ノウハウ‎ > ‎

スクラッチーノ3をセットアップする

Scrattino(スクラッチーノ)はScratch(スクラッチ)でArduino(アルディーノ)を操作できるようにしたプログラミング環境です。

公式のScratch3.0にあらかじめScrattino拡張機能を組み込んで、デスクトップアプリケーションにしてあります。



Scrattino3をダウンロードする

下記のリンクからPCのOSに適したファイルをダウンロードして適当なフォルダへ展開する。

Releases · yokobond/scrattino3-desktop



ArduinoにFirmataを書き込む

Arduino IDEをインストールする

PCにArduino IDEを入れていないなら、以下のリンクからArduino IDEをインストールする。

このときページ内の各OSのリンクから開くページで寄付(donation)を求められるが、JUST DOWNLOADを押すと無料でダウンロードできる。

ダウンロードされたファイルをダブルクリックして、指示に従ってインストールを完了する。

Firmataを書き込む

注意: スケッチはArduino内に保存されるので、この書き込み作業は最初の1回だけで良い

Arduino IDEを起動して、メニューバーから[ファイル : スケッチ例 : Firmata : StandardFirmata]を開いてArduinoへ書き込む。


書き込み方法は以下を参照。

参照: Arduinoにスケッチを書き込む



ArduinoをUSBでつなぐ

Firmataが書き込まれたArduinoをUSBケーブルででPCにつなぐ。




Scrattinoを起動する

 ファインダーからScrattino Desktop.app を起動するとScratch3.0の画面が開く。

アプリケーションアイコン

初期画面
初期画面




ScratchからArduinoを操作する

ScratchにArduinoをつなぐ

Scrattino Desktop.appを起動して、拡張機能の追加ボタンを押し、拡張機能の中から「scrattino」をクリックして選ぶ。

拡張機能追加ボタン

拡張機能を選ぶ画面

「Scrattino」をクリックして選ぶと、Arduinoを探す画面になる。

Arduinoを探す画面


このときにFirmataを書き込んだArduinoがUSBでPCにつながれていると、Arduinoの選択画面になる。

まだArduinoをPCにつないでいなかったら、ArduinoをUSBでつないで「更新」ボタンを押すと、再び検索できる。

Arduino選択画面
Arduino選択画面

Arduinoがリストに現れたら「接続する」ボタンを押すと、そのArduinoに接続する。

しばらく接続作業を行っていて、接続が完了したら「エディターへ行く」ボタンが出るので、それを押してArduinoを使ったプログラミングをする。

接続完了画面


「Scrattino」には以下のようなブロックがある。

Scratchブロック一覧
Scrattinoブロック一覧


「A0」等のアナログ入力ブロックの左のチェックボックスをチェックすると、ステージ上にその値が表示される。アナログ入力に何もつないでいないと値が激しく変化するので、正常に接続されているかどうかを確認できる。


Arduinoの接続状態と再接続方法

正常にArduinoがつながると、Scrattino拡張の「接続ボタン」が緑色の(✓)になる。

もしもArduinoがつながれていないときは、Scrattino拡張の「接続ボタン」オレンジ色の(!)になる。

接続状態

Arduinoを使っている途中で接続が切れてしまったら、ArduinoをUSBから一旦抜いて再び入れ直してから「接続ボタン」を押して再接続させる。




Comments