癌ステージ4における余命について

癌の進行度はステージという言葉で表されます。ステージには1~4があり、数字が上がるにつれて、進行していきます。癌におけるステージというのは、体の内部にどれくらい癌が広がっているのかを示す目安となるものです。


余命というのは、医師が経験に基づいて予測した生存期間のことをいいます。


一概にステージ4だからと言っても、余命があとどれくらいなのかをはっきりと決まるわけではありません。参考程度となります。

しかし、末期症状であれば、当てはまる確率が高くなります。


余命と同じような意味で、癌の治療を評価するのに「5年生存率」が使われます。


5年生存率とは、癌の治療の5年後にどれくらい存命しているかの割合を示しています。


例えば、5年生存率が10%ならば、10人の人が癌の治療をして、その後5年が経過した時に生きているのが、1人ということになります。ステージが進むごとに5年生存率が低くなっていきます。


以下に、癌の種類ごとにステージ4の状態とステージ4における5年生存率(余命)を掲載します。ステージ4と判断するのに、癌ごとに基準が多少、異なっています。


複数の要因で決められる癌もあります。一覧表には代表的な判断基準を載せました。ステージ4の中にもa,bと別れるものがあります。固形癌を中心に掲載し、脳腫瘍、白血病などの血液癌は除きました。


また、前立腺癌はステージ1~4ではなく、TNM分類に従って分類されているので、割愛いたしました。


ステージ4の状態は国立がんセンターの情報をもとに記載しました。ステージは癌の大きさや、臓器の組織の内部に入りこんでいる深さや、周囲組織への広がりの程度、およびリンパ節への転移や肝臓・肺などの遠隔臓器への転移の有無なし、いろいろと基準があり、医師により総合的に判断されます。


くわしくは、国立がんセンターのホームページに掲載されている種類ごとのがん冊子をご参照ください。


5年生存率は国立がんセンターをはじめとした癌の治療をおこなっている全がん協加盟施設が2001年から2003年の3年間集計して、発表した数値を用いています。


手術をした場合の5年生存率も掲載いたしました。手術をすると5年生存率が上がる傾向です。


ステージ4の共通した特徴は、遠隔転移(他の臓器への転移)があることです。同じステージ4でも、癌の種類が違うと、5年生存率も異なることが分かります。

     


-------癌の種類ごとのステージ4の状態と5年生存率一覧---------



【食道癌】

ステージ4には4a、4bという区分があり、遠隔転移があるbの方が、より癌が進行している。


癌が食道周囲の臓器に及んでいること。


リンパ節の遠隔転移あること。               


別の臓器や胸膜・腹膜に癌が認められこと。


5年生存率は11.6%で、手術をした場合は22.6%


【胃癌】

胃癌のステージ4と診断されるのは、複数条件あり。


例として

リンパ節の遠隔転移があること。 

癌の胃の組織の中へ入り込んでいる深さに関係なく、肺、腹膜などに他の臓器に転移していれば、ステージ4とある。


5年生存率は7.5%で、手術をした場合は14.3%


【大腸癌】

腹膜、肝臓、肺などへの転移がある


5年生存率は15.0%で、手術をした場合は17.9%


【肝細胞癌】

4a期:瘍が1つに限られる。腫瘍の大きさが2㎝以下。脈管(門脈、静脈、胆管)に広がっていない。これらにすべてに合致せず。加えて、リンパ節・遠隔臓器に転移がない。リンパ節転移はあるが、遠隔転移はない


   4b期:遠隔転移がある


5年生存率は7.1%で、手術をした場合は19.9%


【胆のう癌】

胆のう以外の周囲臓器への浸潤があり、主要な血管への浸潤を認めたり、肝臓・胆管側への浸潤がさらに高度になった状態。


リンパ節転移や胆のう以外の臓器への転移の状況によって4a期か4b期となる。遠隔転移があれば、4b期となる。


5年生存率は2.9%で、手術をした場合は4.8%


【膵臓癌】

4a期:癌が膵臓の周囲の主要な血管や臓器を巻き込んでいる。


4b期:第3群リンパ節や離れた臓器に転移を認める。

 5年生存率は1.4%で、手術をした場合は3.7%


【喉頭癌】

遠くの臓器に転移(遠隔転移)がある。他にも条件あり。


5年生存率は45.2%で、手術をした場合は47.9% 


【肺癌】

癌の大きさや深さに関係なく、悪性胸水(胸水の中に癌細胞がある)や遠隔転移があるとステージ4。


5年生存率は4.9%で、手術をした場合は11.6%


【乳癌:女性】

大きさや皮膚の変化の有無にかかわらず、遠隔転移が

あるとステージ4。


5年生存率は35.0%で、手術をした場合は43.5%


【子宮頸癌】

癌が小骨盤腔を越えて広がるか、膀胱・直腸の粘膜に

広がっている。


5年生存率は20.5%で、手術をした場合は18.2%


【子宮体癌】

癌が骨盤を越えて広がるか、膀胱あるいは腸の粘膜まで広

がっている。 


5年生存率は22.7%で、手術をした場合は30.3%


【卵巣癌】

癌が遠隔部位に転移しているか、あるいは肝臓実質に転移

している


5年生存率は26.8%で、手術をした場合は31.4%


【腎臓癌】

遠隔転移があるか、所属しているリンパ節に2つ以上転移がある。同じ側の副腎にまで広がっている。

5年生存率は15.9%で、手術をした場合は29.7%


【膀胱癌】

深達度(癌がどれくらいもぐりこんでいるか)に関係なくリンパ節転移があるか、他の臓器に遠隔転移があるとステージ4。


5年生存率は25.2%で、手術をした場合は34.4%


【甲状腺癌】

   4A期:頸動脈の外側の(頸部)リンパ節あるいは縦隔の

   上寄り部分のリンパ節まで転移している。

   癌が甲状腺の外側の臓器(皮膚組織、咽頭、気管、食道、

   反回神経)まで広がっている。


4B期:癌が甲状腺の外側に広く(椎骨前筋膜、縦隔の血管

   や頸動脈)広がっている。

   遠くの臓器への転移はないがリンパ節まで転移している

   こともある。


4C期:癌が甲状腺から肺や骨など、遠くの臓器にまで

転移している。


5年生存率は71.1%で、手術をした場合は80.4%




Comments