Eacov: 特徴語抽出を用いた仕様-コード間対応復元

遠藤侑介, 酒井政裕, 今井健男, 岩政幹人 「Eacov: 特徴語抽出を用いた仕様-コード間対応復元」, ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2011(SES2011), ポスター展示, 2011年9月.

Yusuke Endoh, Masahiro Sakai, Takeo Imai, Mikito Iwamasa. Eacov: extracting a relation between specifications and programs by using important word analysis. Software Engineering Symposium 2011, Poster, Sep. 2011.

概要 / Abstract

運用中のソフトウェアでは,運用時の修正や派生開発によって,設計仕様書に書 かれた各機能がどのモジュールで実現されているか不明確になっていることが 散見される.本発表ではテストカバレッジを介して設計仕様書とモジュール間の 対応を復元するツール eacov を解説する.我々は,設計仕様書とテストケースの 対応が比較的維持されているという前提に立ち,テストケースを「文書」,その テストで実行された箇所の集合を「単語の集合」とみなして,自然言語処理に用 いられる特徴語抽出手法である TF-IDF を適用し,テストケースとプログラムの 間の対応関係を抽出する.

It is important for maintenance to ensure correspondence between each feature in specifications and program modules implementing them. However, customizing software after deployment or revising software in derivative development often breaks the correspondence. Assuming that the correspondence between design specification and test programs is well maintained, we propose Eacov, which extracts the correspondence between test programs and modules by using test coverage. Eacov applies TF-IDF, an important word analysis popularly used in natural language processing. Test programs are regarded as "documents" and modules run by each test as "words".

ここに掲載した著作物の利用に関する注意/ Notice for the use of this material

本著作物の著作権は情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。

The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof.