平成21年度 松ノ木小学校 家庭学級(2回シリーズ第2回) 宇宙に広がる日本の折り紙技術 ミウラ折り

(C)宇宙航空研究開発機構(JAXA)


『ミウラ折り』って何? 

「ミウラ折り」を考えだしたのは、JAXAで宇宙構造工学を研究する、東京大学名誉教授の三浦公亮氏が、もともとは人工衛星のパネル展開などの技術として考案したものです 
紙全体を瞬時に広げたり折り畳んだりすることができる特殊な折り方で,対角線部分を持って、左右に引くだけで瞬時にで広げたり、畳んだりできる不思議な折り方です。
小さく折り畳んだものをパッと開閉できる特徴は、宇宙開発の技 術としてすでに実用化されています。
若田光一宇宙飛行士がロボットアームで回収したことで知られる、「宇宙実験・観測フリーフライヤー(SFU)」では、ミウラ折りの太陽電池パネルの展開実験が行われました。今回は、大型の地図などにも広く採用されているこの実用的な折り方に挑戦してみましょう。 
    11月7日(土)『まつぼっくり会』会場内にて平成21年度
   松ノ木小学校PTA家庭学級の第2回目を開催いたします。
     杉並区立松ノ木小学校へのアクセス

       住所:東京都杉並区松ノ木1−2−26
       電話:03−3313−2464
       京王井の頭線永福町下車
       京王バス•関東バス→高円寺駅行き,新高円寺駅行き:
松ノ木住宅下車→徒歩1分


サブページ (1): おしらせ
Ċ
杉並区立松ノ木小学校PTA,
2009/10/14 16:27
Comments