郷-11-14 小倉ビル4階

・JR中央線総武線「水道橋駅」東口より徒歩6分

・地下鉄三田線「水道橋駅」出口A6より徒歩3分

地下鉄丸ノ内線「後楽園駅」出口3より徒歩8分

地下鉄丸ノ内線「本郷三丁目駅」出口2より徒歩8分

地下鉄大江戸線「本郷三丁目駅」出口3より徒歩9分

LMJ東京研修センター

参加申し込み

【申し込み方法】申し込みフォームにご記入の上、

    メールかFAXでお送りください。

【支払い方法①/ゆうちょからの振り込み】

通信欄に「ペアトレ受講料」とご記入の上、

郵便振替にて払い込みください。

記号:10950 8027681

【支払い方法②/他銀行からの振り込み】

普通預金 店番:098 〇九八 (ゼロキュウハチ)

口座番号:0802768

   口座名義:日本アントロポゾフィー医学のための医師会

【申し込み締め切り】9月20日(火)

定員(90名)になり次第締め切らせて頂きます。お早目にお申し込みください

お支払いのキャンセルはできませんが、代理受講は  可能です。会場受付で振込票をご提示ください。

--------------------------------------講座申込書--------------------------------------
【申し込み先】
日本アントロポゾフィー医学のための医師会事務局 (224-0024横浜市都筑区東山田町1552 山本記念病院自由診療部内)

TelFax: 045-592-0067 E-Mail: qqnf5rk49 (アット) feel.ocn.ne.jp

 

105日(日)

9:30-12:45

 「ペアレンツ・トレーニング12」

14:15-16:30

「ペアレンツ・トレーニング3」

参加費    一般      学生

1日通し  □6000円  □3000

午前のみ  □4000円  □2000

午後のみ  □3000円  □2000

 

合計                円

名前                参加者分類:保護者、教師(幼稚園・保育園・学校)、医師、療法士、その他

所属(団体・学校名           )

TEL: email:

(10/1113日の両氏の講座にも申し込みされる方は、そちらとご一緒に申し込み下さい)

 

   

 


 

 

クリスティーナ&クリストフ・マイネッケ両氏 来日講演

 
 
日本アントロポゾフィー医学のための医師会主催
(
一部日本シュタイナー幼児教育協会、マイネッケ両氏来日公演準備会共催) 
 
 
 
2014年10月5日(日) 東京・水道橋 LMJ研修センター
2014年10月11日(土)・12日(日)・13日(祝) 東京・代々木 国立オリンピック記念青少年総合センター
2014年10月15日(水) 大阪・天満橋 ドーンセンター
 
 
 小児科医で臨床心理士でもあるクリストフマイネッケ氏は、新生児から思春期の子供たちまでの幅広い臨床経験を持ち、
その他にも親になろうとしている人たちへの支援や、乳児院を設立しトラウマを持った子供たちへのケアもしています。
アントロポゾフィーに基づいた教育と医学の観点から、アントロポゾフィー医学についてはじめて知る方へも
わかりやすく講義をしてくれます。ぜひお楽しみに。
 
 
 
 

 

講演会場

333

    2014年10月5日(日)

   東京・水道橋

    LMJ研修センター

2014年1011~13

   東京・代々木

  国立オリンピック記念

  青少年総合センター

   2014年10月15日 (水)

大阪・天満橋

  ドーンセンター

 444

 

 

 
 
問い合わせ: meinecke2014japan(アット) gmail.com
 
 
 111

 
講師紹介
 
 

クリストフ・マイネッケ医学博士

小児・青少年科の専門医であり、児童・青少年心理療法士

フライブルク、英・グラスゴー、シュトゥットガルト、フィルダーシュタットで学生時代を過ごし、2000年から2005年に、ハーヴェルヘーエのアントロポゾフィーに基づく共同体病院の社会小児科の部門の医長、その後、シュトゥットガルトとベルリンで学校医を経験。そして現在はベルリンのクリニックで診療にあたる。ハーヴェルヘーエのファミリーフォーラムの共同創設者・運営チーム・代表。エミ・ピクラー・ハウスの代表。家族構成は、妻と5人の子ども(そのうちの一人は他界)。

 

 

クリスティーナ・マイネッケ

スコットランドで治療教育士の養成をうけ、教育相談員

シュトゥットガルトのフィルダークリニックの保護者相談部門にて、親になろうとしている人たちの支援や母子病棟で勤務した。母子クラスの代表ハーベルヘーエのファミリーフォーラムの共同創設者であり、運営チームの一員。エミ・ピクラー・ハウスの教育管理者。家族構成は、夫と5人の子ども(そのうちの一人は他界)。

 

 

子どもとその家族の心理療法の専門資格。

子どもや青少年の外的環境からの健康や発達への影響を専門に扱う科。

 主に、発達障碍や心理周辺に、医師に加え、理学療法士、言語療法士、

 作業療法士、心理士、治療教育士が対応。

Familienforumhttp://www.familienforum-havelhoehe.de/

家族のための場(治療教育、発達相談、食事相談、大人の自己教育、ペアレンツトレーニング、パートナーシップ、チーム・共同体形成など、子どもと親、そして教師などの大人のための講座開催や相談受付など)

Emmi-Pikler-Haushttp://www.emmi-pikler-haus.de/エミ・ピクラー

 医師とシュタイナー教育に基づく乳児院

Der Hofhttp://www.der-hof.de/

フランクフルト近郊のニーダーウルゼルのデア・ホーフというアントロポゾフィーに基づく早期治療施設

Spielraum für Kinder - Lernraum für Eltern

Emmi-Pikler-Haushttp://www.emmi-pikler-haus.de/エミ・ピクラー

 医師とシュタイナー教育に基づく乳児院

  222

   
マイネッケ両氏 来日講演実行委員会
meinecke2014japan(アット) gmail.com