Home

最新情報

  • 松岡研究室は,巨大地震・津波など広域自然災害の軽減や都市環境評価を目的として,GISやリモートセンシングなどのジオインフォマティクスを応用した研究と災害情報処理能力を養成する実践的な教育を進めています。
  • 地震工学の基礎はもちろん,ジオインフォマティクスの基盤である計測技術,画像処理,情報技術,計算機科学,インターネットの国際標準などの幅広い分野の最新知見を柔軟に吸収して防災や都市環境評価に応用していきます。
    1. リモートセンシングによる地震津波災害把握
    2. ジオインフォマティクス防災技術
    3. クラウドを活用した災害情報システム

  • Matsuoka Lab has been established in Department of  Built Environment, Interdisciplinary Graduate School of Science and Technology in Tokyo Institute of Technology since Aug 1, 2012.
  • The main research topics are geoinformatics such as GIS and remote sensing and earthquake engineering for disaster management.
    • Remote sensing technology for earthquake and tsunami damage assessment
    • Geoinformation technology application to disaster management
    • Disaster information system using web services such as cloud computing