野生のイワサキセダカヘビ

Guest Seminar

  • TBA

Schedule

  • 3/5に日本学術振興会特別研究員説明会(京都大学)で講演します。

  • 3/20に第62回日本生態学会大会(鹿児島大学)で宮地賞受賞講演をおこないます。

News

2015


  • ゲストセミナーをホストしました:
     合原一究(同志社大学)
      「カエルの合唱構造の解析と理解」

    • 日時:2015年2月18日(水)16:00-18:00

    • 場所:理学部2号館1階第2講義室

  • FBSコロキウム(大阪大学)で講演しました。 (2015.2.13)

  • ゲストセミナーをホストしました:
     野下浩司(九州大学)
      「CTデータを利用した腹足類殻形態の定量化」

    • 日時:2015年2月2日(月)16:00-18:00

    • 場所:理学部2号館1階第3講義室

  • 2015年度大学入試センター試験(生物②)で私の研究に関連する出題がありました。 (2015.1.18)

  • ゲストセミナーをホストしました:
     福島健児(総合研究大学院大学)
      「食虫植物における消化酵素の収斂進化」

    • 日時:2015年1月15日(木)16:30-18:00

    • 場所:理学部2号館1階第2講義室

  • 統計数理研究所共同利用研究集会 「生物に見られる時空間パターンと統計数理:同調・認知・行動」でコメントしました。 (2015.1.6)


2014


  • ゲストセミナーをホストしました:
     森本直記(京都大学)
      「チンパンジー、ボノボにおける大腿骨の比較形態発生」

    • 日時:2014年12月19日(金)16:00-18:00

    • 場所:理学部1号館生物物理BP1(106)

  • 第五回進化多様性生物学オープンセミナー(京都府立大学)で講演しました。 (2014.12.12)

  • 12/5-7の第46回種生物学シンポジウムに参加しました。 (2014.12.7)

  • 第30回国際生物学賞記念シンポジウムに参加しました。 (2014.12.3)

  • 第62回日本生態学会大会での宮地賞の受賞が決定しました。 (2014.11.27)

  • 木村資生博士生誕90周年記念シンポジウムに参加しました。 (2014.11.13)

  • 琉球新報の副読紙「週刊レキオ」で研究が紹介されました:左巻きカタツムリの謎!? (2014.10.31)

  • 第6回総合研究交流セミナー(国立科学博物館筑波実験植物園)で講演しました。 (2014.10.20)

  • ゲストセミナーをホストしました:
     丹羽隆介(筑波大学・JSTさきがけ)
      「Sex, Sperm, and Steroid:交尾刺激と生殖幹細胞をつなぐショウジョウバエの神経・内分泌機構」

    • 日時:2014年9月26日(金)14:00-15:00

    • 場所:理学部2号館1階第2講義室

  • 9/16-25は調査で石垣島と西表島に行っていました。

  • 環境省野生生物保護センター(西表島)で講演しました。 (2014.9.24)

  • 環境省国際サンゴ礁研究・モニタリングセンター(石垣島)で講演しました。 (2014.9.23)

  • 大原中学校(西表島)で出張授業をおこないました。また、同日授業の様子がNHK沖縄のニュース番組おきなわ HOT eyeにて 「”進化”を学ぶ特別授業」として紹介されました。 (2014.9.19)

  • 9/11-13の動物学会仙台大会に参加し、成茂動物科学振興賞を受賞しました。 (2014.9.12)

  • 8/24-9/1に台湾で野外調査をおこないました。

  • 8/21-24の進化学会大阪大会に参加しました。

  • ゲストセミナーをホストしました:
     太田欽也(Academia Sinica)
      「二叉したキンギョの尾鰭を例に考える淘汰、発生、形態の関係」
     宮本教生(JAMSTEC)
      「非モデル生物から迫る新奇性の進化―ギボシムシとホネクイハナムシの場合―」

