断糖食・荒木式食事療法の口コミレビュー(ガンのPET検査の第一人者)

ガン治療の食事療法として一切糖分をとらず、肉と野菜を中心に食べる荒木式食事療法です!

荒木式食事療法はガンが「糖分」を栄養に成長するすることを突き止めた糖質制限の第一人者で、がん検査のPET検査の生みの親である荒木医師による、糖分を絶ち、ガンを殺すという食事療法です。

今回、『荒木式がん対策プログラム実際に購入しましたので、

たくさんある動画の中で驚いた、数本の動画を画像付きでレビューをしていきます!

全ての動画は多すぎるので、一部の内容になることをご了承下さい。5部+特典動画のうち、第一部の内容が中心になります。

(それでもだいぶ、以下の説明が長くなりました。)


ガンの正体や、なぜ人はガンになるのか、などノーベル賞をとったにもかかわらず、医学会の利権やしがらみで世の中に普及していない内容でとても驚きました。

ガンとの闘病だけでなく、がん予防のためにもご家族と動画を見ることを絶対におすすめします。

http://chomchom.xsrv.jp/gan/araki.html



この食事療法、具体的にはどのようなものなのでしょうか?

 ▽荒木式食事療法を実践する前の状態
大腸がんの経験者Y.N.さん

▽荒木式断糖食を実践した感想

▽荒木式食事療法・断糖食で改善する実例
「兵糧攻めでガン細胞は死滅する」
ガンは糖(ブドウ糖)をエネルギー源として成長します。その糖(ブドウ糖)の供給を止-めてしまえばガン細胞はたちまち死滅してしまいます。

▽荒木式がん対策プログラムレビュー

【荒木式がん対策プログラム目次

はじめに
第1部 ガンの三大治療法の限界
~根本的ながん治療は存在しない~
はじめに ~ハーバード大学で出会った、ある珍しい病気とは?~
ガンの三大治療法の限界~根本的ながん治療は存在しない~

第2部 解明されたガンの原因
~がん細胞は糖を断てば死ぬ~
解明されたガンの原因~ノーベル賞を受賞したワールブルグの理論~
酸素が不足するとガンになる(1)
~体を酸性にし、ガンになりやすい食べ物とは?~
酸素が不足するとガンになる(2)
~なぜ、心臓がんや十二指腸がんはないのか?~
がん細胞は糖を断てば死ぬ~「糖はガンの恋人」~
がん細胞は糖を欲しがる~がん細胞の唯一のエネルギー源とPET検査~

第3部 ガンの三大療法に代わる食事法
~【荒木式】断糖食とは~
がん対策の第一は食事~ガンを防ぐ食事法の基本~
ガンの三大療法代わる食事法~断糖食の目的と想い~

第4部 【荒木式】断糖食・実践編
~あらゆる方法でがん対策を行いガンを殺す~
がん対策に有効な断糖食の基本を教えてください。
がん対策に効果のある脂、ガンのリスクを高める油とは?
断糖食の効果を高める6つの方法~あらゆる方法でがん対策を行いガンを殺す~

第5部 【荒木式】断糖食・Q&A
~常識を断てばガンを克服できる~
野菜や果物の食物繊維はガンの克服に有効ですか?
脂肪を摂り過ぎるとガンになるのは本当ですか?
塩分を摂り過ぎるとガンになるのは本当ですか?
肉や魚ばかりを食べてビタミンは不足しませんか?
肉や魚ばかりを食べてミネラルは不足しませんか?
飲酒・アルコールは少量なら大丈夫でしょうか?

スペシャル特典
なぜ、文明国ほどガンが増えているのか?
がん対策をする上で最も大切なこととは?


荒木式がん対策プログラムの動画の内容の一部をキャプチャしましたので
冒頭部分を見てみて下さい。少し長いですが驚かれる部分もあると思いますので必見です。












































































▽ガンに負けない食事療法について

荒木式断糖食の食事療法の特徴は、糖分を断つことでがん細胞が増えないようにし、がん細胞を殺すという荒木先生の発見から生まれた、新しい食事療法です。

がん細胞が生きていくために必要としている栄養素は、「糖」です。がん細胞が活発に働いてしまう元を作ってしまうブドウ糖を断つことで、ガン細胞が死滅させる荒木式食事療法では医院で行われている治療法の説明やなぜ人はガンになるのか?といった内容が盛り込まれています。

