細川貴弘 Hosokawa Takahiro のページ


(2015年12月長崎バイオパーク
にて)


〜近況〜
・3月22日:少し暖かくなってきました。長らく苦しんでいた執筆作業をようやくクリアできそうな春です。

・3月2日:花粉がひどくてしんどいです。

・2月8日:体調崩れてます。とりあえず早くあったかくなってほしいです。

・1月31日:花粉を感じ始めました。寒さと鼻水に苦しむつらいつらい季節の到来です。

・1月4日:3月の応用動物昆虫学会で以下の発表をします。
◯細川貴弘、深津武馬「カメムシの共生細菌になれなかった環境細菌」(口頭)
今西萌美、細川貴弘「ミナミアオカメムシではなぜ共生細菌の種内多型が生じていないのか?」(ポスター)
◯西野貴騎、棚橋薫彦、向井裕美、細川貴弘、立川周二、深津武馬
ノコギリカメムシの外部共生器官の構造および共生真菌の卵表面への伝達」(ポスター)


・2017年1月1日:あけましておめでとうございます。

これまでの「近況」はこちら、日記はこちら、facebookはこちら、研究室のHPはこちら