細川貴弘 Hosokawa Takahiro のページ


(2015年12月長崎バイオパーク
にて)


〜近況〜
・8月24日:石垣から戻りました。次は28日に日帰りで松山です。

・8月9日:今月の21~23日は石垣島で採集です。宮古島にもちょっとだけ寄ります。

・7月24日:人間ドックの結果が出て、大きな問題はないとのこと。今回はアレルギーチェックというのをやってもらったら、スギ、ヒノキ、ハウスダストはもちろん陽性、加えてヤケヒョウヒダニも陽性、ブタクサが疑陽性でした。

・7月10日:1年ほど前から「これはひょっとして・・・」という感じはしていたのですが、最近確信しました。わたしは老眼が始まっています。

・7月4日:昨年に引き続き人間ドックに行って来ました。昨年とは病院を変えてみましたが、大きな違いは感じませんでした。

・7月3日:友人の結婚式で京都に行って来ました。同世代の大学教員と、「そのうち指導した学生の結婚式に呼ばれるようになるんやろな・・・」てな話をしました。

・6月26日:先週末は那覇で過ごして昨日に戻ってきましたが、福岡はだいぶ涼しく感じます。今週で6月の担当実習が終わります。

・5月29日:気がつけば5月ももう終わり。6月は学生実習の指導に追われます。自分の研究の進捗がいまいちです。

・5月9日:ようやく花粉の苦しみからも解放されました。5月24~26日は石垣島で採集の予定です。初めて学生を連れての採集なんでいろいろありそうですが、とりあえずは好天を祈りましょう。

・4月25日:長く長く苦しんでいた原稿をようやく脱稿しました。文章力・語彙力が高まる木の実を誰か教えてください。

・4月4日:ますます花粉に苦しめられている最近ですが、新年度にもなったことですし、科研費も採択されたことですし、気持ちも新たにガンバリます。

・3月30日:応用動物昆虫学会に参加してきました。質疑応答を含む発表技術はまだまだ修行せねばと痛感しました。

・3月22日:少し暖かくなってきました。長らく苦しんでいた執筆作業をようやくクリアできそうな春です。

・3月2日:花粉がひどくてしんどいです。

・2月8日:体調崩れてます。とりあえず早くあったかくなってほしいです。

・1月31日:花粉を感じ始めました。寒さと鼻水に苦しむつらいつらい季節の到来です。

・1月4日:3月の応用動物昆虫学会で以下の発表をします。
◯細川貴弘、深津武馬「カメムシの共生細菌になれなかった環境細菌」(口頭)
今西萌美、細川貴弘「ミナミアオカメムシではなぜ共生細菌の種内多型が生じていないのか?」(ポスター)
◯西野貴騎、棚橋薫彦、向井裕美、細川貴弘、立川周二、深津武馬
ノコギリカメムシの外部共生器官の構造および共生真菌の卵表面への伝達」(ポスター)


・2017年1月1日:あけましておめでとうございます。

これまでの「近況」はこちら、日記はこちら、facebookはこちら、研究室のHPはこちら