    • 日時:2014年8月20日(水)15:00-18:00

    • 場所:理学部2号館 1階第3講義室

  • ゲストセミナーをホストしました:
     山道真人(京都大学白眉センター)
      「理論から探る生態と進化のフィードバック」
     清水啓介(京都大学理学研究科)
      「貝類における貝殻形成メカニズムと巻きの進化」

    • 日時:2014年7月15日(火)13:30~

    • 場所:理学部2号館 218号室

  • ポケットゼミ「生命を知る、観る、創る:いのちの科学」で講義しました。 (2014.7.2&9)

  • 武蔵野美術大学で特別講義をおこないました(科目名『自然科学』)。 (2014.6.12)

  • 集英社クオータリーの季刊雑誌「kotoba」2014年夏号が発売されました。私のインタビュー記事が収録されています。 (2014.6.6)

  • The 3rd International Seminar on Biodiversity and Evolution でポスター発表しました。 (2014.6.6)

  • ラジオ番組夢☆夢Engine!に出演しました。 (2014.5.10)

  • 白眉センター2013年度年次報告会「深化する知 -Treasuring Wisdom, Refining Technology」(@京都大学芝蘭会館山内ホール)でポスター発表しました。 (2014.4.22)

  • 文部科学大臣表彰若手科学者賞を受賞しました。 (2014.4.15)

  • 日本貝類学会大阪大会(@大阪自然史博物館)で公開講演しました。(2014.4.13)

  • ゲストセミナーをホストしました:
     林亮太(西海区水産研究所)
      「本草学資料を用いて科学する:海亀・鯨・藤壷の生態学」
     岡西政典(京都大学瀬戸臨海実験所)
      「西太平洋海域におけるツルクモヒトデ目(棘皮動物門)の分類・系統・進化」

    • 日時:2014年3月24日(月)13:30~

    • 場所:理学部2号館218セミナー室

  • 第61回日本生態学会広島大会の自由集会「貝類を通して生命現象に迫る 2: 生物間相互作用」でコメンテーターを務めました。 (2014.3.14)

  • ゲストセミナーをホストしました:
     飯田敦夫(京都大学再生医科学研究所)
      「真胎生魚 Xenotoca eiseni の繁殖行動および胎仔発生について」

    • 日時:2014年3月11日(火)13:30~

    • 場所:理学部2号館218セミナー室

  • 京都大学アカデミックデイ2013での発表により京都大学アカデミックデイ賞を受賞しました。 (2014.1.29)

  • 「ガリレオX」(BSフジ11:30-12:00)に出演しました。 (2014.1.26)

  • 「フィールドノート」をテーマにしたサロン(@東京大学)で話題提供しました。 (2014.1.11)

  • WAOサイエンスパークで研究が紹介されました。 (2014.1.6)


2013


  • 京都大学アカデミックデイ2013でポスター発表しました。 (2013.12.21)

  • 動物行動モデリング研究集会(@統計数理研究所)で発表しました。 (2013.12.17)

  • 白眉セミナー(@京都大学)で発表しました。 (2013.12.3)

  • 古生物学セミナー(@東京大学大学院理学系研究科遠藤研)で発表しました。 (2013.11.26)

  • 生物科学セミナー(@大阪大学大学院理学研究科松野研)で発表しました。 (2013.11.6)

  • 生物系創作イベント「生きものまーけっと(なまけっと)」(@東京卸商センター)で講演しました。 (2013.11.2)

  • 朝日新聞で研究が紹介されました:右利き・左利きの謎 生物の進化・生存競争にも影響 (2013.10.28)

  • サイエンス・カフェ、語ろう!どうぶつで話題提供しました。 (2013.10.26)

  • 生態研セミナー(@京都大学)で発表しました。 (2013.10.18)

  • 日本進化学会第15回大会(@筑波大学)で口頭発表しました。 (2013.8.30)

  • 京都市立芸術大学で講義しました。 (2013.8.26)

  • 数理生物学サマーレクチャーコース第2回(@理研CDB)でポスター発表しました。 (2013.7.29-30)

  • 白眉センター&CAPE共催セミナー「文化系統学・文化進化研究の現在―『文化系統学への招待』合評会」(@京都大学)でコメンテーターを務めました。 (2013.7.28)

  • 集団機能学セミナー(@奈良女子大学)で発表しました。 (2013.7.25)

  • 再生増殖制御学セミナー(@京都大学再生医科学研究所背原研)でセミナー発表しました。 (2013.7.22)

  • 第7回水生生物勉強会(@京都大学芦生研究林)で発表しました。 (2013.7.20)

  • 2013.5.26に実施された2013年第1回法科大学院全国統一適性試験の第3部「長文読解力を測る問題」に、拙著「右利きのヘビ仮説」の一節が使われました。 (2013.7.8)

  • 昆虫学格致セミナー(@京都大学昆虫生態学教室)で発表しました。 (2013.6.28)

  • 公益財団法人東京都公園協会の雑誌「緑と水のひろば」に寄せた記事が出版されました。 (2013.6.25)

    細 将貴 (2013)

    左巻きのカタツムリと右利きのヘビ. 緑と水のひろば 72:18-19.

  • 名無し進化セミナー(琉球大学)で発表しました。 (2013.6.24)

  • The 6th Snake Ecology Group Meetingで発表しました。 (2013.6.22)

  • 読売新聞夕刊科学面で紹介されました。 (2013.6.13)

  • ミニレビューが出版されました。 (2013.4.16)

    細 将貴 (2013)

    <いきものの不思議> 左巻きのカタツムリで検証する「分子進化のほぼ中立説」. 生物の科学 遺伝 67(3): 385-390

  • 拙著「右利きのヘビ仮説」が今年の科学ジャーナリスト賞ノミネートされました。 (2013.4.12) (2013.4.22 追記: 残念ながら受賞は逃しました。)

  • 京都大学白眉センター特定助教として、同大学理学研究科動物生態学教室に着任しました。 (2013.4.1)

  • 琉球大学前期入学試験で、私の研究内容に関する設問が出題されました(生物p.19; PDF)。 (2013.2.26)

  • イギリスのテレビ番組 David Attenborough's Natural Curiosities で研究が紹介されました。 (2013.2.19)

  • 3/5-9の日本生態学会静岡大会には、都合により参加できなくなりました。 (2013.1.28)

  • 1/15-17に一時帰国します。滞在地は京都。 (2013.1.8)


2012


  • 朝日新聞の〈探究人〉で紹介されました。 (2012.12.20)

  • カルチャー誌「ケトル」で研究が紹介されました。 (2012.12.14)

  • 和文総説論文が出版されました。 (2012.12.7)

    細 将貴 (2012)

    展望:島嶼生物地理学で拡散共進化を紐解く. 日本生態学会誌 62: 339-345.

  • Young Systematists' Forum でポスター発表しました。 (2012.11.29)

  • Molluscan Forum でポスター発表しました。 (2012.11.28)

  • Naturalis Late Night Show に出演しました。 (2012.11.1)

  • 公募の結果が公表されました。春から京大に戻ります。 (2012.10.25)

  • 論文が出版されました。 → 研究紹介 (2012.10.3)
    [朝日新聞日経新聞、毎日新聞、産経新聞、朝日小学生新聞等の国内新聞各紙、Live ScienceNew ScientistThe Japan TimesSpiegelFocusFigaro 等の海外メディアで紹介されました。]

    Hoso, M. (2012)

    Cost of autotomy drives ontogenetic switching of anti-predator mechanisms under developmental constraints in a land snail. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences 279(1748): 4811-4816.

