English

マレーシア不動産投資クラブ (M-REIC)

為替情報詳細はこちら 為替相場はInvesting.com 日本 によって機能しています。

・ 投資クラブの「強み」はなんといっても、メンバーのネットワークです。不動産、金融に精通した運営メンバーを中心に、マレーシア人の投資家、銀行員、弁護士らが パートナーとして投資クラブに参画しています。

・ また、不動産投資で一番重要な 「パイプライン」、つまり、物件のソーシング力=仕入れ力が投資クラブの強みです。マレー系・華僑系デベロッパーからの情報はもちろんのこと、地元の投資家や地主と関係が強い元付業者とのネットワークを生かし、未公開情報の新築および中古物件の仕入れを強化しています。

・ クラブの目的は、「投資を成功させる」ためであり、「物件を売る」ことが目的ではありません。投資家が成功できる物件のみ紹介しています。そして、「クラブでしかできないこと」、それは 投資家同士の連携です。投資家のバルク購入によって、デベロッパーと条件交渉ができます。現地で会員1000名以上を有するマレーシアの大手投資クラブと提携し、共同投資スキームを構築しています。

マレーシア不動産投資クラブでは、定期的に勉強会(セミナー)、視察ツアーを行っています。

【勉強会】 現地不動産企業の代表日本語堪能なマレーシア人エージェントが、 マーケット最新情報から、エリア別マーケット分析物件購入のポイント購入後の賃貸管理会計税務、出口戦略まで毎回テーマを変えて、不動産投資に必要な情報をご提供しています。

【視察ツアー / ガイド】 視察ツアーでは、新築および中古のコンドミニアム、サービス・アパートメントを中心に視察します。ご要望に応じて、個別で現地ガイドも承っています。エリアはシンガポールにほど近いジョホール州を中心に、視察ガイドを行っています。

・ マレーシア不動産投資クラブでは、過去に当クラブで物件を購入された方向けに無料で個別相談を承っています。 最新のマレーシアの不動産事情から、所有されている物件の出口に関するご相談、購入を検討している物件のセカンドオピニオンエリアに関する情報融資・資金繰り購入後の管理ビザなどについて個別相談を受付けています。

● 無料個別相談はこちらからお申込ください。

● メールでのお問い合わせを希望される方はこちらまでお願いいたします。

・ マレーシア不動産が注目されている理由は、住みやすさ、安全性、物価の安さ、立地です。マレーシアは、移住地としても人気があり2006年以降11年連続で「ロングステイ希望滞在国」全世界で1位に選出されています。

・ マレーシアは、東南アジア周辺諸国の中で、外国人が土地も含めて所有権を登記できる限られた国です。また、 マレーシアでは、外国人でも不動産投資用(住宅)ローンを組むことが可能です。

・ マレーシアは、経済成長率が高く、年5~6%成長しています。2017年の年間GDPにおいても5.9%("Bank Negara Malaysia"の発表データ)と高い成長率を維持しています。また、一人当たりGDPが日本、シンガポール、香港に続いて高く、先進国基準となる年間15,000ドルをめざし、2020年までに先進国入りを計画しています。マレーシア経済指標 マレーシアKLCI連動型上場投信

※【ご注意ください】: マレーシア不動産投資クラブ(M-REIC) www.m-reic.com とは無関係の第三者による当クラブと誤認されるような名称を使用した投資勧誘に関する事例が報告されています。マレーシア不動産投資クラブ(M-REIC)は、株式会社RAIDが商標登録し、運営しております。協力企業リストに記載されている企業以外は、当クラブとは一切関係のない業者によるものですので、ご注意ください。

Facebookで現地の最新情報をお伝えしています!