快適な入浴で心身の疲労回復とリフレッシュができる

●概要

確かに温泉は「がんの再発予防」に効果的ということが分かりました。
しかし、温泉に毎日入るとなると、難しい場合が多いでしょう。

たとえ近所に温泉があったとしても、入浴料もかかりますし、
交通費もかかってしまうのです。

ですから、特別な温泉の入浴をせずとも、家庭のお風呂に入ることでも
リフレッシュの効果は得られます。

体を温めることはもちろん、毎日ゆっくり浸かることが疲労の回復を促進してくれて、
日々の疲れを翌日に持ち越さないことができます。


●お風呂への入浴は毎日していますか?

日本人は古くから「風呂」への入浴が当たり前の習慣があります。
海外ではシャワーが多いのに対し、浴槽にお湯をためて入浴します。

しかし、現代では生活様式もどんどん西洋化していき、
お風呂の入浴は、シャワーだけで簡単に済ます若い人達も多く
見られます。

また、若者達だけに限らず、生活習慣が多様化してきており、
案外身近にも「シャワーしかしない」という人が多いかもしれません。

シャワーは体の汚れを落としてくれて、短時間で体を清潔にすることが
できるものです。忙しい現代人にとっては、より時間の効率化を図れる入浴方法といえるでしょう。

しかし、お風呂に入る事は非常にメリットの多い入浴方法となっています。
・体が芯から温まる
・血液の循環が良くなる
・新陳代謝が活発になる
・体の疲れがとれる
・リラックス効果が高まる

体が温まることで、血液の循環が良くなるという効果が見られます。
血液の循環が良くなるメリットとしては、体の中の栄養分や酸素が
血液からスムーズに全身に行きわたることです。
また、そういう作用の中、体に溜まった老廃物が体外へ放出される働きも促進されるのです。

体の老廃物は「乳酸」という疲労物質により数値で表されますが、
入浴後の乳酸の数値は、入浴前と比較すると1/3まで減少するという報告もあり、
入浴が素晴らしい効果を及ぼすことが理解できます。

また、単純にお風呂にゆっくり浸かることで、体の疲労がとれるという
効果がすぐに実感できるでしょう。


●熱めのお風呂に短時間で入るのではなく、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かることが効果的

皆さんはお風呂の温度はどのくらいに設定しているでしょうか。
一昔まえとは違って、現在はお風呂を沸かす際に設定温度が設定できるお風呂が増えてきましたね。

風呂温度には好みというものがあるでしょう。
また、家族数人で住んでいる場合は、温度の好みがバラバラなんてこともあるかもしれません。

入浴によって体の疲れをとる場合は、38~40℃のお湯の温度に設定するのが
最も効果的と言われています。
お風呂に入っていて「熱い」と感じるのは42℃を超えたあたりですから、
40℃前後のお湯に浸かるようにしましょう。

人間の体温により近いぬるめのお風呂が効果的です。

冬場は40℃くらい、夏場は38℃くらいと考えるのが妥当です。
そして、時間をかけユックリと入りましょう。
だいたい15分~30分程度入浴していると、顔が汗ばんでくるのが分かります。

ゆっくり浸かっていることで、自律神経の副交感神経が刺激され、
リラックス状態になることができます。
ゆっくり入るためには、ぬるめがべストなのです。

ただ、心臓への負担もありますので、温度にはくれぐれも注意が必要です。
また血圧の上昇もあるので血圧の高めな方は、少しずつぬるめの温度で入りましょう。

また、心臓や肺への負担を少なくするには「半身浴」もお勧めです。
体の血行をよくするには、下半身を温めるだけでも効果があるので
足湯も効果的という場合もあります。

足湯の場合は、温度は43℃くらいのお湯でバケツ等で10分くらい温めましょう。
入浴ができない場合は、この足湯だけでも効果があります。


●入浴は精神的ストレスを発散するのに効果が大きい

ゆっくりとお風呂に浸かることは体の疲労回復をとってくれる
作用がありますが、精神面を安定させる働きも合わせもっているのです。

入浴タイムを楽しむことで、精神的ストレスの軽減にも繋がります。

では、お風呂を楽しむにはどういった方法があるでしょうか?


・入浴剤の使用をしてみる

店舗にいくと市販されている入浴剤は、多種多様のものが陳列棚に
並んでいるのが分かりますね。
無色透明な入浴剤から、濁り湯の入浴剤、緑やオレンジ色など
さまざまな色が見られます。

また、香りのよいものもたくさん売られています。
森林の香りやヒノキの香り、ばらの香りなど人間のリラックス効果を高める工夫が
されている商品ばかりです。

また、温泉の効果を再現してくれる入浴剤も多くあります。
その効果は、多彩です。

温泉の成分を含んだ入浴剤は含有成分が皮膚の表面のタンパク質と結合して薄い膜を
はり、保温効果が高まります。

また、炭酸ガスを発生させる入浴剤は薬の成分により血行改善に
大きな効果を発揮します。


・音楽をかけてみる

入浴中にラジオを聞いたり、音楽を聞いたりすることは、
お風呂の中をリラックスした空間に変化できます。
より緊張をほぐした入浴にすることができるでしょう。



また「温冷交代浴」という入浴方法も自律神経の刺激には効果的な入浴方法です。
やや熱めの43℃くらいのお湯に5分ほど浸かります。
すぐに熱くなるので、いったん湯船から上がります。
そして、20℃ほどの水をシャワーで体全体に浴びます。
数秒間くらいでOKです。

そして、また入浴するという繰り替えしの方法です。
この方法は自律神経を刺激する入浴法です。
ストレスの軽減にも効果を示します。



Comments