分娩様式(経膣分娩・予定帝王切開・緊急帝王切開)



緊急帝王切開の人数が少ないことに注意しつつご覧ください。

  • 母体の年齢
分娩様式と母体の年齢は関連がなかった。


  • 分娩様式:初産婦vs.経産婦
初産婦に緊急帝王切開が多く、経産婦では反復予定帝王切開(前回も帝王切開だったので今回も帝王切開という場合)が多くなる。


  • 赤ちゃんの性別
なぜか男の子の方が帝王切開が多かった。


  • 在胎週数・日数


予定帝王切開は妊娠37~38週に予定されることが多く、経膣分娩や緊急帝王切開に比べると平均2週間弱(あるいは10日強)、早くお産になる。


  • 赤ちゃんの出生時体重
予定帝王切開は全例が経産婦であるにもかかわらず、在胎週数の影響か、経膣分娩に比べて平均200g赤ちゃんが小さく生まれやすい。
緊急帝王切開で生まれた赤ちゃんは大きめだった。


  • 不妊治療による妊娠かどうか
不妊治療による妊娠で、予定・緊急帝王切開が多い傾向。


  • 両親学級受講の有無
予定帝王切開(全て経産婦)で受講がやや少ない傾向。


  • 母体の妊娠前後の体重と肥満度(BMI)


妊娠中の体重増加量は経膣分娩vs.緊急帝王切開に影響するのか・・・?

Back | Next