  • 論文が受理されました。 (2012.9.11)

  • アムステルダム自由大学の Nature of Life Meetings で講演しました。 (2012.6.12)

  • 論文が出版されました。 → 研究紹介 (2012.6.7)

    Hoso, M. (2012)

    Non-adaptive speciation of snails by left-right reversal is facilitated on oceanic islands. Contributions to Zoology 81(2): 79-85. [PDF]

  • さよなら台湾。これより一路、オランダに向かいます。 (2012.5.23)

  • 國立臺灣師範大學で講演しました。 (2012.5.21)

  • 台北市立動物園で講演しました。 (2012.5.15)

  • さよならスイス。しばらくあちこちを放浪します。君の町にも行くかもよ。 (2012.4.15)

  • 日本進化学会ニュースに寄せた記事が出版されました。 (2012.3.29)

    細 将貴 (2012)

    <海外研究室だより> 戦う博物館:NCB Naturalis. 日本進化学会ニュース 13(1): 12-15.

  • 震災から一年。 (2012.3.11)

    サイエンスを信じて生きていてもいいかもしれない。またそう思えるようになってきました。時間薬のおかげではなく、著書の感想を聞かせてもらったおかげです。こんなに人の心に届く物語、僕の信じたサイエンスが、無意味であるはずがありません。

  • 一部の執筆を分担した「種間関係の生物学」が出版されました。 (2012.3.6)

    細 将貴 (2012)

    右と左の共進化:追いかけるヘビと逃げるカタツムリ. 種生物学研究35号

    細 将貴・鈴木まほろ (2012)

    博物館標本の活用術. 種生物学研究35号

  • イワサキセダカヘビの物語をくわしく解説した本を出版しました。 (2012.2.20)

    「右利きのヘビ仮説: 追うヘビ、逃げるカタツムリの右と左の共進化」 東海大学出版会

  • スイスのルツェルンに着きました。これから二ヶ月半程EAWAGでお世話になります。 (2012.1.29)

  • 論文が正式に受理されました。しょぼいけど、賞味期限の長い仕事だと思います。 (2012.1.13)


2011


  • 平成23年版環境・循環型社会・生物多様性白書で私の研究が紹介されています(ページ下)。 (2011.12.9)

  • 2月からしばらくスイスに行くことになりました。凍えそう。 (2011.11.30)

  • チューリッヒ大EAWAGでセミナー発表しました。 (2011.10.26)

  • ライデン大学理学部のオープンセミナー This Week's Discoveries で講演しました。 (2011.9.13)

  • ESEB 2011 で講演しました。 (2011.8.22)

  • 週刊少年サンデーに連載中の「絶対可憐チルドレン」にて、私の研究がネタに使われました。 (2011.7.8)

  • イワサキセダカヘビがTVに初登場しました。 (2011.6.27)

    6月26日(日) 夜9時~ NHKスペシャル「ホットスポット」 日本 私たちの奇跡の島

  • ミニレビューが出版されました。 (2011.6.21)

    細 将貴 (2011)

    <いきものの不思議> 右利きのヘビと左巻きのカタツムリ. 生物の科学 遺伝 65(4): 2-8.

  • 今年度の日本進化学会研究奨励賞をいただくことになりました。 (2011.5.24)

  • 東北大学生態適応gCOEのウェブサイトに、私のインタビュー記事が掲載されました。 (2011.5.21)

  • ライデンに到着しました。 (2011.4.1)

  • 学会で北海道に来ています。こちらも少し揺れましたが無事なので、ご心配なく。 (2011.3.11)

  • 藤原ナチュラルヒストリー振興財団の第2回フォトコンテストで私の作品佳作に選ばれました。 (2011.2.17)


2010


  • 論文が出版されました。→ 研究紹介 (2010.12.8)

    Hoso, M., Kameda, Y., Wu, S. P., Asami, T., Kato, M. & Hori, M. (2010)

    A speciation gene for left-right reversal in snails results in anti-predator adaptation. Nature Communications 1: 133. (doi:10.1038/ncomms1133) [NPG] [with Featuring Image; featured by Nature in Research Highlights and Nature News]