某検証

2015/07/19
5月下旬までに何度か、このページに掲載している著作権侵害画像の拡散停止と取り下げを、これら画像をTwitterで拡散している被害者団体ブログへ、ブログサイドバーからのメール、コメント等でお願いしましたが、全く反応がありませんでした。
作者本人にもパクリを指摘しましたが、取り下げはしなさそうです。(パクリを止めろと言ったら後日本人ブログで横柄だの上から目線と言われてしまう始末で、結局何が問題かを解っていない様子。このような態度は、下リンク先のパクリ発覚後の朴ラーの言い訳と全く同じです)
なので、このページを定期ツイートに入れ注意喚起することにしました。 



先ずは問題点について、解りやすい説明が一通り載っているページを紹介。

著作権って何? | 著作権Q&A | 公益社団法人著作権情報センター CRIC

他人の著作物(文章、画像)を利用するときは注意!! 「著作権」のポイント紹介 - Yahoo!知恵袋

問題となるパクリ、一般的な技法としての
トレスと問題となるトレスの違い、具体的に何が問題か?は以下を。
実際に問題となった例。




上記リンク先は、このケースとよく似た
「ネットで拾った写真の、無断改変(貼り付け・加工/レタッチ)・(有料)素材画像の無断トレス」
「企業の商標画像を無断で加工・改変しての利用
が大きく問題となった著作権侵害(パクリ)の前例です。

盗作した本人とその周囲の友人達は、パクリ程度の何が問題なのかと開き直りますが、世間はそれほど甘くありません。
上記以外にも検索すれば10年以上前からパクリが発覚した朴ラーの検証サイトが作られていた形跡が山ほど出てきます。

何故か昔からよく見られるのですが、「写真に著作権はない」と思い込んでいる人が後を絶ちません。
このページ一番上のリンク先をよく読んでください。イラストにも写真にも文章にも、創作物にはその人の著作権があります。

著作権がクリアでない画像を無断で使用して、画像の著作権を持っている側から告発された場合、損害賠償等を請求される可能性があります。

> 京都・祇園祭のポスターや雑誌などに、自分が撮影した写真や、写真を基に描かれた水彩画を無断で使われ、著作権を侵害されたとして、東京のアマチュアカメ ラマン斎藤和年さん(55)が、八坂神社(京都市東山区)や同市の印刷会社、出版社などに損害賠償を求めた訴訟の判決で東京地裁は13日、総額91万円の 支払いを命じた。

このページ公開後、この盗用画像問題を知った加害側と見られる者が似たような画像盗用を行った釣りアカウントを作成し、騒動にしていた様子。


ただでさえパクリ画像を拡散し続ける行為は普通に良くないのに、このように、加害側にとってはいつでも炎上させて集スト被害者叩きに使える爆弾のようなものなので、更に面倒なことになるだけです。



以下、パクリ検証作業にて、商品サンプル画像の加工&貼り付けと判明したもの

パクリ画像(クリックで原寸)

↑比較検証(クリックで原寸)



お面

仮面ライダー 1号のお面  http://www.inokuchi.net/p_win/33027.html
パクリ画像(クリックで原寸)

↑比較検証(クリックで原寸)



仮面ライダー V3のお面 http://www.inokuchi.net/p_win/34166.html
パクリ画像(クリックで原寸)

↑比較検証(クリックで原寸)



パクリ画像(クリックで原寸)
子豚も貼り付けだが、ネットで転載されまくっていて出展が不明なため実質フリー素材。
そして、在日が日本人に対しよく使う侮蔑表現の「猿」と「豚」の組み合わせをしている、という疑惑が…。

ウルトラマンメビウスのお面 http://www.inokuchi.net/p_win/33837.html
比較検証1(クリックで原寸)

2015/05/06追加:トナカイの衣装(帽子) http://www.eporoshi.net/cm/19401.html
比較検証2(クリックで原寸)
「トナカイ 衣装 子供」の画像検索で、やや下の方に出る。
クリスマスでもない時期に作成・公開しているのに何故トナカイ?


これら以外にも写真の加工貼り付けが多数。
他は見つからなかったり、ネットのフリー素材写真が多いようだが、画像検索で上位に出てくるブログやサイトからの2次使用と思われる物が多い。(もしフリー素材を探していただけなら、素材サイトに存在する筈のない商品写真が混ざることはない)
素材提供元によっては、2次使用やを提供元を記名せず使うと利用規約違反になる場合がある。

最近(2015/04/10現在)のものは、使い回しの猿の頭と顔以外ほとんど素材コピペで済ませていて、自力で描いている部分が少なくなっている様子。
pixivに公開しているキャンバス画だと完全に描けないわけではないようだが、デジタルになると何故安易な素材貼り付けやトレースに走るのかがよく解らない…。



2015/05/06 新たに商品サンプル画像からの盗用を確認したもの

上の検証用画像の検索をした2015/03/31の後に作成・公開されたものにも、商品画像の加工貼り付けがある。
3月中に行ったこれら盗用画像の検証作業で入力した検索キーワード(セーラー服、鎧、馬など)と一致させた当て付け仄めかしをするため、2015年4月以降に公開された画像は不自然な組み合わせの画像ばかりになっている。この辺りは後に頁を改めて書く。



パクリ画像(2015/04/02公開)

兜の吹き返し部分
比較検証1(クリックで原寸)

兜の緒部分
直江兼続や伊達政宗などゲームショウの会場に登場した9人の有名戦国武将の甲冑 - GIGAZINE http://gigazine.net/news/20090925_yoroi_tgs2009/
比較検証2(クリックで原寸)
元画像の幅を縮める加工をして貼り付けている。
画像の明度を上げると、切抜き時に所々残った背景の白い部分や、紐を部分的に切り貼りし位置を変えた跡が浮かび上がる。
「伊達政宗 鎧」で画像検索をすると上位に元画像が出てくるが、元サイトの説明では「上杉謙信の鎧」と説明。(すぐ下に伊達政宗の鎧の説明があるので一緒に引っかかる模様)






2015/04/19追記:こうしたパクリ問題は、著作権問題が起こっている事を知らない人や興味がない人には解りにくいようなので、説明用に一番上の段落とリンクを追加
2015/05/06追記:このページに掲載している盗用画像の問題を、4月下旬までに、これら画像の作者が所属している某被害者の会のブログにて、4月下旬までに2度連絡を入れました。
 しかし、その会が運営しているTwitterアカウントで盗用画像のbot拡散が停止されなかったことと、作者がこの盗用画像検証作業への当て付け仄めかしを込めた画像の製作を止めていないようなので、追加の検証作業を再開
Comments