ガン細胞は、ブドウ糖がなくなると、生きていくためのエネルギー源がなくなってしまうので死滅してしまいます。

荒木式食事療法は、別名「糖食」と呼ばれています。糖食をおこなえば、がんは死んでしまうのです。なぜそうなるのかという人体の仕組みを細かく説明しています。

この荒木先生の大きな発見から、今までカロリー制限ばかりだった食事療法が、糖質制限や糖質オフ、などにメディアや世論も大きく舵を切っています。ただ、糖分が悪いと宣伝してしまうと困る業界も多いためなのか、糖分が原因とはまだまだ知られていないのが現状です。

それだけではなく、野菜の食物繊維が大腸がんの原因だといったような説明もあります。ガンは元々は年寄りの病気だったはずなのに、若い人もガンになる場合のひとつが野菜の食物繊維です。健康のためにしっかりとドレッシングをかけたサラダを食べることで、大腸の悪玉菌が食物繊維を毒ガスに変え、大腸のカビは根を張り出すため大腸がボロボロになり、ガンになる。そして毒ガスは血液に溶けて全身をめぐる上に悪臭を放つといった驚きの説明もあります。

▽エスキモーの人々はなぜ癌にならないのか?

それはエスキモーの人々は糖を含む果物や糖分の高い野菜を食べていないからです。この「糖断食」は他国の食文化からも有効であることが分かるとされています。それはエスキモーの食文化です。エスキモーの人々はクジラ、アザラシ、トナカイ、などの生肉を主に食べています。エスキモーは他のものはほとんど摂取していません。果物や野菜、穀類はほぼ食べていません。しかし、ガンや生活習慣病になる人はいません。

また、「炭水化物」をほとんど摂取していない=ブドウ糖や糖を摂取していないという食生活がエスキモーの特徴です。

この点からも、がんにならない食事療法に「糖」を排除するということが有効だと分かります。人間は糖がエネルギーになると言われていますが、エスキモーのように糖がなければ人間は脂肪をエネルギーに変えるのです。

これは、エスキモーだけではなくアフリカのマサイ族にも言えることだとされています。マサイ族も、肉を主な食べ物としていてがん細胞を育ててしまう「糖」を摂取していません。そのためガンになっている人がいません。




































▽ご飯やパンなどの炭水化物は糖になる

大昔にさかのぼってみれば、初めは狩猟生活で、炭水化物もほとんど食べていませんでした。

穀物を育てて食べるようになってから、ガンや生活習慣病と呼ばれる病気が一気に増えてきたのは事実です。そこには野菜を食べることでの弊害も生まれました。「荒木式糖食」を行うことで、ガンを予防、ガンを治療することができるのです。

ガンのための食事療法として、有名なものに「玄米菜食」という玄米を中心にして野菜などを食べるものがありますが、この療法では炭水化物を摂取することになってしまい、ガンを育てる「糖」が体内に取り込まれるのでこの方法ではガンを殺すことはできないと説明されています。

また、この玄米を中心とする食事では、不足してしまう栄養素があります。

それが「必須アミノ酸」「必須脂肪酸」です。これは食物からの摂取が必要であるとされている栄養素です。

免疫力や新陳代謝に大きく関与してくる栄養素のため、不足してしまうと体をきちんと動かすことができません。

新しい細胞を作ることもできなくなります。免疫力が低下してしまうため、ガンが良くなるのではなく、ガンにかかりやすくなってしまいます。

ですが、「糖食」であれば、栄養素が偏る心配はありません。肉は総合バランス食品でミネラル以外の必要のある「必須脂肪酸」「必須アミノ酸」「ビタミン類」、などもきちんと肉類や魚から摂取ができます。

400万年以上も昔の人々が実際に行っていた食生活を行うのが、「荒木式断糖食」なのです。

▽ガンを成長させる「糖分」を断つことで死滅させる

食生活はめまぐるしく変化して、沢山の食べ物を食べることができるようになりました。好きなものがなんでも食べられるような時代です。ですが、それとともに糖尿病やがん、各種の生活習慣病にかかり苦しんでいる人が増えているのも事実です。

「荒木式断糖食」では、大腸ガンの原因である野菜と、爆発的に増殖する原因となる糖を断ち、そして油を変えるなどの食生活に戻すことで、体をリセットしてがん細胞を殺します。また荒木先生の医院ではどのようなことを他に行っているかなどの紹介もあります。ガン細胞が死滅したり、小さくなること、そしてガンの闘病に苦しむことなく生きることを目的にこの食事療法は行われています。口コミでも人気の内容になっています。

ぜひ実際にご自身の目で内容を確認することを強くおすすめします。



Comments