photoreading

加速学習の世界的権威、ポール・R・シーリィが開発した新しい本の読み方、”フォト・リーディング”。

ポール氏の書籍は日本においても紹介され「あなたも、今までの10倍速く本が読める」が発売され、ベストセラーとなった。

フォトリーディングは資格を目指す方や学生のかたに広まり多くのフォトリィーダーを輩出した。

マインドマップやイメージストリーミング、Super Learningなどは、暗示学習ともいわれ、欧米などの企業研修にも積極的に取り入れられいるが、この加速学習の代表的なメタスキルが、写真を写し取るように高速で読み取るフォトリーディングである。

学習において記憶を長期記憶に変えるには、繰り返し学んでゆく必要がある。

無味乾燥な暗記は学習者の意欲を減退させ、仮にその学習において成果が上がらなければ、挫折という道しか残されていない。

本来、学習とは本能的な要素があるわけだが、現状で行われている教育や組織の枠によって、個人の近くから湧き上がる創造性はアイデアは抑圧される傾向にある。

このフォトリーディングの開発に協力した、加速学習のポール氏は「メンタルリテラシー」とい新し価値観を生み出した。

ポール氏は自分の知性と潜在意識を開発し、さまざまな自己変革のプログラムうを構築した。



米国ラーニング・ストラテジーズ社の共同設立者、Paul R.Scheele,M.A氏。

フォトリーディング・ホールマインド・システムの開発者。

ミネソタ大学・理工学部にて学士号、およびセントトーマス大学院・人文学科にて博士号を取得。

ビジネス界を始め各界で注目される神経言語プログラミングおよび加速学習分野における世界的権威。

その専門知識を「読書」という誰もが必要なスキルを通じて、実務レベルで実践。

その結果、短期間で、驚くほどスキルレベルが向上する研修プログラムを次々に開発。
その実績に関しては、他の追随を許さない。

世界各国の企業や政府レベルのコンサルタントでもある。
フォトリーディング・ホールマインド・システム
「速読」というと”ページをめくるだけで、何が書いてあったかを瞬時に答えるという物”といわれるが、このPhotoReadingは少し考え方が違う。

文書や書籍を、読みすすめようとした場合、人間は意識上では8バイト程度しか認識できない。

要するに集中できない状態に陥ってしまう。

これをドキュメントショックというのだそうだ。


読みすすめるよりも、無意識が様々な連想が起こってしまう。

つまり文書の内容は最初は意識上では読んではいけないのだ。

情報を取り込む場合、意識は感情や先入観などのバリアをはり集中をさまたげるといわれている。

そういった従来の書籍の読みかたは、文書をすんなり読み進められるケースは少ないらしい。

フォトリーディングは5つのステップを含み、完璧な書籍の読破を提供する。

その新しい本の読み方は、記憶にきざまれ実生活にすぐに生かすことができる。

このフォトリーディングのスキルは、身に付けてしまえば学習する喜びが生まれ、自分自身の素晴らしい力を引き出すことができるといわれれている。

読書トライアスロン(私の読書ブログです。)

サブページ (1): New Option Generator
Comments